google-site-verification=DsiVCz8ISCszMJSVbIxwZiNY5A3qNp_NMtRwZrH1bS4
  1. TOP
  2. オススメ情報
  3. 負け犬人生

負け犬人生

こんにちは、ギール里映です。

 

子どもが生まれ変わる食事 vol.1234

 

=================
東京寒すぎ!
=================

昨日は関西のインストラクターたちのサポートのため、大阪に行ってまいりました。

 

関西は、あたたかでした〜

 

翻って東京、桜はほぼ満開にもかかわらず、毎日寒い。本当に寒い。

あまり寒くて、怒りがこみ上げるレベルです・・・

 

さてここ数日、私、代表ギールのプロフィールをご紹介させていただいております。

最初からお読みになりたい方は、
こちらをどうぞ^^

 

<1>

信念をもって食べトレを伝えている本当の理由~代表ギールってこんな人

https://www.agentmail.jp/archive/mail/661/2005/245814/

 

 

<2>

デブなのに貧血だった暗黒の小学生時代

https://www.agentmail.jp/archive/mail/661/2005/246062/

 

<3>

デブは病気である?!~ダイエット&リバウンドを繰り返す高校時代

https://www.agentmail.jp/archive/mail/661/2005/246304/

 

<4>

1週間で完売!福岡で食べトレ旋風
(大学、ラクロス部時代)

https://www.agentmail.jp/archive/mail/661/2005/246539/

 

 

大学で、何を血迷ったかハードなラクロス部に入った私。

 

やる気はあったので、練習はがんばるのですが、幼少期からの貧血のおかげで、なかなか上達しない。一生懸命やってるのに、なかなか認めてもらえない。

 

大学1年の冬、うちのチームが関西リーグで優勝したので、決勝戦のために東京へ行くことになりました。

 

当時、東京へいくのが、多分生まれた初めてだったんじゃないかと思います。18歳の冬。

 

スタメンではありませんでしたが、一緒にいけることが嬉しくて・・・

 

で、当日の朝。

 

全身にじんましんが!!!!

 

顔は真っ赤に腫れて、どうにもならない状態でした。

 

それでも、行っちゃうんですけどね、私。

 

とにかくカラダが常に、いっぱいいっぱいだったんだと思います。

 

そしてその試合は優勝して、
私達の大学は、日本一になりました。
とっても、強かったんです。うちの大学。

 

しかしその強いチームのなかで、
自分の劣等感はますます大きくなっていき、
ラクロスが好きで練習したい!
という気持ちと、
なかなか上達しなくてツライ
という気持ちの間で、

 

なんとも、すっきりしない状態だったのです。

 

そして、2年生になりました。
強いチームに憧れた後輩たちが、いっぱい入ってきました。

 

そして、後輩たちは
あ!ッと言う間に上達して
メキメキとメンバーに選ばれていきました。

 

私は相変わらず、補欠のまま。

 

それでも自分の役割を果たそうと、
チームのサポートをしたり、
ラクロス協会の委員になって
ラクロスを盛り上げる活動を、

 

朝は始発から、夜は終電まで、ずーっと続けていたのです。

 

そして、2年生が終わる頃、ついに来た。
カラダ壊しました。

 

原因不明の腹痛で、歩くこともできなくなりました。もちろん、ラクロスなどできるはずもありません。

 

人生で初めて味わった、大きな挫折でした。
がんばってもどうにもならないことがある、と知った、大きな機会でした。

 

だけど、いまなら、カラダ壊す理由、わかる。腹痛の原因も。

 

なぜなら私は、いわゆる「過食症」だったのです。

 

練習のストレス、うまくいかないことへのストレス、忙しさのストレスから、大量に食べては下剤、という生活を繰り返していたんです。

 

そりゃー、お腹こわして当然やろ!!!

 

と、自分で突っ込みたくなりますが、
当時はそれでも、その過食症が、そこまで自分の健康にインパクトがあるとは、思いつきもしていなかったんです。

 

なぜなら、そのことを、誰からも聞いたことがなかったから。

親も、教えてくれていない

学校も、教えてくれていない

今みたいに、インターネットで情報がカンタンに手に入る時代ではなかったので、
グーグル検索なんて、できなかった。

 

知らない、って、こういうことなんですよね。

 

ラクロス部を辞めた私は、
何をしていいのかわからず、
あと2年、どんな気持ちで大学に通っていたのか、あまり記憶にありません。

 

都合の悪いことは
忘れてしまう性分のようです。笑

 

当時はバブル経済がはじけた直後で、
就職の氷河期でしたし、
未来に向けての希望もあまり、もてません。

 

そもそも大企業に就職する気がさらさらなかった、だけど、じゃあ何をするよ?

 

将来のことがまったく見えなくて
どんづまりになってました。

 

そこで、出会ったのが、当時流行っていた
「自分探しの旅」

 

日本では生きがいを見つけられない人たちが、旅に出るわけです。

 

そこで私は、幼少期から留学したいと思っていたことを思い出し、
どうせなら、大学を卒業してから留学しようと、

 

親を説得したり、

留学先を探したり、

英語を学習しはじめたりして、

 

なんとか、あたらしい希望を持ち始めたのです。

 

続く。

 

 

本日も、お読みいただき
ありがとうございます。

 

ギール里映

 

 

 

=協会主催の講座は現在日程調整中です=

*インストラクター養成講座

協会主宰は、夏以降になります。

各インストラクターのページをご確認くださいね。

https://tabetoreshop.com/

 

*食べトレ望診法講座「見えトレ」

次回、東京開催を予定しています。

こちらも詳細を今しばらくお待ちください。

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 体調悪い子どもが多い!と思ったらやはり〜アノ時期がやってきた

  • 乳首をひねるだけで奇跡のバストアップ?!40代女性の切なる悩み解消3つのヒント

  • マムラボ(マム・メイキング・ラボ)ランチ会体験レポ

  • 【予告】伝説のセミナーが1日限定で復活します

  • 世界一大好きな街で食を叫ぶ

  • こどもの自己肯定感をあげる食べ方とは?〜ベジタリアン歴33年の姉