1. TOP
  2. こどもが成長するために必要な、たった1つのこと

こどもが成長するために必要な、たった1つのこと

こんにちは、ギール里映です。

 

 

 

子どもが生まれ変わる食事vol.514

 

 

 

 

起業家の合宿は
最終日を迎えました〜

 

 

2月18日から始まった
ハワイでの合宿は、

 

 

これまで自分が挑戦してこなかったことや、
難しいと感じることに
果敢にチャレンジすることで、

 

 

自分の当たり前を変える
ということがテーマでした。

 

 

そもそも、当たり前とは何か?!
それはつまり、
自分のスタンダード。

 

 

「これはできるよね」
「これは無理だよね」
と、自分が勝手に
決めてしまっているもののことです。

 

例えば、食べる筋トレでいうならば、
私は生徒さんに、

 

「玄米食べてみましょうか」
とか
「牛乳やめてみましょうか」
など、

 

その方とお子さんの状態や
望む未来によって
具体的な食事の提案
することがあります。

 

 

そのとき、すぐに素直に
「はい!やってみます」
という人と、

 

 

「玄米にしたいんですが、
まだ家に白米が10キロあって
それを使ってからでないと」
というふうに、
なかなか動き出さない人がいます。

 

 

どちらがすぐに成果がでるか
ちょっと考えてみたら
明らかですよね。

 

 

またこれは、
こどもにも言えることです。

 

 

こどもが何かを学ぼうとし始めている時に
先生が
「この問題を、やってみようか」
といって、

 

 

「はい、やってみます!」
すぐに取り掛かるこどもと、

 

「この問題は、
あんまり好きな問題じゃないんだよねー」
といって、
なかなかやろうとしない子ども。

 

 

どちらのこどもが
より多く成長できるかどうか、
少し考えてみたら、
わかりますよね。

 

 

もちろん、前者です。

 

 

つまり、変化と成長は、
「すぐにやる!」決めて
考動する人にだけ
訪れます。

 

 

そういうと多くの人は、
「ゆっくりやっても、
なんとかなるんじゃない?」
と考えるかもしれません。

 

 

しかし私は、
時間が何よりも大事だと
考えているので、

 

 

ゆっくりやって時間を無駄にする人よりは、
すぐに考動する人と
一緒に成長したいと思います。

 

 

あなたは、すぐにやる人ですか?

 

 

それとも、すぐにできない理由を探し、
なかなか始められない人ですか?

 

 

 

もし自分が後者だと思う、
と思った人!

 

 

安心してください。

 

 

今日、今この瞬間から
考動を変え、
すぐに動けば変わります。

 

 

そして自分の当たり前を
変え続けることができる人のことを、

 

 

成長する人
というのです。

 

 

お子さんの成長を願うのであれば、
親である私たちも
いつも成長していたいですね。

 

 

今回の合宿は
そのことをひしひしと感じた
合宿でした。

 

 

私はいつも考動し、
成長し続ける自分であることを
皆様にお約束いたします。

 

 

 

 

今日もお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

 

食べる筋トレレシピの専門家
ギール里映

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べる筋トレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べる筋トレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 夢に向かって全力で進む子どもに育つために、一番重要なこと

  • 食育が本当にできること〜自覚のないグローバル社会ニッポン

  • ギフテッド=天才になるには遺伝よりも環境

  • 座敷わらしが家にいる?!〜あなたの家のパントリーは誰が管理している?

  • ラジオに出演しました〜食べる筋トレは望む未来を手に入れるための最強のツール

  • 「お弁当におすすめ」のなぞ〜三菱の炊飯器、なぜそんなにお弁当を押しているのか?