google-site-verification=DsiVCz8ISCszMJSVbIxwZiNY5A3qNp_NMtRwZrH1bS4
  1. TOP
  2. 食べトレとは?
  3. みんな気になる添加物のハナシ

みんな気になる添加物のハナシ

こんにちは、ギール里映です。

 

子どもが生まれ変わる食事 vol.1341

 

ーーーーーーーーーーーーー

夏の不調を作り出すもの

ーーーーーーーーーーーーー

今日も暑いですねえ。

ようやく夏らしくなってきました!

 

私も今でこそ、夏は大好きで、
暑いのが結構平気で夏は元気いっぱいなんですが、昔は大嫌いでした。

 

だって、しんどいんですもん、何をしても。

 

 

昔夫の仕事の関係でシンガポールに住んでいたことがあるのですが、そのときは住みはじめて1ヶ月ぐらいは、いいようのないだるさで、ほんと、毎日辛かった!

それぐらい、暑いの苦手だったんですよね。

 

 

だけど、それが
食を変えてからまったく平気になりました。

 

いろいろ自分人体実験してきているなかで、
最も即効性が高い
体調を改善する方法、それは……

 

 

添加物を摂らないこと、です。

 

 

*食品添加物とは:

食品添加物(しょくひん てんかぶつ、英語: food additives)とは、食品製造の際に添加する物質のこと。広義には食品包装に使われる樹脂などを、間接食品添加物として扱う場合がある。

(Wikipediaより)

 

つまり、食品に添加されている化学物質のことなのですが、

 

これ、結構気にしている方
最近増えてきましたよね。

 

 

13年ぐらいまえ、
私が食のことを学び始めたころは、
まだまだで

「添加物が・・・」

と一言でも言おうものなら

「あの人、うるさい人だよね」

「そんなこと言ってたら、食べるものなくなるじゃん」

と、一般的には風当たりが強く、
添加物が入っていない食品を買うのは
自然食品店でないと無理でした。

 

それが、いまでは!!!

 

先日もミートボールの石井食品さんのことをメルマガでもご紹介しましたが、

スーパーの成城石井さんでも、
無添加のお弁当やお惣菜が売られるようになったり、

 

大企業さんが、無添加の方向に
かなり動いてきています。
無添加が一つのブームになりつつある。

 

(その無添加のレベル感とかには
まだツッコミどころ満載だとしても)

 

 

これ、本当に大きなことなんです。
なぜなら、
私達が「買わない」選択をするから
企業さんたちが「買ってもらえるもの」を作ろうと努力して、作ってくださる。

 

私や、あなたの、今日のお買い物の選択が、未来を作っているってことですもんね。

 

が、しかし、ですね。

これだけ動いているのに、
全体で見ると、添加物の摂取量も、
使われる添加物の種類も、
どんどんと増え続けているのです。

 

 

今、日本人が摂取している平均的な量は

1年に4キロから13キロ、

と言われています。

 

 

無添加へのうごきが高まるとともに、
添加物の世界も進化成長しているってことですよね^^;

 

 

ともあれ。

 

 

「きちんと検査されて、安全基準を満たしていて、国がオッケー出しているんだから、安心でしょ」

 

と、もし本気で思っている人は
このメルマガ読者さんにはいらっしゃらないかとは思いますが、

 

そんなの、オッケーなはずがない 笑

 

 

国や政治は、いつも後手後手です。

 

 

公害病だった水俣病も、
ずっと国は自分の否を認めていないし、
それによって多くの命と生活が奪われました。

 

例えばワクチンのサーバリックスも
いっときはこれが女性を救う!みたいな触れ込みで、大々的に勧めてきてましたが、
健康被害の報告があいつぎ、今では積極摂取をすすめていない、という状況だったり。

 

 

国が判断を出すまで待っていては
命がいくつあっても、足りません・・・

 

 

正直なところ
添加物が本当に安全かどうか、
もしくは危険かどうかは
グレーなんです。はっきりわかっていない。

 

 

添加物推奨派は
「添加物がなかったら、食中毒が発生したり、衛生面での不安が大きくなる」とか、
という主張をしますが、果たして本当にそうだろうか????

21世紀の保存技術をもってしたら、
使わなくてもいい添加物はたくさんあると思う。

 

安全性についてはグレーだけど、
一つ確実なことは

 

「添加物をたくさんとると
体調不良になる」

 

これは、事実です。

 

お肌があれるのも、便秘するのも
ダイエットがうまくいかないのも
あらゆる健康食品やサプリメントが効果を発揮しないのも、

 

年間13キロの化学物質をカラダは処理しているわけですから、
そりゃ、そこまで手が回るはずがないって

 

 

グレーなものには近づかない、

これ、鉄則です。

 

 

自分で食べるものは、自分で選べるんです。
少なくとも、
北朝鮮に住んでるわけじゃないので。

 

 

もしいま、暑さにやられて辛い、とか
夏バテ、熱中症、もろもろで
体がだるいと感じているならば、

 

 

2週間、まずは添加物をやめてみたらどうだろう。

 

 

これを避けることって、
数ある食の選び方のなかで
実は一番カンタンにできて、
効果が高いんです。

 

 

今月はちょっと、
添加物について掘り下げていこうかと思います。

 

お付き合いくださいね^^

 

 

本日もお読み頂き
ありがとうございます。

 

 

食べトレ代表
ギール里映

 

*****************

好評発売中!

2ステップ表紙.png

Amazonはこちらから!

https://www.amazon.co.jp/dp/4861136962

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 自宅でくつろげないダメな自分

  • AI時代を生き抜くこどもに絶対必要なものは五感!

  • ホンモノの定義〜時間

  • うちの子が何タイプかわからない!というお母様へ

  • 児童相談所からの手紙、その結末は

  • クリスマスパーティの料理に詰め込んだモノ