1. TOP
  2. 食べる筋トレとは?
  3. サウジアラビアで女性の運転解禁!〜車を運転したら逮捕される?!

サウジアラビアで女性の運転解禁!〜車を運転したら逮捕される?!

こんちには、ギール里映です。

 

 

==============
世界で唯一女性の車の運転が許されていない国
〜6月24日は、歴史が大きくかわった日
============= 

昨日のメルマガで、
一粒万倍日と天赦日のことを書いたら、もんのすごい反響で驚きました。

 

そんなに、みなさん、決意したかったのかー!!!笑

 

私も、しっかり、新たな決意を2、3個、させていただきましたよ^^
もう、叶うね!

 

 

 

突然ですが、みなさん、
サウジアラビアに行ったことがありますか。
あんまり馴染みない国ですよね。

 

先月末サウジアラビアでは
なんと歴史上初めて
女性に車の運転が許可されたのです。
_102158356_mediaitem102158355.jpg
 

法律では禁止されていないものの、
厳格なイスラム教のワッハーブ派を信仰しているサウジアラビア、
これまで女性は学校や職場の行き帰りは運転手を雇用したり、タクシーを利用することを強いられており、
そのせいで労働生産性に悪影響があるばかりか、
それが困難で学校を卒業することを断念する女性も多かったとか。

 

「じゃあ、公共の交通機関を使えばいいんじゃない?」

 

なんて、思わないでくださいね。
これほどまで電車や地下鉄が充実しているのは、日本ぐらい。
いや、日本でも地方都市にいくと、
車がないと生活がとってもしにくいはずです。

 

女性の社会進出が世界的にも広まっているいま、
当然サウジの女性たちも
自然とテレビやインターネットで情報を得るし、

 

伝統的な価値観を守りたい宗教界
世界的にも男女平等や人権があたりまえになりつつある社会情勢
その間で国を支える政治

 

そんなもろもろの難しさのなかで、
今回政府が女性の車の運転を認めたことは
本当に大きなマイルストーンだと思います。

 

BBCニュースで、
ある女性がインタビューに応じていました。

 

その女性は6月24日、
初めて”自分が”運転して通勤しました。
これまでは家族の誰かや
運転手が運転する車の後部座席にしか乗ったことがなかった、とのこと。

 

自分で運転し、
ドライブスルーでコーヒーを買ったら、
そこでは初めてコーヒーを提供する女性ドライバーだと言われたとか。

 

彼女の仕事は、助産師です。
イギリスで助産師になるための勉強をし、博士号を取得しています。

ヨーロッパや先進国では、
救急車を待つ代わりに助産師が妊婦を病院に運ぶ場合もあり、
助産師が運転免許をもっていることは大変重要です、
と語ります。
また仕事に就く際に、運転免許を持っていることが条件になっている場合も多いとか。

 

 

6月24日はサウジの女性たちにとって忘れられない日になったのと同時に、
これからサウジの社会も、経済も、大きく変わっていくでしょう。

 

このニュースをみて、思うのです。
日本って、女性だからできない、ってこと何もないですよね・・・
(関取ぐらいでしょうか、女性禁止なのは)

 

国の制度や、法律や、宗教によって
自分の人生が大きく左右されるのが
私たち、人間です。

 

サウジアラビアの場合、
そもそもまず女性たちは
真っ黒のベールに身を包まなければならないし、
ましてや、ビキニで海水浴なんてありえない!わけです。
_98031335_mediaitem98031332.jpg

 

だって、運転すら、できないのですから・・・・

 

 

それに比べて私たちは、
なんでもできる環境がある。
なんでも、やっていいんですよ。

 

自分が、「やりたい!」と願うなら。

 

サウジのこの女性、
自分の国では運転もままならないのに、
イギリスに留学して
勉強して、
助産師さんになって活躍して
ほんとうに、すごいと思います。

 

 

「女性だから」いろいろできない、
という国に生まれているにもかかわらず、
これほどまでに貪欲に、自分の人生を謳歌しようとする。

 

サウジの人権擁護団体は長年にわたり、女性が運転する権利を訴えてきました。
抵抗の姿勢を示す一部の女性が運転したため、投獄された例もあります。

 

 

そんな歴史を経ていつも、
世界を変えるのは民衆の力なんだと
力をいただきますね。

 

国や制度がいつも”私たち民衆に”
最善最良を提供しようとしているのか。

それは、本当にわかりません。

 

サウジもそうですが、
また北朝鮮や、諸外国には
民衆の権利とか、人権とか
全く無視されているという
お国の事情があります。

 

日本は、どうなんでしょう?

 

国がそういうんだから、間違いない!
って、言い切れますか。

 

大手企業がそういうんだから、
絶対安心に違いない!って
言っちゃっていいですか?

 

私には、わかりません。

 

究極この答えは、
きっと一生、完全にわかることはないでしょう。
だって、見えないもん。政治の向こう側とか、経済の原理とか。

 

だからこそ、思うんです。
私たち一人一人が、
私たち個人が、
自分と自分に関わる人を幸せにしようと願い、その軸で行動することが大事なんだと。

 

その先にあるのは、調和
全体が調和することをゴールにしたら
それが一番の正解だと思います。

 

サウジのニュース、
私のなかではとっても大きなニュースでした。

 

だって一応、大学ではジャーナリズム専攻してましたからね(^_−)−☆

 

今日はちょっと、堅い内容でしたが
たまにはこんなことも
考えるきっかけにしていただけたらと思います。

 

 

==============
キャンセル発生につき募集中!
食べトレインストラクター養成講座 in 名古屋
==============

7月28日より、名古屋で開催!
この講座は、協会が主催する講座ですので、ZOOMでの受講が可能です。

どうしても対面がいい、という方は、
各エリアにてインストラクターの開催をお待ちくださいね。 

協会主催の講座では、
ギールも、登壇します。
また、協会認定の精鋭インストラクター講師を務めさせていただきます。

 

食の力で世界を変える一員になりたい!!!
そんな方は、こちらをチェックしてくださいね^^

 

<上級インストラクター講座 in名古屋>0123_original.jpg

 
日程:
7月28日
8月4日
8月25日
9月1日

いずれも、土曜日です。
(欠席の場合は、動画フォローがあります。)

 

詳細は、こちら
https://peraichi.com/landing_pages/view/8idav

 

お申し込みはこちらから
https://www.agentmail.jp/form/h/11035/2/?0607mm

  

 

本日もお読みいただき
ありがとうございます!

 

 

食べトレ代表
ギール里映

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • こどものやる気スイッチがオンになりました

  • 攻略されたくないけど、参加したい?隠された夫のキモチ

  • こどもの夢が叶うことが、親にとっては一番うれしいこと

  • 太れない人の原因、その1〜甘いものやお酒が大好き!

  • もしかしたら…出版するかも?

  • 花粉症の原因は花粉ではありません