google-site-verification=DsiVCz8ISCszMJSVbIxwZiNY5A3qNp_NMtRwZrH1bS4
  1. TOP
  2. 食べトレとは?
  3. 食のノウハウが知りたいですか?それとも….

食のノウハウが知りたいですか?それとも….

こんにちは、ギール里映です。

 

 

こどもが生まれ変わる食事 vol.700

ひそかに、700号!わーい 

 


食のノウハウは、いったいいくつあったらいいの?
〜エンドレスノウハウコレクターへの道

 

 

いきなりですが、
私の最近のテーマは

「想いを伝える」

なんです。

 

何を藪から棒に?!

 

このメルマガって、
子どものご飯のメルマガだよね?!

 

と思ったみなさん、
すみません^^

 

自称誰よりも食いしん坊なので、
食の知識は「ある方」だと思います 笑

 

しかもかなりオタクなので、
常に食べることを考え、
研究し、実践している、
という自負があります。

 

いろんなノウハウ、いっぱい持ってます。

 

べつに、自慢しているわけではないんですが、思うんです。

 

ノウハウって、
いったいいくつあれば、
私たちは満足するんだろう、

 

 

「砂糖はやめたほうがいいですよ!
なぜなら、砂糖でキレやすい子どもになります。

 

だけど、やめろと言われても大変なので、少しずつ減らすのがいいでしょう。

 

また砂糖の代替品として
メープルシロップなどがおすすめです。

 

どうしてもやめられない人は
フルーツから甘みを摂ると
満足感があります」

 

 

なんていうノウハウを、
きっとみなさんは私から
聞きたいわけではない
と思っています。

 

ノウハウやうんちくを語る
本、ブログ、HPはたくさんあります。

 

 

そういうのを集めたい人は、
集めていただいていいのですが、

 

 

それ、いつまで集め続けるんですか? 笑

 

 

どんなノウハウも、
ヒントも、
それを使いこなすために
自分が何を求めているのか?
そこが明確にならないと、
エンドレスノウハウコレクターの道を
まっしぐらになってしまいます。

 

 

みなさんは何のために、
お子さんにご飯を
毎日食べさせているのですか?

 

 

ただ、カロリーと栄養補給のためですか?

 

 

ただ、アレルギー改善や
病気治しのためですか?

 

 

食べるって、そんなことを目的に
する行為じゃないんです。

 

 

もちろん世界には、
昨日お話ししたアフリカやアジアのように、

 

毎日食べることが精一杯、
という方も大勢いらっしゃると思います。

 

 

だから、贅沢な悩みなんですよ^^;
食べるものを選ぼう、なんて。

 

だけど現実
豊かな国日本にくらす私たちは、

 

 

否が応でも毎日
食べ物を選択することを強いられています。

 

 

そこで大事なのは、
みなさんが何のために食べるのか
という「想い」をしっかり持っておくこと。

 

 

例えばお子さんが偏食で、
それをなんとかしたいと思っているとします。

 

何でも食べる元気な子になって欲しいと

 

あれやこれや手を尽くし、
いろんな食材を食べられるように、
とメニューを考えると思います。

 

 

しかし、お母さんがその子に臨んでいるのは、
「何でも食べる子」になることではないのです。

 

何でもよく食べる子になったから、
といって、
その子が幸せになる保証はないし、

 

むしろ今の時代、
何でもよく食べる子のほうが
体に不調を訴えることが多い。

 

 

お子さんに必要なのは、
なんでもよく食べること
なのではなく、

 

食べることを心から楽しい!
と思えるマインドだったり、

 

食べることを通じて得られる
家族の時間を大切にすること、

 

お母さんが作る食事を通して
親の愛や想いを伝えてあげること
なんですよ。

 

決して、食べられる食材が
一つ、二つ増えることが
ゴールではありません。

 

こどもの食に悩む全てのお母さんへ。

 

一人悩んで悶々とするのではなく、
ぜひぜひ心のうちにある
お子さんへの想いを
伝えてあげてください。

 

それも1回ではなく、
毎日、毎食。

 

お子さんが小さければ小さいほど
たくさん伝えてください。

 

想いって、案外届いていないんです。
想いって、案外わかってもらえないんです。

 

みなさんがまず、
想いを伝えられる人になってください。

 

そうすれば子ども達も
想いを表現できる子どもに育ちます。

 

どんなに口下手なお母さんでも、
食を介せば伝えるのはとても楽チンです。

 

 

なぜなら、「美味しい」があるところでは
人は素直なコミュニケーションをするのです。

 

美味しいものの前で
腹黒いことを考える人は
めったにいません(と信じたい)。

 

 

なぜ今日、こんなメルマガを書いているのか、というと、
昨日今日の2日間、
出版セミナーに参加していたからなのです。

 

 

このセミナーでは、
企画書を作り、仕上げて、
編集者さんの前でプレゼンする
ということを行なっていたのですが、

 

参加者19名がそれぞれ
本当にいろんな想いで
それぞれのビジネスをされている想いを聞くことができる
とても貴重な機会でした。

 

ここで私以外の18名の想いを聴いて、人の熱い想いにも触れたし、

 

 

また自分も自分の想いに
真正面から向き合ういい機会でした。

 

そして、結論。

 

こどもの未来を、食の力で変える!
なぜなら食が、何よりも大事なものだから。

 

食べない人は、一人もいない。
食が必要じゃない人は、
誰一人いないのです。

 

 

たくさんの、こどもを愛する
お父さん、お母さんに、
これからもますますお届けして参りますね。

 

引き続き応援のほう、
よろしくお願いします。

 

 

これからもみなさんに、
最良のコンテンツをご提供できるよう
引き続き全力で走ります。
(いつも走ってますが)

 

 ============

【予告】
いよいよ明日より、
9月の食べる筋トレセミナー
お申し込みを開始します!

 

21時スタートです。

 

9月17日(日)

9月22日(金)

 

日程を空けておいてくださいね^^

 

 

 

============

 

 

こどもの未来は、
食事で変えられる!

 

私はそう信じています。

 

  

 
今日もお読みいただき
ありがとうございます。

  

 

食べる筋トレプロデューサー
ギール里映

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 3冊目の出版オファーをいただきました

  • ただの食いしん坊が仕事になる!?マイク・マイヤーズのお母さんと食べる筋トレ

  • 私がなぜ食べる筋トレレシピの専門家として活動をしているのか

  • 太れない人の原因は2つのタイプに分けられる

  • 99%の一日か、101%の1日か

  • なぜ私が食べる筋トレレシピの専門家としてシゴトをしているのか?