1. TOP
  2. 息子の子育て
  3. ただの食育資格ではない食べる筋トレ・インストラクターとは?

ただの食育資格ではない食べる筋トレ・インストラクターとは?

 

こんにちは、ギール里映です。

 

 

どもが生まれ変わる食事 vol.522

 

 

 

オーガニックショップギールズで
毎年開催している
味噌作りワークショップ

 

今年で3年目なのですが、
思い起こせば3年前、
私も味噌初心者でした。

 

「味噌なんて、家で作れるものなの???」

 

と思っていたくらい。

 

 

しかし実際に一度やってみると、
案外、え、それだけ?!
というぐらいに
簡単なんですよ。

 

 

やってみれば実は簡単なのだけど、
やってみるまでが難しい、
というのが、
世間のあるある。

 

食事をがらりと変えることもそう。
朝早起きすることもそう。
新しい仕事につくときもそう。

 

しかし
「やってみよう!」
と勇気をもって始めたら、
「あ、できる!」
に変わるから、

 

それの積み重ねが
自信につながっていくんですね。

 

 

これ、こどもも全く同じことなのです。

 

 

就学前のこどもは
日々新しいことの連続です。

 

その最初のきっかけを作るのは
一緒にいる時間の長い
おかあさんであることが
ほとんどです。

 

 

こどもが小さいうちにこそ、
ママはこの重要任務を
楽しみながら行ってほしいと思います。

 

 

さてさて、
少し今日は、
味噌について掘り下げてみたいと思います。

 

 

味噌作りワークショップでも、
食べる筋トレマスタークラスでも、
まるで私は伝道師のように
味噌がいい、味噌がいい
伝えまくっているわけですが、

 

 

私自身こどものころ、
高校、大学、そして
社会人になって今の食事に変えた
30代前半まで、

 

味噌汁は、大嫌い

 

でした。

 

 

汁物を飲むとお腹が
ちゃぽちゃぽするので、
他の食べたいものが食べられなくなる!
という、
ただの食いしん坊な理由です。

 

 

また高校生のときは
ぽっちゃり体型の自分がいやで
ダイエットをしたりしていたので、
夜は炭水化物は食べない、
そしてランチは菓子パン、
という、

 

 

今の私が見たら
飛び蹴りを食らわすぐらい
ひどい食生活でした。

 

(料理屋の娘なのにー!!)

 

 

それがいまから大体
30年ほどまえの話。

 

 

わたしもそうでしたが、
それからますます日本人の

味噌離れは進んでおり、

 

今では一人当たりの
年間平均消費量は
1.85キロ。

 

つまり味噌汁に換算すると、
大体2日に1度しか
味噌汁を飲んでいない計算です。

 

 

味噌の消費量は減っているものの、
即席味噌汁の需要は
反対にうなぎのぼりで、

 

 

2008年から2014年には
なんと売り上げが5割り増しになっているとのこと!!!

 

 

人はどんどん自炊から離れて、
簡単で便利なものへと
流れていくようです。

 

 

私も、簡単で便利なもの
反対ではありません。

 

 

だって、働くお母さんは
忙しいんです

 

現代の日本に生きていて、
いろんなことをやりたいと思うと、
どうしてもいろんな手間暇を
カットして、

 

楽に、便利に、簡単に、
なんでも済ませてしまいたいと
思うのが人の常。

 

 

しかし、簡単にしてはいけない
ものの一つが、

 

 

味噌汁なんです。

 

 

なぜなら、
味噌汁のチカラって無限大なのです。

 

 

そのチカラを無にするのは
本当に本当にもったいない!!!

 

 

私も30歳を過ぎてから
飲み始めた味噌汁ですが、

 

 

それ以来、
風邪を一切ひいておらず
もちろんインフルエンザ
かかったことない

 

 

長年患っていた貧血も治り
冷え性も治って
冬場でもスカートが履けるようになりました。

 

 

それまで手足の指先が
冬場はいつもがさがさしていて
ハンドクリーム
手放せなかったのが、

 

 

今では真冬でも、
クリームを塗ろうと思うことがありません

 

 

今から思えば、
30代前半の私が、
一番トラブルが多かったですね〜

 

 

それらすべてのことは、
すでに過去のことになりました。

 

 

何も、難しいことはしていません。

 

 

ただただ玄米ご飯と
お味噌汁中心の生活に
しただけなのです。

 

 

たった、それだけなのですが、
やはり最初の一歩を踏み出すのが
難しいんですよね。

 

 

私みたいに、
自分が不妊症で、
その先真っ暗のがけっぷちに
立たされたら、

 

 

藁をもすがる気持ちで
なんでもやりますけど、

 

 

自分のこどもにはそうなる前に、
いい習慣として
こどものうちから
刷り込んでおきたい。

 

 

だってあとから、
習慣を変えるのは大変です。

 

 

あなたも、私も知っているように。

 

 

ならばこどものうちから、
自分のココロとカラダを
最高の状態にしてくれる食事の
習慣を作ってあげるほうが、

 

 

断然、ラクですよね。

 

しかしそのためには
お母さんであるあなたが、
一歩踏み出さないといけません^^;

 

 

その最初の一歩をサポートするのが、
食べる筋トレ・インストラクターの仕事です。

 

 

 

日本中にいらっしゃる、
食が何よりも大事と考え、
悩んでいるお母さんたちが

 

勇気をもって一歩を踏み出し、
新しい食べ方、新しい人生
家族にもたらすことができる、

 

 

そうすることで、
自分に自信と輝きを取り戻し
母として、
そして一人の女性として
輝くことができる。

 

 

こどもたちが自分のやりたいことを
思う存分やりきることができる
ココロとカラダを創り出す。

 

 

それを可能にするのが、
食べる筋トレ・インストラクターです。

 

 

近日中に、メルマガより
募集開始のご案内をいたします。

 

 

ご案内まで、
もうしばらくお待ちください!!

 

  

 

 

今日もお読みいただき
ありがとうございます。

  

 

食べる筋トレレシピの専門家
ギール里映

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • お母さんとこどもを幸せにする食べる筋トレ・インストラクター

  • 子どもがぐずって外出がおっくう・・・という時に

  • 何も食べるものがない?!ならば自分で作ってしまおう

  • 変化するママ&子どもが続出しています

  • 太れない人の原因2つめ

  • その一口から始まる変化のスパイラルが止まりません!