その一口から始まる変化のスパイラルが止まりません!


こんにちは、ギール里映です。

 

 

子どもが生まれ変わる食事vol.419

 

 

本日は
食べる筋トレマスタークラスの開講日。
月に2回開催しているレッスンでは、
生徒さんの変化・成長を見るのが
何よりも楽しみです。

 

今日は食べる筋トレを始めて
そろそろ6ヶ月になる
A.U.さんのストーリーを
ご紹介します。

 

 

Uさんには、
小学校3年生の男の子と、
幼稚園年中の女の子のお子さんが
いらっしゃいます。

 

 

相談にいらしたのは
主にすこし”難しい”ご長男。

 

 

感情の起伏が激しく、
ご家族がそれに翻弄される毎日を
過ごしていらっしゃいました。

 

 

食べる筋トレを始める前のUさんは、
朝ごはんは100%パン
という生活をしていましたが、

 

私との個別相談を経て、
いきなり家族の朝ごはん
玄米に変えてみました。

 

 

突然の変化にご家族は
驚いたものの、

 

 

家族は案外あっさり
新しい食習慣を受け入れてくれました。

 

 

家族の食事を変える時に、
実は一番のネックになり得るのが
旦那様の食事

 

 

「俺、白米のほうがいいんだよね」と、
さらっと言ってのけたりします。

 

 

Uさんの旦那様も、
いわゆる「白米派」だったのですが、
Uさんの努力のおかげで
毎日玄米か、雑穀米を食べ続け、

 

今ではすっかり慣れて、
白米にしようか?
と訊いても、
「玄米か雑穀米でいいよ」
と言ってくださるようになりました。

 

Uさん曰く、

 

「どうやら、3ヶ月目ぐらいから、
自分の体調が良くなっているのを
感じているようなのです。

だから、白米は好きだけど、
玄米か雑穀米を食べたがるのでは、
と思います」

とのこと。

 

 

玄米のすごいところは、
食べ続ければ食べ続けるほど、
感じる効果が大きくなる、

というところです。

 

 

6ヶ月の間、
ほぼ毎日食べ続けた玄米のおかげで、
確実にUさんご一家は、

 

 

ココロも、カラダも
変わっていきました。

 

 

その証拠に、
以前は癇癪持ちで心配だった息子さんも、
最近では心配すること
ほとんどなくなり

 

 

おだやかな日々を過ごすことが
できるようになった

報告してくれました。

 

 

ご家族の数々の変化に
驚き、喜びながらも、
実はもっと驚いているのは
自分の変化だといいます。

 

 

「これまで、食に執着がありすぎて、
ついつい食べ過ぎてしまっていたのが、

『もうこれで十分』
と、食事に満足を感じて
食べられるようになりました。」

 

食欲に振り回されるのではなく
自分で自分の食事を
うまくコントロールすることが
できるようになると、

ココロにゆとりが生まれます。

 

 

ご自身のため、
ご家族のために
食事を選び、食べることが
できるようになったUさん、
さらなる変化が楽しみです^^。

 

 

もしみなさんが、
子育てやご家族のことで、
自分の力ではどうしようもないと、
悩んでいるのであれば、

 

 

「食事を変えること」
解決できるかもしれません。

 

 

なぜなら、他人を変えることは
できないけれど、

 

 

家族であれば、
食べさせているものを
変えることができる
からです。

 

 

もしあなたが何かに迷っていて、
どこから一歩
踏み出していいのか迷っていたら、

 

 

まずはあなたが食べている
その一口から変えていくことを
オススメします。

 

 

なぜならそれが、
実は一番簡単な方法だからです。

 

 

食べる筋トレ個別相談会、
キャンセルが発生したため
追加募集をしています。

 

 

すがすがしく
クリスマスや年末
過ごすためにも、

 

 

また気持ちよく
新年を迎えるためにも、

 

 

今年の悩みは
今年のうちに、
解決してしまってください。

 

 

 

今日もお読みいただき
ありがとうございます。

 

kobetu.001.jpeg
申し込みはこちら!!
%%%_LINK_5757_%%%

 

 

食べる筋トレレシピの専門家
ギール里映