google-site-verification=DsiVCz8ISCszMJSVbIxwZiNY5A3qNp_NMtRwZrH1bS4
  1. TOP
  2. 夢を叶える起業
  3. 行列のできる店になりたいなら

行列のできる店になりたいなら

ギール里映です。

 

ーーーーーーーーーー No.657

行列のできる店の秘密

ーーーーーーーーーーーーーー

行列ができるお店って
一体なぜ?と思ったことないですか。

 

とにかく、並びますよね。

パンケーキブーム
タピオカブーム
とブームの時はもちろん、

 

ラーメン屋、焼肉屋
鯛焼き屋、ケーキ屋
カフェ、喫茶店といった飲食はもちろん、

 

ブティックやブランド品のお店なども
並んだりします。

 

東京だけの現象か
と思いきや、

地方の、人口が少ない街でも
並ぶ店には並ぶ。

 

私たちは果たして
並ぶことが好きなんでしょうか。

 

いやいやいや、
できれば、並びたくないですよね。

寒かったり暑かったり
荷物いっぱいの時なんて特に
並ばずにささっと座りたいじゃないですか。

 

だけど、並ぶ。

それはなぜか。

 

飲食の場合、
料理が美味しい、から並ぶ?

と思いたいですが・・・

 

 

実は、お客様は料理のために
並んでいるのではないのです。

 

 

そんなことを確信する出来事がありました。

 

先日、公園のそばにある、
テラスカフェに行ってランチしたときのことです。

 

コロナで東京も人がまばらだったりしますが
こちらのカフェは超満員。

 

「予約されてますか」とランチでも
訊かれ、予約がないとすぐに入るのは無理、
というカフェのようです。

 

人気だから行きたかった、
というより私は
息子(9歳)と私の両方が
食べられそうなメニューがあるから
という理由で選んだのです。

 

(息子は食にうるさく、食べないものは絶対に食べない子なので、手を焼きます^^;)

 

そうかー人気のカフェなんだなー、と思っていて、少しまってからようやく入店。テーブルに席を確保しました。

 

 

息子にはパスタを、私はロコモコ。
一応グルテンフリーチャレンジ中だったので、ご飯ものにしたわけですね。

 

 

私たちが座ったのは、店内のテーブルですが、実はテラス席があり、そちらはソファーでゆったり座れるようになっています。

向かい側は公園ですし
借景で気持ちがいい。

 

また店内も、小さなお子様をつれたママたちが多数くつろいでおり、ゆったりとソファスペースを活用されてます。

 

 

そして、頼んだものが届きました。

 

ぶっちゃけ、美味しくなかった・・・
残念ながら、私も息子も、半分ぐらいは頑張って食べましたが、完食ならず、です。

 

食べ物の味は好みによるところが大きいので、自分の美味しいが他人の美味しいではないし、また他人の美味しいが自分の美味しいでもない、ということはわかっています。

 

が、しかし

それにしても、美味しくないわけですよ。
しかも、そこそこ高い。

 

「なぜこの味でみんな並ぶんだろう???」

 

と思いましたが、理由は明確でした。

 

 

公園の前のテラス、ということで
気持ちがいい

ソファー席でゆったり

わんちゃんもいっしょに寛げる

 

ということで
お客様たちは、味に並んでいるわけではなく、空間や空間を得ることで得られる心地よさ、心地よい時間を買っているんですね。

 

 

本来飲食店なんだったら
味で勝負すべし!と思いませんか。

だけど

味がダントツに美味しくなくても
人気の店、並ぶ店は作れるということです。

 

 

自分の商品やコンテンツが売れないなー、と思っている方にとって
何かのヒントになれば幸いです。

 

 

本日もお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

ギール里映

 

 

===<バックナンバー

https://taberu-kintore.com/?cat=976

こちらから過去のメルマガ読めます

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • バレンタインのチョコ、もらいました

  • インストラクターたちの活躍がとまらない!笑顔と成果と報酬と

  • 結局のところ「起業」で何がしたいの?

  • 【質問】食事制限なんですか?旅行とか大丈夫?〜食べる筋トレ・インストラクター

  • ビジネスの、基本のき〜世界一簡単なビジネスの本質

  • そのタン塩、焼すぎじゃない?