google-site-verification=DsiVCz8ISCszMJSVbIxwZiNY5A3qNp_NMtRwZrH1bS4
  1. TOP
  2. 食べトレとは?
  3. 離乳食情報の発信はじめます

離乳食情報の発信はじめます

こんにちは、ギール里映です。

 

子どもが生まれ変わる食事 vol.1425

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

毎週金曜日は離乳食情報をお届けします

ーーーーーーーーーーーーーーー

こちら、私のデイリーメルマガ
毎週金曜日は、離乳食に関する情報をお届けしていこうと思います。

 

 

✓ なぜ、離乳食なのか?

この、1歳までって
とにかくその子の腸内環境のベースが作られてしまう時期ですので、

一番いちばん大事な時期、なんですね。

 

にもかかわらず、
初めての出産ー育児で、何をどうたべさせたらいいかわからない、という、ママにとっても大混乱の時期でもあります。

 

しかも、この最初の1年でいい食生活のベースができあがっていたら、その後がどんどん楽になっていくのですね。

 

 

ついつい忙しくて、レトルトの離乳食に頼ったりすることもあると思います。
「レトルトのほうがよく食べるから」とか「栄養がしっかりしてそうだから」という理由で、選ぶ人も多いかもしれません。

 

 

ですが、

 

最初のこの時期に、レトルトに頼る生活をしてしまうと、あとから抜け出すことが大変になります^^;

だって、楽だからね。

 

だけどね、

 

楽をする、ということは

どこかでそのツケを払うってことなんです。

 

 

そのツケって、どこにくるのか?
それがもし、子どもの未来だったら?

 

うーん、考えただけでもオソロシイ・・・

 

 

離乳食のレトルト、魅力的に見えますが、
実はこれでは、味覚が育たないんですね。

 

子どもの食事が、大人の食事と違う大きなポイントは、この味覚教育、味覚の形成にあります。

 

レトルトでは味覚が育たない理由、それはその殺菌方法にあります。

 

 

レトルトの食品や、パッケージ化された食品は、食中毒の危険を回避するために、殺菌をします。

食中毒が出たら終わり!ですから
企業も一番神経を使うところですよね。

 

この殺菌、多くの離乳食では、

「加熱加圧殺菌」

という方法がとられています。

 

 

高温で長時間加熱することで殺菌をする、というものなんですが、これは、家庭の台所では再現できない加熱方法なので、

つまり

熱による味の劣化が、半端ない・・・(泣)

 

 

これでは、残念ながら、味覚が育ちません。
そこでまた化学調味料に慣れてしまうと、
それが入っているケチャップやマヨネーズなどの濃い味が大好きになっていき、味覚音痴になっていきます。

 

味覚音痴、つまり味覚障害、と呼ばれたりします。

ちなみに、国内での味覚障害の事例は、1990年には14万人だったのが、2000年代には24万人と、増加傾向にあります。

 

東京医科歯科大学の研究グループの調査では、塩味、甘味、酸味、苦味の4つの味のうち、いずれの味覚を正しく認識出来ない子どもが約

 

30%

 

という調査結果もあります。

 

(東洋経済オンラインより)

 

子どもたちの1/3が、味覚がわからない子になっているのかー……

 

このままの日本の食育では
味覚教育までされないじゃないですか。

 

タンパク質とかビタミンとか、そういう栄養の教育はあります。

 

また、

 

残さず食べよう、とか、
感謝して食べよう、季節のものを食べよう的な、文化や道徳、マナーとしての食の教育も、あります。

 

 

だけど、

 

味覚をしっかり育てるための教育というのは、学校や塾では、絶対にやってくれません。

 

なぜならこれは、各家庭にそれぞれおまかせされていたもの、ですから。

 

 

しかしその家庭の味も、レトルトになってしまった。

「お袋の味」と言われるお母さんの味が、

「レトルトの袋の味」になってしまうのかと思うと、やっぱり残念だなあと思います。

 

 

いやー、わかってます。レトルトがだめだよ、的な話をすると、炎上することぐらい。

どれだけ育児が大変かわかってるの?!?!

どれだけ料理が大変か、わかってるの?!?!

 

そういうお叱りをうけることは、百も承知です。

 

しかしね、私も子どもを育て、苦手な料理をしながら離乳食を乗り切ってきました。

でもレトルトに頼る、という発想は、一切なかったんです。

 

 

なぜなら、レトルトには
不器用だけどがんばってるかあちゃんの心がこもらない

そう感じていたからでした。

 

 

どうしても忙しいときとか、具合が悪い時とか、誰かに子どもを見てもらうときとか、仕方ない時は、仕方ない。

 

だけど、毎日の離乳食を、レトルトにしちゃうのでは、そのことで失うものが大きすぎる。

 

 

なので、ですね。

とにかくがんばるママにとって、レトルトの袋をあけるよりも簡単に作れる離乳食のヒントを、これから毎週金曜日にお届けしたいと思います。

 

 

お楽しみに!

 

 

本日もお読み頂き
ありがとうございます。

 

食べトレ代表
ギール里映

 

 

 

 

【即重版!好評発売中】

表紙.jpg

https://www.amazon.co.jp/dp/4820727397/

 

*amazon レビューを書いていただけたら、飛び上がるほどうれしいです!!

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 自分が何をしていいかわからず迷っているなら、まずは行動することをオススメします

  • 顔と体はつながっている〜見えトレ!大阪開催しました

  • 花まる学習会さんにて講演会を開催しました

  • 子どもは「悪い子」に育てなさい

  • 名古屋に行ってきました!食べトレ体験会でのビッグプレゼント

  • 夏休みの最後に、お母さんたちに絶対お伝えしておきたいこと