1. TOP
  2. 子どものタイプ別
  3. 泣き虫、めそめそしがち
  4. 自殺した24歳電通会社員について思うこと〜ココロはどうやったら強くなる?

自殺した24歳電通会社員について思うこと〜ココロはどうやったら強くなる?

こんにちは、ギール里映です。

 

子どもが生まれ変わる食事 vol.375

 

 

先日からニュースで
24歳東京大学
電通にお勤めの会社員の女性が、
仕事が辛くて投身自殺したと
大きな話題になっていますね。

 

 

ニュースによると、

 

 

最長月130時間の残業などで自殺し、
三田労働基準監督署が
過労死として認定していた、
と遺族側弁護士が会見で明らかにした。

 

<中略>

 

弁護士側が入退館記録を
基に集計した残業は、

 

10月が130時間、
11月が99時間となっていた。

 

休日や深夜の勤務も連続し、
12月25日に、
住んでいた寮から投身自殺した。」

 

(産経ニュースより)

 

 

要するに、
長時間労働や休日出勤もおかまいなし、
ハードコアな会社に入ってしまい、

 

 

そこでの激務によって
体力的、精神的に参ってしまい、
自殺してしまった、
ということなのですが、

 

 

この事件について、
いろんな意見が飛び交っています。

 

 

「そんなに辛いなら、
やめればいいじゃん!
会社なんて、電通以外いっぱいあるし」

 

 

とか

 

 

「そう言うのは簡単だけど、
新卒で入ったら、
その会社の体質がおかしいのかどうか
判断もできないし、

 

また会社が辞めさせない空気を
漂わせているので、
簡単には辞められないと
思ってしまう」

 

 

などなど。

 

 

昨今のブラック企業の現状
スポットライトが
当たっている状態です。

 

 

私がこのニュースで感じたことは、
正直にいいますと、

 

 

週130時間の残業って、
私それ以上やってたよなー
それでも食らいついていってたよなー
という振り返り。

 

 

実際、同じぐらいの時間の激務、
もしくはそれ以上のことを
させられても、
自殺せずに頑張る人は
たくさんいます。

 

 

彼女がさせられていた仕事が、
世界で一番辛い仕事だったかといえば、
決してそうではなかったと思います。

 

 

東大卒で電通なんて、
どちらかといえば、
ほとんどの人が羨むような
華やかな経歴
です。

 

とはいえ

 

世間はなんといおうとも、
母親の気持ちを考えたら、

 

 

これまで一生懸命育てて、
東大まで行かせて、
しかも電通なんていう
一流の企業に就職できたのに、

 

 

そこであっけなく
命が絶えてしまったことは、
母親としてはやりきれない
気持ち
だと思います。

 

 

ブラック企業な会社が悪い!
言うのは簡単です。

 

 

翻って、
せっかくそんな花形企業に入ったのに、
仕事がきついぐらいで
自殺なんてもったいない!
ということも、簡単です。

 

 

だけれども、
亡くなった女性は生き返らないし、

 

 

またブラック企業の体質も
そうそう変わらないのです。

 

 

むしろ企業の体質は、
もっと激務、
もっと長時間労働を
強いるものになる可能性が高い。

 

 

(なぜなら、企業も
生き残らなければならないからですよね)

 

 

そこで私は、思うのです。

 

 

いつか企業が、
ブラック企業じゃなくなったら
いいな、
とか

 

 

いつか社会が、
全ての人がゆとりをもって
働ける社会になったらいいな

 

 

なんていう、
いつ実現するか、わからないものに、
他力本願していて
いいのでしょうか?

 

 

はっきりいいますが、
世間は厳しいものです。

 

 

もしあなたが
社会の競争や戦争に巻き込まれたくなくて、
ゆるーく生きて行くことも可能ですが、

 

 

残念ながら生きて行くからには、
必ず、
必ず
必ず、

 

 

嫌なことやつらいこと、
嫌な奴やきらいな人に
出会います。

 

 

むしろ”いい人”でいることのほうが、
これらの嫌なこと、嫌な人の
犠牲になりやすい

 

 

自分がこれから出会う相手が
良くなることを待つよりは、

 

 

まずは自分が強くなるには
どうしたらいいか、

 

 

考えて工夫するほうが、
簡単だし、
効果が高いと思いませんか?

 

 

打たれ弱いココロは、
打たれ弱いカラダから生まれます。

 

 

もし彼女の体力が、
130時間労働でも絶えられるぐらいに
頑丈なものだったら、
自殺はなかったかもしれない。

 

 

もちろん私は、
激務を強いるブラック企業を
擁護するつもりはありません
し、

 

 

「弱いアナタが悪い」
と一蹴するつもりもありません。

 

 

ただ一つ、考えて見て欲しいのは、
生きて行く上で、
辛いことがあるのは当然のこと。

 

 

だったらそれらが変わるのを待つより、
受け皿である自分のココロとカラダを
強くすることを考えませんか?

ということ。

 

 

今、4人に1人がうつになる時代。
そしてその数は増加傾向にあって、

 

 

2025年には、
うつの子どもが2人にひとりになる、
という統計結果もあります。

 

 

このまま何もしなかったら、
自分の子どもがうつになる可能性は
50%ということ?

 

 

そんな賭けに出るよりは、
やれることをやりましょう。

 

 

食事によって、
免疫力の高いカラダは作れるし、
そこから
免疫力の高いココロも生まれます。

 

 

子どもに最高の未来を手渡す!

 

 

それが親である私たちの責任であり、
また子育ての醍醐味ですよね。

 

 

亡くなられた会社員さんの
ご冥福を心からお祈りし、

 

 

いつか、ブラック企業がなくなることを
期待しながら、

 

 

親である私は自分の息子に対して、
やれることを一生懸命やります。

 

 

あなたはあなたのお子さんの
ココロを強くするために、
何をしますか?

 

残席1 本日募集締め切ります!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
個別相談会1周年記念

\食べるだけで
子どものココロが強くなる!/

食べる筋トレ個別相談会
90分であなたのお子さんに、
折れないココロを創り出す!

今すぐ申し込む↓↓↓
http://taberu-kintore.com/?page_id=1280&1011
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

本日も、お読みいただき
ありがとうございます。

 

 

食べる筋トレレシピの専門家
ギール里映

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 子供の集中力ややる気を作る最強兵器

  • ハッピーハロウィン!子どもの成長を垣間見る瞬間

  • 「お弁当におすすめ」のなぞ〜三菱の炊飯器、なぜそんなにお弁当を押しているのか?

  • ”15回”のルールって? 偏食で食べない子はどうするの?の続き

  • 座敷わらしが家にいる?!〜あなたの家のパントリーは誰が管理している?

  • 【質問】食の知識は必要ですか?〜食べる筋トレ・インストラクター