1. TOP
  2. お客様の声
  3. 「私なんか」症候群はこうして治す!?〜月商7桁を稼ぎ出す主婦の作り方

「私なんか」症候群はこうして治す!?〜月商7桁を稼ぎ出す主婦の作り方

こんにちは、ギール里映です。 

 

 

子どもが生まれ変わる食事 vol.929

 

 

 

今日は朝から一日、
インストラクターメンバーの
プロフィール写真撮影でした〜
IMG_2081.JPG

 (撮影スタジオにて〜撮影中!!)

 

 

撮影をしてくださったのは、
私のコチラ!も撮影してくださっているRyu Kodamaさん。
10409240_10152758754586545_1902368705061890850_n.jpg

月に1名しか撮影しない
というビジュアルブランディングプロジェクト。
食べトレのイメージづくりを
Ryuさんと行なっているため、
食べトレ・インストラクターのなかで
「ぜひ、Ryuさんに撮って欲しい!」
というメンバーは、

 

準備が整ってきたら、
撮影していただくことができます。

 

この、準備が整ったら、
というところが微妙なんですが、

 

簡単にいうと、
やっぱり、ここまでプロの方に関わっていただき撮影するのですから、

こちらも本気のメンバーでないと
プロの皆さんのお時間が無駄になるわけですよ。

 

今回撮影をするのは、
仲根瑶子マスターインストラクター
19105531_1057888134345277_6023471726900714894_n.jpg

と、
内田彩子シニアインストラクター
27545571_966782923474580_344946107866115451_n.jpg

 

どちらも1年前からインストラクターを目指し、
去年秋頃から少しずつ成果を出し始め、先月3月にはそれぞれ、
月商400万円200万円を達成しています。

 

そして二人とも、今月もすでに7桁越え。

 

これからの食べトレチームを引っ張ってくれる存在にまで成長してくれました。

 

しかし、この二人、
最初からいろいろとできたわけではありません。

 

私が「こんなのやってみたら?」
と提案すると、

 

「えー、まじですかー、そんなのできるんですか?!?!」

なんて、おののきながらも、

 

なんやかんや言っても
提案をきちんとやってくださるので
だから、成果につながっております^^

 

1年前まで、フツーの主婦だった二人。

 

今ではそれぞれ、
メルマガ読者を1800人以上持つ
「フツーの主婦」じゃない?!
存在になりました。

 

だけど、二人とも最初は

 

「私なんかが、
食べトレを伝えても
いいのでしょうか」

 

そんな風に、ぼやいていたこともありました。

 

今日は、食べトレマスターインストラクター仲根瑶子さんからの、
メルマガキャンペーンの感想をお届けします。

 

>>>ここから>>>>

*メルマガを始める前の問題点は?

セミナー開催を決め、FBやブログで告知をしても、
思うように集客ができませんでした。

 

食べトレをもっともっと広めたい!

 

そんな気持ちはあれど、うまく集客ができず、歯がゆい思いをしていました。

 

 

メルマガを始めれば、集客できるようになる。

 

ギール先生からも、先輩起業家の方たちからも、そうお伺いしていましたが、

まだまだ今の自分がメルマガを始める段階ではない。

 

そう思い、自分がメルマガを始めるきっかけを掴めませんでした。

 

 

*メルマガキャンペーンをやってみて気づいたこと

「そろそろメルマガを始めてみませんか。」

 

ギール先生からのご提案を受けてから1ヶ月後には、
無料小冊子をリリース、メルマガをスタートさせました。

 

 

ですが、そこで大きな問題が

 

 

メルマガを始めるにあたり、

「自分は、どういう方に、何を届けたいのか。」

一番大事なことが、
当時の私には全くわからなかったのです。

 

それはなぜか。

 

一番大きな理由は、もともと食の分野で仕事をしていた訳でも
食の資格を持っている訳でもない私が、

 

果たして
誰に何をお伝えできるんだろうか。

 

そもそも
食の発信なんてしていいんだろうか。
食べトレを伝えていいんだろうか。

 

そんなの傲慢ではないのか?

 

新卒から金融機関にずっとおりましたので、食という異分野の世界に飛び込んでしまって、本当によかったんだろうか。

 

そんな迷いをずっと抱えていたからでした。

迷って、進めなくなって立ち止まってしまって。
また進もうとして、でも迷って、また進めなくなって。

 

そんな私を見て、
ギール先生がこんな言葉を下さったんです。

 

「瑶子さんが料理が苦手だということは、同じように悩んでいる人の希望になる。」

 

その場で号泣

 

今も書いていて泣いてしまうくらい、
その言葉が、
本当に嬉しくて、ありがたくて。

 

「自分のコンプレックスが誰かの希望になるなら、私だからお伝えできる食べトレがきっとある。」

 

そこから全く迷いがなくなり、
料理が苦手なお母さん向けに小冊子をリリース。

 

辛い!と聞いていたメルマガキャンペーンも、
楽しみながら乗り切ることができました。

 

 

 

*メルマガキャンペーンをやってよかったことは?

私のキャンペーンのために、
沢山の方が貴重なお時間を割いて応援投稿して下さいました。

そのお気持ちを考えたら
なんだか泣けてきてしまって・・

 

ありがたい気持ちでいっぱいになると同時に、

 

結果として1800人もの方に小冊子をお届けができたことで、
私の想いに共感して下さった方が
こんなにも沢山いらっしゃることを知り、大きな大きな自信になりました。

 

『料理が億劫で苦手な私だからこそ
 お役に立てることがある。』

 

ダウンロードしてくださった皆さま、
応援して下さった皆さまのおかげで、
ようやく気づくことができました。

 

私自身が、「こんなお客さんに来て欲しい!」と考えている
理想のお客さまが講座にいらして下さるようになり、
集客に困ることがなくなったばかりか、

 

そんな理想のお客さまに囲まれながら、とても楽しく仕事をさせていただいています。

 

そして、その結果、
メルマガ開始翌月以降、
毎月月商7桁を達成できております。

 

 

*どんな人にメルマガをおすすめしたいですか?

✔集客がうまくいかず悩んでいる方

✔月商7桁を目指したい方


✔自分の理想のお客様に出会いたい方

 

 

 

*ギールさんはどんな人ですか

ギール先生は、その方が「本当に望んでいる未来は何か」ということを考えた上で、
その未来の実現のために惜しみなく力を注いで下さる方です。

 

その真っ直ぐな想いと情の深さに、
私は心底惚れこんでおります。

 

だからこそ、中途半端な想いではなく、

 

世の中のために
自分のビジネスを本気で広めたい!

 

そう決めていらっしゃる方はぜひ、ギール先生にお会いしていただきたいと思います。

 

>>>>>>ここまで>>>>>>

 

仲根さんは、途中、インストラクターをやめようかと思っていたぐらい、
起業することと、母親であること、女性であること、
自分の進路に悩んでいましたが、

 

その悩みは、まるっと解決した様子です。

 

私、ギールの仕事は、
私に関わる方「全て」が、
自分の夢を実現できるようにサポートすること。

 

大きな夢なら、大きく。
小さな夢なら、小さく。

 

夢のサイズは関係ないですが、
大事なことは
その方が、

 

私、これでいいんだ、と、

 

自分にOKサインが出せるようになるかどうか、
ってことなんです。

 

昨日もメルマガに書きましたが、
どんな方にも、その人にしかない、素晴らしい星を持っています。

 

その星をうもらせて曇らせてしまうのか、

それとも見つけて、輝かせてあげるのか。

 

決めるのは、あなたです。

 

料理が苦手なお母さんのための
マスターインストラクター仲根さんの
メルマガはこちらから^^
https://www.agentmail.jp/form/pg/10422/2/

 

 

 

 

\あなたのビジネスを全力応援します/

 

たった4ヶ月で1000人のファンをつくる!
ギールのメルマガ大学「食べトレ塾」

4月23日(月)21:00より
メルマガにて募集スタートします。

 

もし疑問、質問、知りたいことなどありましたら、
ご遠慮なく、メール返信してくださいね。

第2、第4月曜日の月2回、
13:00〜16:00の3時間

4ヶ月間
合計8回のグループレッスン

PDF小冊子の内容コンサルも含めて
300,000円(税別)で行います。

 

5月14日(プレ講座)
*自由参加、無料です

5月28日、6月11日、
6月25日、
以下基本的に第2、第4月曜日

 

 

ーーーーーーーーーーーー

 

子どもたちに、最高の未来を手渡そう!

 

 

こどもの未来は、
食事で変えられる!

 

私はそう信じています。

 

こんにちは、ギール里映です。 

 

 

子どもが生まれ変わる食事 vol.929

 

 

 

今日は朝から一日、
インストラクターメンバーの
プロフィール写真撮影でした〜
IMG_2081.JPG

 (撮影スタジオにて〜撮影中!!)

 

 

撮影をしてくださったのは、
私のコチラ!
1L3A0879-2048-3-high-no-crop-no-logo.jpg
も撮影してくださっている
|Ryu Kodamaさん。
10409240_10152758754586545_1902368705061890850_n.jpg

月に1名しか撮影しない
というビジュアルブランディングプロジェクト。
食べトレのイメージづくりを
Ryuさんと行なっているため、
食べトレ・インストラクターのなかで
「ぜひ、Ryuさんに撮って欲しい!」
というメンバーは、

 

準備が整ってきたら、
撮影していただくことができます。

 

この、準備が整ったら、
というところが微妙なんですが、

 

簡単にいうと、
やっぱり、ここまでプロの方に関わっていただき撮影するのですから、

こちらも本気のメンバーでないと
プロの皆さんのお時間が無駄になるわけですよ。

 

今回撮影をするのは、
仲根瑶子マスターインストラクター
19105531_1057888134345277_6023471726900714894_n.jpg

と、
内田彩子シニアインストラクター
27545571_966782923474580_344946107866115451_n.jpg

 

どちらも1年前からインストラクターを目指し、
去年秋頃から少しずつ成果を出し始め、先月3月にはそれぞれ、
月商400万円200万円を達成しています。

 

そして二人とも、今月もすでに7桁越え。

 

これからの食べトレチームを引っ張ってくれる存在にまで成長してくれました。

 

しかし、この二人、
最初からいろいろとできたわけではありません。

 

私が「こんなのやってみたら?」
と提案すると、

 

「えー、まじですかー、そんなのできるんですか?!?!」

なんて、おののきながらも、

 

なんやかんや言っても
提案をきちんとやってくださるので
だから、成果につながっております^^

 

1年前まで、フツーの主婦だった二人。

 

今ではそれぞれ、
メルマガ読者を1800人以上持つ
「フツーの主婦」じゃない?!
存在になりました。

 

だけど、二人とも最初は

 

「私なんかが、
食べトレを伝えても
いいのでしょうか」

 

そんな風に、ぼやいていたこともありました。

 

今日は、食べトレマスターインストラクター仲根瑶子さんからの、
メルマガキャンペーンの感想をお届けします。

 

>>>ここから>>>>

*メルマガを始める前の問題点は?

セミナー開催を決め、FBやブログで告知をしても、
思うように集客ができませんでした。

 

食べトレをもっともっと広めたい!

 

そんな気持ちはあれど、うまく集客ができず、歯がゆい思いをしていました。

 

 

メルマガを始めれば、集客できるようになる。

 

ギール先生からも、先輩起業家の方たちからも、そうお伺いしていましたが、

まだまだ今の自分がメルマガを始める段階ではない。

 

そう思い、自分がメルマガを始めるきっかけを掴めませんでした。

 

 

*メルマガキャンペーンをやってみて気づいたこと

「そろそろメルマガを始めてみませんか。」

 

ギール先生からのご提案を受けてから1ヶ月後には、
無料小冊子をリリース、メルマガをスタートさせました。

 

 

ですが、そこで大きな問題が

 

 

メルマガを始めるにあたり、

「自分は、どういう方に、何を届けたいのか。」

一番大事なことが、
当時の私には全くわからなかったのです。

 

それはなぜか。

 

一番大きな理由は、もともと食の分野で仕事をしていた訳でも
食の資格を持っている訳でもない私が、

 

果たして
誰に何をお伝えできるんだろうか。

 

そもそも
食の発信なんてしていいんだろうか。
食べトレを伝えていいんだろうか。

 

そんなの傲慢ではないのか?

 

新卒から金融機関にずっとおりましたので、食という異分野の世界に飛び込んでしまって、本当によかったんだろうか。

 

そんな迷いをずっと抱えていたからでした。

迷って、進めなくなって立ち止まってしまって。
また進もうとして、でも迷って、また進めなくなって。

 

そんな私を見て、
ギール先生がこんな言葉を下さったんです。

 

「瑶子さんが料理が苦手だということは、同じように悩んでいる人の希望になる。」

 

その場で号泣

 

今も書いていて泣いてしまうくらい、
その言葉が、
本当に嬉しくて、ありがたくて。

 

「自分のコンプレックスが誰かの希望になるなら、私だからお伝えできる食べトレがきっとある。」

 

そこから全く迷いがなくなり、
料理が苦手なお母さん向けに小冊子をリリース。

 

辛い!と聞いていたメルマガキャンペーンも、
楽しみながら乗り切ることができました。

 

 

 

*メルマガキャンペーンをやってよかったことは?

私のキャンペーンのために、
沢山の方が貴重なお時間を割いて応援投稿して下さいました。

そのお気持ちを考えたら
なんだか泣けてきてしまって・・

 

ありがたい気持ちでいっぱいになると同時に、

 

結果として1800人もの方に小冊子をお届けができたことで、
私の想いに共感して下さった方が
こんなにも沢山いらっしゃることを知り、大きな大きな自信になりました。

 

『料理が億劫で苦手な私だからこそ
 お役に立てることがある。』

 

ダウンロードしてくださった皆さま、
応援して下さった皆さまのおかげで、
ようやく気づくことができました。

 

私自身が、「こんなお客さんに来て欲しい!」と考えている
理想のお客さまが講座にいらして下さるようになり、
集客に困ることがなくなったばかりか、

 

そんな理想のお客さまに囲まれながら、とても楽しく仕事をさせていただいています。

 

そして、その結果、
メルマガ開始翌月以降、
毎月月商7桁を達成できております。

 

 

*どんな人にメルマガをおすすめしたいですか?

✔集客がうまくいかず悩んでいる方

✔月商7桁を目指したい方


✔自分の理想のお客様に出会いたい方

 

 

 

*ギールさんはどんな人ですか

ギール先生は、その方が「本当に望んでいる未来は何か」ということを考えた上で、
その未来の実現のために惜しみなく力を注いで下さる方です。

 

その真っ直ぐな想いと情の深さに、
私は心底惚れこんでおります。

 

だからこそ、中途半端な想いではなく、

 

世の中のために
自分のビジネスを本気で広めたい!

 

そう決めていらっしゃる方はぜひ、ギール先生にお会いしていただきたいと思います。

 

>>>>>>ここまで>>>>>>

 

仲根さんは、途中、インストラクターをやめようかと思っていたぐらい、
起業することと、母親であること、女性であること、
自分の進路に悩んでいましたが、

 

その悩みは、まるっと解決した様子です。

 

私、ギールの仕事は、
私に関わる方「全て」が、
自分の夢を実現できるようにサポートすること。

 

大きな夢なら、大きく。
小さな夢なら、小さく。

 

夢のサイズは関係ないですが、
大事なことは
その方が、

 

私、これでいいんだ、と、

 

自分にOKサインが出せるようになるかどうか、
ってことなんです。

 

昨日もメルマガに書きましたが、
どんな方にも、その人にしかない、素晴らしい星を持っています。

 

その星をうもらせて曇らせてしまうのか、

それとも見つけて、輝かせてあげるのか。

 

決めるのは、あなたです。

 

料理が苦手なお母さんのための
マスターインストラクター仲根さんの
メルマガはこちらから^^
https://www.agentmail.jp/form/pg/10422/2/

 

 

 

 

\あなたのビジネスを全力応援します/

 

たった4ヶ月で1000人のファンをつくる!
ギールのメルマガ大学「食べトレ塾」

4月23日(月)21:00より
メルマガにて募集スタートします。

 

もし疑問、質問、知りたいことなどありましたら、
ご遠慮なく、メール返信してくださいね。

第2、第4月曜日の月2回、
13:00〜16:00の3時間

4ヶ月間
合計8回のグループレッスン

PDF小冊子の内容コンサルも含めて
300,000円(税別)で行います。

 

5月14日(プレ講座)
*自由参加、無料です

5月28日、6月11日、
6月25日、
以下基本的に第2、第4月曜日

 

 

ーーーーーーーーーーーー

 

子どもたちに、最高の未来を手渡そう!

 

 

こどもの未来は、
食事で変えられる!

 

私はそう信じています。

 

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • お母さんにも自信を創り出しちゃいました

  • 渾身の上級インストラクター講座が開講!おもわずたい焼き一気ぐい

  • せっかち、いらいらは性格ではありません

  • iphone派?アンドロイド派?

  • 【募集締切】食べトレ・インストラクターで輝く自分になる!

  • たった3日、どころか、1日で子どもが変わる