1. TOP
  2. 起業塾ザトレ
  3. スピードライティング〜集中力のハナシ

スピードライティング〜集中力のハナシ

楽しむ起業塾
The Training(ザトレ)主宰 

 

ギール里映です。

 

===================
書くための環境を整えよう!
〜集中力のハナシ
===================

速く書いたほうが、文章がうまく書ける理由の最たるものに・・・

 

集中が続く時間、というのがあります。

 

 

一体、集中力って、どのぐらいもちますか?

 

 

1時間?

 

2時間?

 

3時間?

 

 

3時間とか、ぜーーーーーったい、集中力が続かないし!!!

 

だから、大学の講義でも90分単位だし、
こどもの学校に至っては、45分とか、60分とか、そういう時間ですよね。

 

 

人が集中できる時間って短いんです。
長くても、1時間でしょう。

 

 

だから、1メルマガ書くのに3時間かかっていると、よい文章にならないのです。

 

3時間かけて書いている人、

 

*どんどん文章が下手になる

*伝わらない

*読みづらい

*なおかつ時間の無駄

 

ですから、いますぐやめてくださいね。

 

で、どうやってやめたらいいのかを、
ここ数日メルマガにてお伝えしていますが、
今日は、集中力のハナシ、です。

 

 

人の集中力は、鍛えたり、
伸ばしたり、することができます。

 

 

私は食事の専門家でもあるので、
食の力を使って、自らの集中力を引き上げていたりもします。

 

昨日お伝えしたように、
地下鉄の中とか、歩くながらとか、
それでも集中して文章がかけるのには
実は、ヒミツがあります。

 

それは・・・・

 

あ、間違えた、こちらは食べトレメルマガではなかったですね。
食の情報についてはこちら、

12000人が読んでいる!
食べトレメルマガ365
をお楽しみください。

https://tabetore.com/365daysmailmagazine/?0204mm

 

ハナシがそれた、
集中力!!!

 

なぜ、集中力がキープできる時間で
文章を書ききってしまわなければならないのでしょう??

 

それは、人の感動曲線と、関係しています。

 

人は文章を読んでいると、そこの自分の感情や気持ちを載せて、感情が揺れ動きます。
アップダウンします。

 

このとき、

書き手のボルテージが上がる

と、

読み手のボルテージも上がる

のです。

 

 

文章という、一見無機質で、
文字だけで、冷たたくも感じられる伝達手段ですが、

 

そこには、書き手の魂が乗っかります。

 

集中しているときに、
ぎゅぎゅぎゅーっと心が乗り移るのと、

 

集中力が切れて、なんとか言葉を作り出して文章にしていく作業のなかで、
読み手のボルテージがあがる表現をすることができると思いますか?

 

答えは、明確ですよね。

 

では、一体、どうやってボルテージを上げていくのか???

 

続きは、明日!

 

今日もお読みいただき
ありがとうございます。

ザトレ主宰
ギール里映

 

 

 

 

==============
ただいま2期募集中!

 スクリーンショット 2019-01-25 16.49.10.png

東京 & 大阪 同時開催
平日 & 休日 同時開催

詳細はこちら

https://taberu-kintore.com/?page_id=5482&0126mm

*ザトレをご検討の方へ:

個別にご相談を承ります。
info@tabetore.comまで
「ザトレ個別相談希望」という件名でメールをお送りください。30〜60分程度で、ギールに直接相談していただけます。

 

注:
ご希望の方がすべて入れる、というわけではありません。ギールがサポートしたい!!と思える方だけ、入塾していただいております。

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 数学と食の共通点〜あなたのハナシ、伝わってない

  • ビジネス個別相談メルマガより近日中に募集します

  • ビジネスの、基本のき〜世界一簡単なビジネスの本質

  • ライティングスキルアップの3つのワーク〜打倒意味わかんねー?!

  • ザトレ2期最終募集のお知らせ〜ギールの登壇最後です

  • 成果出す人がしているたった一つのこと