1. TOP
  2. 食べる筋トレとは?
  3. 子どもの能力を覚醒させる!アップルクランブルレシピご紹介

子どもの能力を覚醒させる!アップルクランブルレシピご紹介

12月イベント申し込みページ
https://www.agentmail.jp/form/pg/10155/2/
komuro.001.jpeg
ohanasi.001.jpeg

 

 

こんにちは、ギール里映です^^

 

 

子どもが生まれ変わる食事 vol.787 

 

 

りんご、りんご、りんご〜♪

 

普通、果物って大人も子どもも大好きですが、
実は!私はあまり、果物が好きではありません^^;

 

ダイエット、とか、がまん、とかではなく、
すぐお腹一杯になる感じ、というか
おなかがたぷたぷになるのがいやで
あまり食べなくなりました。

 

そして、面白いのですが、
肉食をやめると、ますます欲しく無くなるのです。
身体は正直だ!!!

 

りんごは、動物性たんぱく質の消化を助けてくれます。

 

特に相性がいいのが、お肉。
豚肉のアップルソース、というメニューはイギリスでも定番ですし、

 

アメリカなら、ターキーに
クランベリーソース、とか、

 

中国でも、酢豚にパイナップル、とか、

 

お肉と果物を組み合わせるメニューは
案外多くて、それは理にかなっているからです。

 

もしおこさんがお肉大好きすぎて心配と思われているのであれば、
りんごのデザートがおすすめです。

 

フルーツは生のままで食べることが多いですが、
りんごは加熱しても美味しい。
とくに冬場は、冷たいフルーツが体を冷やしすぎるので、
焼きリンゴやアップルパイなど、焼いたものが美味しく感じます。

 

その中で今日ご紹介するのは、
アップルクランブル。

 

これはイギリスではむちゃくちゃポミュラーなデザートで、
これを知らないイギリス人は、一人もいません。

 

日本でいうところの、うーん、なんだろう。

おぜんざい、ぐらい、
国民的なデザートになっています。

 

各家庭でお気に入りのレシピがあるので、1つの決まり切ったレシピがあるわけではありませんが、

 

要はりんごの上に、クランブル、という生地をのせて
オーブンで焼いて食べるお菓子、ということです。

 

今日ご紹介するレシピは、先日食べる筋トレスタジオにて開催した
暗闇めしの会でご賞味いただいたレシピ。
23845919_10155961754545742_3557793831384389319_o.jpg

 

あまりの美味しさに、「レシピを教えてください!!!」
の声を多数頂きました。

 

では、以下レシピです。

 

【米粉のアップルクランブル】

材料:(15㎝×20㎝の耐熱容器一皿分)

(クランブル生地)
玄米粉 50g
アーモンドプードル 50g
グレープシードオイル 40g
かぼちゃの種 40g(お好みのナッツでOK)
メープルシュガー 30g
コーンフレーク(プレーン) 15g(ザクザク食感があって美味しいです)

お好みで、かぼちゃの種10gくらい、オーツ麦 適量(トッピング用)

 

(フィリング)
りんご(できれば紅玉) 3玉
自然塩 小さじ1/4
※紅玉の入手が難しいときは、レモン汁で酸味をプラス

 

作り方:
1.りんごは皮をむいて、1cm~1.5cmのいちょう切りにする

2.なべにりんごを移し、塩をひとつまみして弱火で焦がさないように煮る
(オーブンを180度にあたためておく)

3.その間にクランブルを作る
ボウルに(クランブル生地)のオイル、コーンフレーク以外の材料を入れ、ブレンダー(フードプロセッサー、ミキサー)で攪拌する

4.攪拌した材料にオイルを足して、ゴムベラでさっくり混ぜる(ぽろぽろ感を出す)

5.コーンフレーク、トッピング用のかぼちゃの種を混ぜる

6.カップにりんごフィリング、クランブル生地の順に入れ、押し麦をパラパラと散らして180度のオーブンで25分焼く

 

原案のレシピにアレンジを加えてくれたのは、食べる筋トレ・インストラクターの菅原メグミさん。

 

私自身、レシピは作れません!!!
謙遜で言っているのではなく、
本当に、レシピを作る能力はありません。

が、しかし、

巷に多くあるレシピを、
「最強のレシピ」にアレンジすることにかけては
誰よりも得意?!と自負しています。

 

そんなわけで今回は、
小麦粉を使わずに玄米粉を使うことによって、
消化にかかる負担をやわらげ、香ばしさがプラスされました。

 

一回作っておけば、パーティなんかにも持って行きやすいので、
おすすめです^^

 

もし、気が向いたら、
今度のポットラックパーティ
作っていくかもしれません。

 

とにかく食べて楽しむ会ですので、
お子様もご一緒に、ふるってご参加くださいね^^

 

 

18日のポットラックパーティ、
詳細はこちらです!

遊ぶように勉強する子どもに育つ!
食べる筋トレ・ポットラックパーティ
komuro.001.jpeg

詳細はこちら!
http://taberu-kintore.com/?page_id=4293 

  

 

ーーーーーーーーーーーー

 

子どもたちに、最高の未来を手渡そう!

 

こどもの未来は、
食事で変えられる!

私はそう信じています。

 

   
今日もお読みいただき
ありがとうございます。

  

食べトレプロデューサ
ギール里映

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 旅行では何を食べたらいい?〜食べ物を選ぶということ

  • 食オタクでも、ただのセミナー屋でもない食べる筋トレ・インストラクターとは?

  • 花粉症の原因は花粉ではありません

  • 好奇心が学歴をつくる?!~こどもの好奇心は身につけるものではなく、身につくもの

  • 地味だけど確実に成果がでるコツ〜月末編

  • 子供は熱をよく出すもの?風邪ってよくひくもの?お子さんの小児科通いは当たり前