1. TOP
  2. 子どものタイプ別
  3. ぐずりやすい
  4. ぐずりがち、5歳児
  5. 驚愕!!映画「あまくない砂糖の話」で語られていること

驚愕!!映画「あまくない砂糖の話」で語られていること

こんにちは、ギール里映です。

 

子どもが生まれ変わる食事 vol.372

 

個別相談会1周年記念
\食べるだけで子どものココロが強くなる!/
食べる筋トレ個別相談会
90分であなたのお子さんに、
折れないココロを創り出す!

今すぐ申し込む↓↓↓
http://taberu-kintore.com/?page_id=1280&1007mm

昨日、注文していたDVD
「あまくない砂糖の話」が届き、
さっそく観てみました。

 

 

一度今年の4月に
映画館でみているのですが、
また見返すと再発見がありますね。

 

 

内容を知らない方のために、
簡単にストーリー
ご紹介します。

 

 

オーストラリア人の映画監督
デイモン・ガモー氏は、

 

 

「本当に砂糖って、カラダに悪いの?」

 

 

という疑問を解決するため、
自分のカラダで実験をして、
そのドキュメントを映画化しました。

 

 

平均的なオーストラリア人の
1日の砂糖摂取量は
約小さじ40杯分、
つまり160グラムにもなります。

 

 

(ちなみに日本の平均は
69グラム、という説もありますが、
ヤクルト1本に8グラム
スタバのフラペチーノに35グラム
入っていることを考えると、
この数字は怪しそうです。)

 

 

デイモンさんはもともとは
砂糖を一切とらず、
平均的なオージーたちよりは
数段健康的な食生活をしている男性です。

 

 

彼は2ヶ月の間、
1日160グラムの砂糖を摂取し、
自分のカラダの変化、
ココロの変化をリサーチしていきました。

 

 

詳しい内容は、
ぜひ映画をみてくださいね!!

 

 

そこでガモー氏にはいろんな
気づきがあったのですが、

 

 

その中でも一番興味深いのは、
「脳」への影響です。

 

 

通常砂糖といえば、
「虫歯になる」
「太る」

ということが問題になりがちですが、

 

 

ガモー氏の指摘は
その脳への悪影響にあります。

 

 

その悪影響とは:

精製されたブドウ糖、果糖を
摂取すると、

 

脳には急激な快感のサインが
もたらされます。

 

 

そして一瞬、ものすごい幸福感と、
集中力が生まれるのですが、

 

 

これは長続きせず、
だいたい40分ぐらい経つと、
今度はジェットコースターで
下降するように、
気分ががくーんと沈みます。

 

 

沈むとまたつらいので、
それを上げるためにまた
甘いものが欲しくなる、

 

 

という悪いスパイラルを生んでしまいます。

 

 

このスパイラルがさらに悪化すると、
今度は砂糖がなくては
体がだるくて、やる気もでず、
気分がどうしても上がらない
という状態が
「普通」の状態になってしまいます。

 

そうなるともう
完全なる砂糖中毒です。

 

 

しかし、これのもっとオソロシイところは、
砂糖中毒でも
なんとか生きていけるんですね。

 

なんだかだるい
なんだか元気がない
なんだかやる気がない
疲れやすい
つまらない
失敗したくない
なんだか怖い

 

 

こういったネガティブな
状態や感情を、
常にカラダやアタマの
どこかに隠し持っていながら、

 

「そんな、もんだよね」
と、

 

これが当たり前になってしまうことが
何よりもオソロシイのです。

 

 

みなさんのなかで、
なんだか最近、
子どもに元気がなくなってきた

とか、

 

 

なんだか最近
異常に騒ぐ時がある

とか

 

 

なんだか最近
子どもが自分に対して
ネガティブな見方をしている

 

というようなサインがあれば、
それは黄色信号です。

 

このようなサインをほおっておくと、
一人でに勝手に修復されて、
改善に向かうことは

 

まず、ありません!!!

 

また、人間のカラダは優秀なので、
ちょっとぐらいの不調や
ちょっとぐらいの頭痛であれば、

 

 

なんとか頑張れちゃうし、
もっと無理して頑張ろうという
気持ちももててしまうのです。

 

 

映画のなかでガモー監督は、
撮影が30日を過ぎた頃には、
もうだるくてだるくて、
力もでなくて、
ポジティブな気持ちにもなれなくて、

 

 

百歩ゆずってカラダの不調は
なんとか我慢できても、

 

 

ココロの不安定さについては
堪え難い、
と語っていました。

 

また、映画を観た私の生徒さんから、
こんな感想をいただきました。

 

 

「砂糖って、あまりにも身近にあるので、
それがこんなに影響があるとは
思ってもみませんでした。

 

 

もしかしたら自分の今の
疲れやすさだったり、
気分が沈みがちになってしまうのは
砂糖のせいなのかもしれない!
と思ったら、少しすっきりしました。」

 

 

と、驚きでした。

 

 

もしかしたら、
あなたのお子さんに元気がなく、
いつも沈みがちで
ネガティブな発言をするのは、

 

あなたが毎日食べさせている
食事のせいかもしれません。

 

 

せっかく生まれた我が子には、
人生を最高に楽しみ、
思う存分生き抜いてほしい。

 

 

自分のアタマでしっかりと考え、
信頼しあえる友を作り、
切磋琢磨しながら
大きな夢に向かって
突進していってほしい。

 

 

そして人を愛し、人に愛され、
世の中の役にたつ人に
成長してほしい。

 

 

もしあなたがそんな風に
思っているのなら、
あなたのお子さんにとって
正しい食事を整えることが
何よりも急務だし、しかも簡単です。

 

 

あなたも今日、
子どもの食事を変えると
決心してみませんか?

 

 

いつかなんとかなるだろう
きっと大丈夫だろう

 

 

と思っているのであれば、
そのいつか、も、きっと、も、
絶対に訪れません。

 

 

なぜなら望む未来は、
自分から掴み取っていくもの。

 

 

子どもの未来は
お母さんの創る食事に
かかっている!!
と信じ、そのための行動を起こしたい、
と願う全ての方に、

 

 

食べる筋トレ個別相談で
私に会いに来て欲しいと思います。

 

なぜなら、メルマガでお伝えするには
限界があるからです。

 

 

私がこれまでに知った情報、
研究した書籍や知識、
実践した結果と検
証、

 

 

それらに基づいて、
今のこの状況で、
あなたとあなたのお子さんに
必要な食べ方のセオリーを
お伝えしています。

 

 

ピン!と来たら
お早めにお申し込みくださいね。

個別相談会1周年記念
\食べるだけで子どものココロが強くなる!/
食べる筋トレ個別相談会
90分であなたのお子さんに、
折れないココロを創り出す!

今すぐ申し込む↓↓↓
http://taberu-kintore.com/?page_id=1280&1007mm

 

 

本日も、お読みいただき
ありがとうございます。

 

 

食べる筋トレレシピの専門家
ギール里映

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • GWの朝ごはん〜朝ごはんは本当に頭の良い子に育つのか?

  • パフォーマンスアップのキーは食べないこと〜こどもは、どうする?

  • 風邪、ひいてませんか?お腹の芯から温まるレシピ

  • こどもの自己肯定感をアップする10のマジックワード全貌

  • 子どものやる気を作るのは◯◯!

  • 「お弁当におすすめ」のなぞ〜三菱の炊飯器、なぜそんなにお弁当を押しているのか?