1. TOP
  2. 夢を叶える起業
  3. 1日を36時間にする働き方

1日を36時間にする働き方

愉しむ起業塾
The Training(ザトレ)主宰 

 

ギール里映です。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

1日36時間労働

ーーーーーーーーーーーーーー

「時間がなくって〜」

もう、このセリフを、何回きいたことか。

 

 

ビジネスで成果を出すために
変えていきたい8つのアタリマエ

その7つめ、

時間

について、
今日からお届けしてまいります。

 

 

 

 

最初に、吐いていいですか。

 

 

一応私、協会の代表理事やってて、
170人のインストラクターを育成していて、

 

来月に2冊、
9月に1冊出版が決まっており、

新しいコンテンツ3つを
7月、8月、10月にリリース予定で、

 

メルマガは毎日2本、
その他にアメブロ、ブログ、インスタ、ツイッター、ライン@をやり、

 

普通に主婦なんで、
7歳息子のお弁当を毎日つくり、
ご飯の支度も普通にしている、という状況で、

 

 

どう考えても、私よりも仕事してない人から

「時間がなくて〜」

と言われると、

 

 

ちょっと、ムっとします ♡

 

 

時間は誰でも平等に、1日24時間あります。

だから、時間がない、のではなくて、
時間がうまく使えていない

の、間違いです。

 

 

なので、気軽に「時間がない」って
言わないようにしましょうね。

 

そう言ってしまうと、
本当になくなってしまいます。
口に出したことは、現実化しますから。

 

なので、

 

「時間の使い方がうまくいってなくて」

と、言うようにしてみてはいかがでしょう^^

 

 

それだったら、改善策はいっぱいあります。
”うまくいってない”なら
”うまくいく”ようにする方法が、

 

 

なんぼでも、ありまっせ ♪

 

 

ではいったい、どうすれば、
時間の使い方がうまくなるのでしょう。

 

 

まず第一歩、現状把握です。

可処分時間を計算してみましょう。

 

これ、うちの起業塾でも絶対にみんなにやってもらうんですが、
とにかく、自分がいま、一日をどのように使っているかを、把握してもらいます。

 

例えば

 

6:30 起床

朝ごはん、支度、化粧、など

8:00 子ども送り&通勤

8:30 仕事スタート

13:00 休憩

14:00 仕事スタート

18:00 子どもお迎え

帰宅、夕食、お風呂、家事

21:00 仕事、打ち合わせなど

24:00 就寝

 

 

これ、私の1日のスケジュールです。

 

こうすると、
どれぐらい仕事時間があるのかがわかりますよね。

 

8:30〜13:00の4.5時間、

14:00〜18:00の4時間

21:00〜24:00の3時間

合計、11.5時間、仕事しております。

 

 

まあ、会社の代表ですから
これぐらい働いて、当然ではないでしょうか。

 

これがわかったら、
何にどれぐらい時間がかかるかを、
把握します。

 

 

例えば、

 

ブログ1本 30分

メルマガ1本 20分

メール対応 30分

打ち合わせ 1時間 などなどなど

 

 

そうすると自ずと、自分が一日に
どれだけの量の仕事をできるの、
わかります。

 

案外、たくさん、仕事できますよね。
こうやってみると。

 

11.5時間あるんだったら、
ブログ、20記事ぐらいかけちゃう 笑

 

 

 

なので!!!

 

どうがんばっても、24時間以上の時間は与えられていないのですから、

 

 

1日をどう使うかを、
最初に決めておくこと。

”時間がない”ワードで、本来あるものを、
ないものにしてしまわないこと

 

 

これらを意識するだけで、
たくさん、仕事できますよ^^

 

 

今日もお読みいただき
ありがとうございます。

ザトレ主宰
ギール里映

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • コレだけは抑えておきたいビジネスの鉄則

  • 会いたい人に会いに行く

  • あなたの文章が読まれないのはモデリングのせい?

  • ライティングスキルアップの3つのワーク〜打倒意味わかんねー?!

  • 人から信頼を勝ち取る振る舞い方

  • 起業を長く続けるために必要なたった1つのもの