google-site-verification=DsiVCz8ISCszMJSVbIxwZiNY5A3qNp_NMtRwZrH1bS4
  1. TOP
  2. 食べトレとは?
  3. 1日に8万人の親子を魅了するモノ

1日に8万人の親子を魅了するモノ

こんにちは、ギール里映です!

 

 

子どもが生まれ変わる食事vol.431

 

 

昨日はなんと!
息子をつれてディズニーランド
行ってまいりました。

 

息子初めて
私も20年以上前に
1回行っただけなので
ほぼ初めて。

 

 

いただいたペアチケットがあったため、
いよいよ息子の夢の国デビューと
なりました。

 

 

久しぶりに訪れた
ディズニーランドの感想は、

 

楽だな〜」デス。

 

 

入場料さえ支払って
中に入れば、

 

 

あとはずーっと、
何も考えずに遊んでいられます。

 

 

飲食や買い物をするのは別ですが、
とにかくいろんなアトラクション、
乗り物、しかけが満載なので、

 

 

ただ、ただ、遊ぶ、
ということが簡単にできるんです。

 

 

一体1日に、どのぐらいの人が
訪れるのだろうと思い
調べてみると、

 

 

なんと、平均8万人!
(1日で、ですよ!!!!)

 

 

ディズニーリゾートのコンセプトは
ファミリーエンターテイメント。

 

 

(引用ここから)

 

 世代を超え、国境を超え、
あらゆる人々が共通の
体験を通してともに
笑い、驚き、発見し、
そして楽しむことのできる世界。

 

「私はディズニーランドが、
幸福を感じてもらえる場所、
大人も子供も、
ともに生命の驚異や冒険を体験し、
楽しい思い出を作って
もらえるような場所で
あってほしいと願っています。」

 

というウォルト・ディズニーの言葉があります。

 

あらゆる世代の人々が
一緒になって楽しむことができる
“ファミリー・エンターテイメント”

を実現したいという
ウォルト・ディズニーの思いが
ディズニーランドを生み出し、

 

この考えがディズニーテーマパークの
基本コンセプトとなっています。

 

(引用ここまで、オリエンタルランドHPより)

 

 

確かに、日常とは離れた
夢のような世界で、

 

 

大人も子どもも、
楽しい夢のひと時を過ごすことができる。

 

 

これを実現し、そして
このコンセプトに共感し、

 

 

年間3019万人(2015年のデータ)
もの人たちが訪れるって、
ものすごくないですか???

 

 

今でこそ、
ディズニーというのは
誰もが当たり前に知っている
大きなビジネス
になっていますが、

 

 

もともとは
工場に勤める父をもち、
絵が大好きだった青年
ウォルト・ディズニー
氏が、
一から立ち上げた事業です。

 

 

漫画からアニメーターとなり、
兄と一緒に映画会社を作り、
そこからディズニーのキャラクターは
生み出されていきました。

 

 

20世紀のアメリカの歴史と共に、
ディズニーのアニメは生まれ、
愛され、発展していきました。

 

 

最初はたった一人の想いから、
今日のこのビジネスに
つながっていると思うと、

 

 

人の想いが作り出す
世界の面白さには
感動を感じずにはいられません。

 

 

そこがなにより、
ディズニーランドのすごいところだと
あらためて感じました。

 

 

将来、息子には、
ディズニーさんのように、
夢をもち、希望をもち、
大きな世界を描いて欲しい
と思います。

 

 

そしてまた私も、
ディズニーさんのように、
多くの大人とお子様に
夢と明るい未来を提供できる
存在になりたい
と思います。

 

私が昨年立ち上げた
食べる筋トレプロジェクトは、

 

全ての人が、
自分の未来と、世界の未来を
もっと楽しく、明るくするために
毎日食べるものを選ぶことが
できるようになるための

プロジェクトです。

 

 

現状食事のことといえば、
ちょっと食にこだわっていると
「あの人は、うるさいのよね」
とうざがられたり、

 

 

アレルギーやアトピーがある人
ものだと思われていたり、

 

 

「食事にこだわっている」と
公言することが、
なんだか居心地悪いことのような
社会になっています。
(特に日本は!!!)

 

 

私は、そんな現状を
変えたいと思っています。

 

全ての人が、
自分の未来、お子さんの未来のために、
自分にとって、お子さんにとって、
よりよいものを選ぶことが
当たり前になる社会にしたい

本気で、そう思います。

 

なぜなら、
美味しいものの力ってすごい。

 

そして食べることって、
本当に尊いことなんです。

 

 

そして、
これを多くの方に当たり前にすること、
それは可能だと
私は思っています。

 

 

なぜなら私たちは、
例えば自分を高めるため
読書をしたり、

よりよい学校を探して、
そこに通ったり、

 

よりよい環境を求めて
引っ越したり、

よりよい人間関係を求めて
友達を作ったりしますよね。

 

 

なぜ食事だけ、しないのかしら???

 

 

きっとそこには、
社会のシステムや仕組みがあったり、
歴史の積み重ねがあったり、
いろんな要素があると思います。

 

 

それらが何かを一つ一つ
紐解いていき、
それぞれに対してソリューションを
考え提供できたら、

 

 

絶対に社会は変わる!!!!

 

 

私は、そう信じています。

 

 

そのために、
私もまだまだこれからずーっと
研究・実践・検証を続けていきますし、

 

 

うるさいと言われようと、
食事の話をし続けてまいりたいと思います。

 

 

みなさんからの応援が、
何よりの力です。

 

 

これからもお役にたつ情報を
発信してまいります。

 

引き続き、よろしくお願いします!

 

 

本日もお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

食べる筋トレレシピの専門家
ギール里映

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

経営軍師ギール里映の夢を叶える帝王学大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

経営軍師ギール里映の夢を叶える帝王学大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • インストラクターになることと、資格を取ることは違う

  • もっと倖せになるためには?

  • こどもの好奇心はこうやって創り出す!

  • 【離乳食メルマガ】もしかしたら一生のうちで1番大事なご飯かもしれない

  • お正月食べ過ぎた!の対応策は? vol.3

  • ジョコビッチも実践した最強の食事〜子ども版