1. TOP
  2. 【質問】玄米って消化に悪いのでは?子どもが食べても大丈夫?

【質問】玄米って消化に悪いのでは?子どもが食べても大丈夫?

こんにちは、ギール里映です。

 

子どもが生まれ変わる食事 vol.384

 

 

こんな質問をいただきました。

 

「玄米って消化に悪いと
聞いたのですが、
小さい子どもに
食べさせても大丈夫でしょうか。」

 

 

 

よく育児書や離乳食の本に、
「玄米は消化に悪い」と
書いてあるからかわかりませんが、

 

 

玄米は消化に悪い、
と思っている方がとても多いです。

 

 

私たちは何か
情報に触れると、

 

 

「そうなのかな?」と思って
気になってしまいます。

 

 

なので今日は、
消化についてお伝えします。

 

 

いつも思うのですが、
なぜか玄米だけが消化に悪い
と矢面に立たされるのですが、

 

 

実は動物性脂肪とタンパク質である
お肉のほうがもっと消化が悪いし、

 

 

またほとんどの野菜は、
消化に悪いんですよね。

 

 

すごく変な言い方ですが、
とうもろこしとか、きのことか、
そのまま出てきませんか?(笑)

 

 

食物繊維をたくさん含むものだったり、
脂肪やたんぱく質をたくさん含むものって、
そもそも消化しづらいものなのです。

 

 

じゃあ、炭水化物であるお米は?
という話になるのですが、

 

 

炭水化物は比較的
消化しやすい食品ですが、

 

 

白米と玄米では、
その成分が違います。

 

 

精米されて、
ぬかや胚芽の部分がない白米は、
精製度が高いため

 

 

玄米がもっている
ミネラル、ビタミンなどの
有益な成分をもたず、

 

 

なおかつ含まれているたんぱく質も
少なくなるため、

 

 

だから玄米より白米のほうが
消化にいい、
という発想になります。

 

 

事実、玄米より白米のほうが
消化にいいことは間違いありません。

 

 

精製度が高ければ高いほど
消化しやすくなるのが
食品の特徴
です。

 

 

だから炭水化物でいえば、
究極に精製された白砂糖が、
消化にいいものの筆頭になります。

 

が、

 

私のメルマガを読んでくださっている皆様なら、
白砂糖がどれほど悪影響を及ぼすか
少しは知ってくださっていると
思います。

 

 

消化にいい、悪い、だけが
食べ物を選ぶ基準ではないのです。

 

 

消化に悪いもので
代表的なものに、
ごまがあります。

 

 

だけれども私たちは、
ごまは消化に悪いから
食べない、
とはいいませんよね。

 

 

アレルギーの方もいらっしゃるので、
注意が必要な食品ではありますが、

 

 

ごまに含まれる脂質
ポリフェノール、繊維質
ビタミン、ミネラル。

 

 

どれをとっても体にいいものばかりなので、
私たちは食べています。

 

 

消化が悪いにもかかわらず。

 

 

大事なことは、
消化にいいか、悪いか、ではありません。

 

 

まずその食材に、
どんな栄養素やエネルギー
宿っているかが大切です。

 

 

そしてそれは、
実際ご自身で食べてみたり、
またお子さんに食べてもらったりして、

 

 

どんな影響があるかな?
とみていくしかありません。

 

 

残念ながらごまは
アレルギー指定品目なので
注意が必要ですが、

 

 

ご飯=玄米に関しては、
アレルギーのあるお子さんは
ほとんどいらっしゃいません。

 

 

(まれに、お米アレルギーという子も
お見かけしますが…)

 

 

お母さんが注意してあげることは、
消化に悪いとわかっているものだったら、
まずは消化できるような
炊飯方法で、
美味しく炊いてあげる
こと。

 

 

そしてそれを子どもたちは、
しっかり噛むということを
学び、練習していくことです。

 

 

いつまでも柔らかいものばかりが
食卓に並んでいたら、

 

 

どうやって子どもたちは
噛むことを学べばよいのでしょう?

 

 

いつまでも豆腐を食べている子に、
ごぼうは噛み砕けません(^_−)−☆

 

 

ーーーーーーー

食べる筋トレ個別相談では、
食べることの本質について
お伝えしています。

 

 

ですので、
「この食材がオススメですよ」
とか

「あれは食べない方がいいですよ」
というような、
食育的なお話はいたしません。

 

 

食べる筋トレでは、
お母さん一人一人が、
迷いなく食事を選べるようになり、

 

 

日々の食事作りの手間から
解放
されながらも、

 

 

子どもたちのパフォーマンスを
食事のチカラで支えてあげるための、
考え方の軸を学ぶところです。

 

 

巷の情報に惑わされるのは
もういやだ!!!

 

 

もしそんな風に思っているのであれば、
食べる筋トレは
あなたのお役に立つことができます。

 

 

数多くある食の情報
「あれがいいの?」
「これがだめなの?」
振り回されているうちに、

 

 

お子さんは大きくなってしまいます。

 

 

迷わない食事選びの軸を、
ぜひ手に入れてください(^_−)−☆

 

 

食べる筋トレ個別相談会
↓↓↓詳細はこちら!↓↓↓
http://taberu-kintore.com/?page_id=1280
orenaikokoro.002.jpeg

 

 

 

本日もお読みいただき
ありがとうございます。

 

食べる筋トレレシピの専門家
ギール里映

 

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べる筋トレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べる筋トレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 成果の出るお母さんと、出ないお母さんの違いとは?

  • かわいい子には旅をさせよう

  • 99%のお母さんが気づいていない、食事の本質

  • 海老蔵の奥さん、麻央さんの乳がんについて思うこと

  • 食べ物から作る、こどもに必要な5つのチカラ大公開

  • 変化するお母さんと変化しないお母さんの決定的な違いとは?