1. TOP
  2. 食べる筋トレインストラクター
  3. 食べトレ協会キックオフ!お客様へのコミットメント

食べトレ協会キックオフ!お客様へのコミットメント

こんにちは、ギール里映です。

 

 

子どもが生まれ変わる食事 vol.1066

 

 

じゃじゃじゃーん
協会設立記念パーティ、開催しました。
IMG_5957.JPG

 

と、かいてしまうと
さらっとしすぎですけどね・・・

 

準備期間2ヶ月強、
食べトレメンバー一丸となって
準備に取り掛かってきました。

 

結果からいうと・・・
大成功!と言わざるをえないですが
その成功はひとえに
関わってくれたスタッフ、インストラクター、協賛くださったみなさま、会場雅叙園さんのご担当者さま、

 

とにかく、みなさまのおかげです。

 

本当に、本当に、ありがとうございました!!!

 

 

「ありがとう」

という、シンプルな言葉でしか
表現できない自分の表現力を
この日ほど、残念に感じたことはない、
というぐらい

 

 

ありがとう、しか

でない1日でした。

 

 

たった5つの文字からなるこの言葉は
すべてを包み込んでくれる力強さと、

 

何事をも丸く収めてくれる
包容力と

 

もう、これでいいじゃないか!!!
というぐらいの破壊力がありますよね。

 

 

なので、ありがとうの語源を
調べてみました。

 

===*===*===*===*===

『盲亀浮木のたとえ』

仏説譬喩経(ぶっせつひゆきょう)に
「盲亀浮木(もうきふぼく)のたとえ」と
言われるたとえ話があります。

 

ある時、釈迦が、阿難(あなん)という
弟子に、

「そなたは人間に生まれたことをどのように思っているか」と尋ねた。

「大変、喜んでおります」
と阿難が答えると、釈迦は、次のような話をしている。

「果てしなく広がる海の底に、目の見えない亀がいる。その盲亀が、百年に一度、海面に顔を出すのだ。

広い海には、一本の丸太ん棒が浮いている。
丸太ん棒の真ん中には小さな穴がある。
その丸太ん棒は、風のまにまに、西へ東へ、南へ北へと漂っているのだ。

 

阿難よ。百年に一度、浮かび上がるこの亀が、浮かび上がった拍子に、丸太ん棒の穴に、ひょいと頭を入れることがあると思うか」

阿難は驚いて、
「お釈迦さま、そんなことは、とても考えられません」。

「絶対にないと言い切れるか」

 

「何億年掛ける何億年、何兆年掛ける何兆年の間には、ひょっと頭を入れることがあるかもしれませんが、無いと言ってもよいくらい難しいことです」

「ところが阿難よ、私たちが人間に生まれることは、この亀が、丸太ん棒の穴に首を入れることが有るよりも、難しいことなんだ。有り難いことなんだよ」
と、釈迦は教えている。

 

(1分から分かる
親鸞聖人と浄土真宗HPより)

 

===*===*===*===*===

 

うーん、深い。

 

人がこの世に生を受けること自体が
大きな大きな奇跡。

 

その人たちが出会うことは
奇跡中の奇跡でしか、ない。

 

だから、9月29日のこの日に
95名の方が一同にあつまり、
同じ時間を共有することって
本当に本当に奇跡ですよね。

 

 

一つ一つのご縁を

これからも大切にし

日本中、そして世界中の人々にとって

役にたつ存在であれるよう

これからも、精進していきます。

 

 

だから、今日もいうぞー

 

 

今日もお読み下さり、 
ありがとうございました^^ 
  

  
 

食べトレ代表
ギール里映

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 子どもにデトックス!春は出せるカラダ作り

  • 食べる筋トレスタジオ、いよいよ明日オープン!

  • こどもはしょっちゅう風邪をひくもの、ではありません!背中を見せるママであろう!

  • 【募集開始】子どものためのデトックスセミナー〜サンクチュアリ出版さんにて幻のセミナー復活

  • 未来を生き抜く力を身につけろ!〜シンギュラリティを間近に迎えたこどもたち

  • お母さんの背中とこどもの成長は比例する