1. TOP
  2. 自信をもって選択できる自分になろう!〜国産野菜は危険?

自信をもって選択できる自分になろう!〜国産野菜は危険?

 

こんにちは、ギール里映です。

 

 

どもが生まれ変わる食事 vol.564

 

 

 

オーガニックは危険?!

 

 

昨日は私が主宰する
食べる筋トレマスタークラスでした。

 

 

本日のテーマは
「あなたが知らないオーガニック!
〜国産野菜が安心だとおもっていませんか?」

 

なんとなーく、
オーガニックなら安心だよね?と、

 

有機食材
買ってます!

 

という人もいれば、

 

輸入の野菜はこわいので、
国産野菜を選んでいます

 

という方も、
多いのではないでしょうか?

 

 

しかし実は、
日本の野菜は世界のなかでも
かなりやばいと知っていましたか?

 

 

日本の農薬使用率は
世界3位。

 

アメリカの実に
7倍の量の農薬を使用している
というデータがあります。
(面積あたり、という意味で)

 

 

農薬を使用している側の
農薬会社や農協さんなどは、

 

「これだけ狭い国土で暮らす
大勢の日本人を
食べさせるためには、
農薬は必要不可欠
だとし、

 

「ちゃんと実験されて、
確実に安心というデータがあるから、
農薬って大丈夫なんだよ」

 

 

と言ったりもしてますが、

 

 

それ、そのまま信じることって
できますか?

 

 

特に日本は、
海外では規制されたり、
禁止されたりしている
農薬も、

 

 

なんの規制もなく
使用されている事実があったり、

 

 

食品の成分表示にも
さまざまな抜け道があって、
正しくすべての成分が
表示されていなかったりと、

 

 

実は、何も信頼できない…
というお寒い状況です。

 

 

しかしそれでも、
私たちは毎日食べないと
死んでしまうし、

 

 

毎日こどもにも
食べさせなきゃいけない。

 

 

しかしいろんなことが
気になりすぎて、
どうしたらいいかわからない!

 

 

がんばりまくって、
農薬を使っていないものばかりを
追いかけてみる?

 

 

このぐらいなら、
大丈夫だよね!
諦める?

 

 

それとも、
一般的に売られているんだから、
そんなに危ないものはないだろう、と、
見て見ないふり?

 

 

どんな姿勢を選択するのも、
個人の選択になりますが、

 

小さい子どもには、
選ぶチャンスもチカラもありません。

 

 

周りの大人がどれほど
軸をもって

 

「こういうのが、いいんだ!」
という選択する軸を
こどもに伝えてあげなかったら、

 

 

大人は自分の責任ですから、
仕方ないとしても、

 

 

こどもにはなんの
責任もないのです。

 

 

こどもを守るのは、
親しかいません。

 

 

親が正しい知識と
心地よく物事を選ぶ軸をもたなければ、

 

被害者は、お子さんになります。

 

 

大人にとっては責任重大ですが、

 

今の社会を生き抜くためには
正しい食を選べる自分になることが、

絶対必要なことだということを、
今日もお伝えいたしました。

 

 

みなさんの、選ぶ軸は大丈夫?

 

 

「よし、これでいこう!」と、
心の底から思えていることが
とっても重要なんです。

 

 

食にこだわるとしても、
食のことを見ないふりして
蓋をしておくのも、

 

 

全ては、自分の選択!

 

 

何を基準に、
何を目標に、
何を目指して選ぶのか、

 

ちょっと考えてみてくださいね。

 

まずは正しい情報を得て、
勉強することも大事です。

 

 

 

 

 =============

 

こどもの未来は、
食事で変えられる!

 

私はそう信じています。

 

  

 
今日もお読みいただき
ありがとうございます。

  

 

食べる筋トレレシピの専門家
ギール里映

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べる筋トレ大辞典の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べる筋トレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 屋台のやきそばが食べたい!と主張する息子への対応

  • あなたがいつまでも悩んでしまっている理由とその脱却方法

  • 【お悩み】ダイエット中のお母さんと子どもの食事

  • 食育が本当にできること〜自覚のないグローバル社会ニッポン

  • 子どもが生まれ変わる食事は、「本質」を見抜くチカラをつけること

  • 視力が回復するたった2つの理由 後編