google-site-verification=DsiVCz8ISCszMJSVbIxwZiNY5A3qNp_NMtRwZrH1bS4
  1. TOP
  2. 食事と子どもの関係
  3. ベビちゃんのアレルギーとケーキ

ベビちゃんのアレルギーとケーキ

こんにちは、ギール里映です。

 

食べトレベイビーズ! vol.5

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

ケーキとアレルギーの話

ーーーーーーーーーーーーーーー

クリスマスはいかがお過ごしでしたか^^

 

ベビちゃんがいらっしゃる家庭なら、
最初のクリスマスということで
盛り上がったんじゃないかな、と思います。

 

こういう機会だから
初めて「ケーキ」に挑戦しました、

というご家庭も多かったんじゃないですかね。

 

「食事にとても気をつけている」

というご家庭であれば、
卵や乳製品を使わないケーキを
自分で作るか、買ってくるかされているかと思います。

 

 

こういうときに
食物アレルギーの有無がわかったりするので、ベビちゃんとケーキを食べるときは
気をつけてくださいね^^

 

アレルギーを引き起こす食品として
加工食品に表示が義務付けられている食品は、7種類あります。

 

たまご

牛乳

小麦

えび

かに

らっかせい

そば

 

ケーキに使われそうな材料ばかり、ですよね^^;

 

また、これに加えて、特定原材料に準ずるものとして、

あわび
いか
いくら
オレンジ
カシューナッツ
キウイフルーツ
牛肉
くるみ
ごま

さば
大豆
鶏肉
バナナ
豚肉
松茸
もも
やまいも
りんご
ゼラチン

 

が上げられています。
こちらも、ケーキに使いそうなものがありますね。

 

 

そして最近これに、

「アーモンド」が加わりました。

 

こういう指定原材料は
年々数が増えていきます。

 

今後は「米」も指定されそいうな勢いなのですが、そうなるといよいよ、食べるものがなくなってしまいます。

 

またこういう指定食品は、
対面販売のお菓子やパンなどには
表示の義務がなかったりします。

 

 

ぶっちゃけ、食の業界の情報の変化のスピードに、国も行政も法律もついていけてないのが現状で、

 

ますますそんな状況が加速しそうな勢いです。

 

 

どんどん食べるものがなくなる。

どんどん食べられるものがなくなる。

 

 

そんな時代に生き抜いていくんだ、ということを、冬休みの間に、親子で考えるきっかけになったらいいなと思います。

 

 

離乳食は、

ママにとっては気づきの一歩、

ベビちゃんにとっては
食との対面の一歩。

 

楽しみながら学び体験する冬休みですね^^

 

 

ではでは、良いお年をお迎えください。

 

 

本日もお読み頂き
ありがとうございます。

 

食べトレ代表
ギール里映

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 食べトレ講座4日連続開催でも疲れないヒミツ

  • あなたの料理が劇的に美味しくなる方法

  • 子供の好奇心をアップさせるためにもっとも必要なこと

  • 7月14日は世界が変わった日

  • 戦国時代三武将の出身地は?注:親勉メルマガではありません

  • 常識を破る食の可能性