1. TOP
  2. 食事がなぜ大事なのか、というたった1つの本質

食事がなぜ大事なのか、というたった1つの本質

こんにちは、ギール里映です。

 

 

子どもが生まれ変わる食事vol.502

 

 

  

人はなぜ、「美味しそう!」と思うのか?

 

 

食べたことがなくても、
みただけで
「うわ、美味しそう!」と思うのは、

 

 

動物である私たちが
その本能を発動させ
ココロが動かされているから。

 

 

この感動がないことが、
やる気のない子ども、
元気のない子ども、
キレやすい子どもを
作り出しています。

 

かれらに足りないものは、
彼らをココロから満たし、
内側からあふれるばかりの
生命力。

 

 

その生命力は、
生命力のある食べ物からしか
作られていないのです。

 

 

食べ物は、工業製品じゃない。
パッケージに入って、
きれいに並んでうられているけど、
そこには必ず、
その食材の命と、
作ってくださる方のエネルギーがつまています。
  
 

 

石川県にある岡山農園の 
岡山さんがつくる魂のれんこんは、
岡山さん自身がこどもを持つ父として、

 

 

 

こどもが

 

「まだ味覚の整っていない幼少期に、
野菜本来の味に出会うことで

 

 

心と身体で味わい、
健全な身体を
育成していくのだと思います」

 

 

(岡山農園さんHPより)

 

 

そのココロが満たされるからこそ、
こどものなかに、
内なる生命力を生み出すものだと、

 

 

昔ながらの製法にこだわり、
農薬も、化学肥料も使わず、
丁寧に丁寧に育てたもの。

 

 

「心が満たされることで、
元気と勇気が湧いてきて、
笑顔が生まれる…」

 

 

生命力のある野菜が、
いのちと笑顔を生み出し、

 

愛と倖せを循環させていくのです。

 

 

こんな想いで生産者さんが、
お野菜を作ってくださっているから
私たちは美味しく食べ、
そして自らを元気にすることができる。

 

 

食べ物を食べるということは、
そのビタミンやカロリーだけが
重要なのではなく、

 

 

その食材に、
どれだけ自然のエネルギー
つまっているかどうか、ということ。

 

 

このエネルギーがないものは、
いくら食べても元気にはならないし、
カロリーだけ足りていても
ココロは決して満たされない

 

 

そこに気づいて食べることが
できるようになるかどうかで、

 

 

人の一生は豊かにもなるし、
つまらないものにもなる。

 

 

自分や、こどもを本当に元気にしたかったら、
生命力あふれる食べ物を食べるしか
方法はありません(^_−)−☆

 

 

 

今日もお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

食べる筋トレレシピの専門家
ギール里映

 

 

PS
魂のれんこんは、
みなさんにお届けができるように
準備を進めております。

 

ご案内できるまで、
もう少々お待ちくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

 

食べる筋トレレシピの専門家
ギール里映

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べる筋トレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べる筋トレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 料理が得意じゃないですが、大丈夫ですか?

  • 40代でおばあちゃん?

  • どんな子どもに育てたいかで、食べるものが決まります

  • 食べる筋トレ秘書、募集します

  • 子どものためのデトックス?セミナー開催のお知らせ

  • ラジオに出演しました Part 3〜避けて通れない食物アレルギー問題