1. TOP
  2. 実家に帰るたびに食事のことが心配だ、というお母様へ〜家族の理解がない?!

実家に帰るたびに食事のことが心配だ、というお母様へ〜家族の理解がない?!

obon2010_01.jpg

お盆、まっさかり!

 

 

どもが生まれ変わる食事 vol.685

 

 

 

こんにちは、ギール里映です。

 

 

まだ、京都です。
「あっつい夏の京都」を想定していたら
毎日涼しくて、
過ごしやすいです。

 

実家でも相変わらず、
うちは玄米ご飯とお味噌汁の生活です。
この良さを知ってしまったら
これなしでは調子が悪い 笑

 

うちの母は今年74歳になりますが、
私の影響で自分でも
玄米ご飯を食べるようになりました。

 

と、書いてしまうと
簡単そうなのですが…

 

 

母の「食事の当たり前」を変えるのは
簡単ではありませんでした。

 

そもそも10年ほど前に
私が食事を変え始めたときは、

 

 

「そんな、お肉もお魚も食べなくてどうするの」

 

「また里映が、勝手なこと始めて…
ぜったい体壊すわ」

 

と、家族はだれもがあきれて、
相手にしてくれませんでした。

 

それもそのはず、
我が家の実家は京料理屋
父は二代目で母はおかみさん。
そんな家で、
玄米だ、肉食べない、魚食べない
なんて、気でも狂ったのか???
と思われて仕方ない。

 

だからこのとき、決心したんですよ。

 

「肉も魚も食べず、
穀菜食が体にいいってことを
誰よりも勉強し、実践して
家族を納得させてやる!!!!」と。

 

(注:食べる筋トレ自体は、
穀菜食を基本としますが、
お肉もお魚も、食べてオッケーですよ)

 

 

家族は私のことをかわいい、
と思うから

そのように言ってくる。
だけど、本当に穀菜食がいいかどうか
なんの知識もない。

 

 

だから私は、そういう人でも
納得できるようなデータを集め
知識を集め
そして実践し、成果をだそう
と心に誓ったのです。

 

 

それから、私の学びの日々が始まりました。

 

 

ベジタリアン食もやってみました。

 

ビーガン食もやってみました。

 

がっつりマクロビオティックもやってみました。

 

漢方も、アーユルヴェーダも、分子栄養学も
全部やってみました。

 

実際「学ぶ」だけでなく
「実践」することがポイントです。

 

そうすると、面白いぐらい
いろんな気づきがあり、
いろんな学びがあるのです。

 

そんなことをしながら、
私が貧血や不妊といった
不調を改善し、

 

生まれてきたこどもは
今年6歳になりますが、
これまでに
熱を出したのは突発性のときと、
あと2回。

 

そんな様子をそばでみていて、
ようやく最近やっと
「私の言うことが正しい」らしい
と思い始めたようです 笑!!!

 

実の家族ほど、
理解してもらうのになぜか時間がかかる

 

存在が近ければ近いほど、
今の日本の常識からはずれていることは
受け入れがたいと感じるもの。

 

今の常識

栄養バランスよく食べることが大事

1日3食食べる

朝ごはんをしっかり食べることが大事

タンパク質をたくさん食べなければいけない

などなど…

 

これらを手放すことは
本当に勇気がいります。

 

自分の愛する人たちに
理解してもらいたい、

と思うなら、

 

 

誰よりも学び、
誰よりも実践し、
誰よりも成果をあげる自分になるしか、
方法はありません。

 

ちょっと聞きかじったぐらいの知識を
口にするぐらいのことで
人は納得しませんよ^^;

 

もしみなさんが、
実家のじいちゃん、ばあちゃん、
また理解してくれない旦那様に、
なんとかならないかなぁ、
と思っているのであれば、

 

 

誰よりも学び、実践し、成果を出す自分になってくださいね。

 

 

家族のことを考える時間が増える
お盆の時期が、チャンスです。

 

 

 

===========  

 

こどもの未来は、
食事で変えられる!

 

私はそう信じています。

 

  

 
今日もお読みいただき
ありがとうございます。

  

 

食べる筋トレレシピの専門家
ギール里映

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べる筋トレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べる筋トレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 真のエリートとは、高学歴、高収入ではない?!

  • 好奇心を創りだす食事とは?〜取り扱い注意!!

  • こどものココロを強くする最強の2大食材とは?

  • 食べる筋トレ・インストラクターたちの輝く背中が、こどもの未来を覚醒させる

  • 乗馬初体験!馬と人にある、ある1つの共通点とは

  • ”お”うどんはソウルフード