1. TOP
  2. 貧血、レバーやひじきでは改善しません〜根本改善したいならまずココを抑えたい

貧血、レバーやひじきでは改善しません〜根本改善したいならまずココを抑えたい

こんにちは、ギール里映です。

 

私が主宰する「食べる筋トレマスタークラス」に在籍中のお母様から、嬉しいご報告をいただきました。

 

=================

食べる筋トレをはじめて2ヶ月。
貧血が改善していました。
貯蔵鉄のフェリチンの値も正常になりました^^

 

こんなに動くことが快適だとは、思ってもみませんでした。
とっても、とってもうれしいです!!!

 

M.Y.さん 30代
お子さん 5歳男の子

=================

貧血で悩む女性は、本当に多い。

 

悩む、というか、貧血って病気扱いされないので、お医者さんで指摘されても鉄剤を処方されておわり。

そしてお愛想程度に「レバーやひじきを食べてくださいね」と言われるだけですね。

 

そして私たち自身にも、たかが貧血と深刻に捉えていない場合も多く、「悩んでいる、だけど根本解決するためにむちゃくちゃ情熱を燃やす人も少ない」というのが、現状だと思います。

 

しかし貧血、なめてはいけません。

貧血の症状は、多岐に渡ります。

 

これらのうち、思い当たるものはありますか???

 

● 体調に関する症状

疲れやすい
だるい
めまいがする
動悸や息切れがする
眠気
吐き気
胃痛

 

●  頭痛や肩こりに関する症状

頭痛
肩こりがある
頭が重い
顔色が悪い

 

●  食事に関する症状

食べ物が飲み込みづらい
口の端が切れる
舌の表面がツルツル
煎餅など硬いものを大量に食べたくなる
酸味がしみる

 

● 肌・髪・爪に関する症状

爪がスプーン状になる
爪が割れやすい
枝毛・抜け毛が増える
肌がカサカサする

 

たかが貧血、されど貧血。

 

ただ鉄分が不足しているだけで、これほどまでの体調不良を作り出してしまう、恐ろしいものなのです。

 

(ここでいう貧血は、鉄欠乏性貧血のことです。悪性貧血や溶血性貧血などの深刻なものは、ちょっと別扱いします)

 

さて、その貧血。
鉄剤を飲んでも、一時的にはよくなるけれど、飲むのをやめたらまた元に戻るし、ひじきやレバーを食べたぐらいで改善するものでもありません。
 

そこで今日は、食べる筋トレ式貧血改善法をお伝えします^^

私自身長い間、貧血もちでした。
小学校の朝礼で必ず倒れるこどもでした。
レバー、ひじき、鉄剤、点滴、鉄のフライパン、南部鉄器、ぜーんぶ試しましたが、貧血はまったく改善されませんでした。

が、しかし。

玄米ご飯とお味噌汁中心の生活にして、気がついたら貧血の数字は正常になってました。
わざわざひじきもレバーも食べなくても、自然に改善していました。

それは、なぜなのか?
 

*玄米パワーと味噌パワーで腸内環境が整い、いらないものを出せるカラダになった

*いらないものを出したら、いいものをきちんと消化吸収できるようになった

*玄米が入ることで、甘いものへのクレービング(強い欲求)がなくなり、甘いものを食べなくなった

*実は鉄を増やしてくれる食材=緑の野菜をたくさん食べるようになった

そのおかげで、幼少期から30代前半までずーっと貧血もちだったのに、
妊娠期間中ですら「貧血」と言われることなく、穏やかに過ごすことができています。

玄米パワー、おそるべし!

そもそも東洋医学では、血液は骨髄ではなく、腸で作られると考えられています。
それを腸造血説、といいます。

質のよい玄米を食べて、質のよい血液をすみやかに作ることが、何よりも貧血改善の早道なんですね。

ぜひぜひお試しくださいね(^_−)−☆
 
 

<余談>

貧血は改善されたのですが、とある事情で、私は献血ができないカラダです。
 
というのも、ある期間中にイギリスに渡航経験があるから。
 
狂牛病事件で賑わっていた頃のイギリスに、滞在経験がある人は、日本では献血ができない決まりになっています。
 
せっかく貧血治ったから、お裾分けしたかったのにね!!
 
血液って、奥が深いです^^
 
 
本日もお読みいただきありがとうございます。

 

食べる筋トレプロデューサー
ギール里映

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べる筋トレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べる筋トレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 『子どものアタマは食べて育てる!食べる筋トレセミナー』開催のお知らせ

  • 子どものやる気を創るために必要な2つのものとは?

  • 自然と、こどもたちや夫の意識が変わってきました

  • あなたの可能性を120%生かす、食を伝える仕事〜食べる筋トレ The Professional

  • 付き合う人で人生は変わる〜成長を生み出す環境とは?

  • インフルエンザにかかる人とかからない人の違いとは?