座敷わらしが家にいる?!〜あなたの家のパントリーは誰が管理している?


こんにちは、ギール里映です。

 

 

子どもが生まれ変わる食事vol.495

 

 

 

 

私が食べる筋トレレシピの専門家として
多くのお母さんの悩みをきいていて
いつも一番

 

 

???なのが、

 

 

「うちの子、
どうしても甘いものが
やめられないんです」

 

 

というもの。

 

 

 

お子さんがもう小学校の
中学年以降で、

 

 

お小遣いをもらっていたり、
塾の帰りに寄り道したりするのであれば、
それもわからないでもないのですが、

 

 

 

2歳、3歳の小さいお子さんに対しても
こんな風におっしゃる方がいます。

 

 

 

はっきりいいますが

 

 

 

それは、
お母さん、もしくは
お父さんのせいですよ。

 

 

 

こどもだけでなく、
大人も、
人間は目に入ったもの
食べたい、と思う生き物です。

 

 

これは動物であれば、
本能なので仕方ありません。

 

 

だからお子さんが、
目の前にお菓子があったら、
それは食べたいと思うのは
至極当然のこと。

 

 

ではそのお菓子を、
家のなかに持って帰ってくるのは
誰?

 

 

 

座敷わらしが住んでいて、
こっそりお菓子を持って入ってくる?

 

 

わけでは、ないですよね?!

 

 

こどもがお菓子がやめられない原因は、
大人であるあなたにあります。

 

 

 

家にさえ置かなければ、
目にいれることがなければ、
こどもはむやみやたらに
お菓子を欲しがることはありません。

 

 

 

目に入ったものすべてを、
欲しがってすべて食べてしまう
というのであれば、
それは動物となんらかわりありません。

 

 

しかし私たち、そしてこどもたちは
人間なのです。

 

 

自分のために、
自分の未来のために、

 

 

食べない方がいいものは
食べない方がいいと判断し、

 

 

食べない決断ができることは、
必ずその人の人生を変えます。

 

 

みなさんはお子さんに、
どんな人生を歩んでもらいたいですか?

 

 

それによって、
あなたがお子さんに
どんな風に食べさせたいのかが
決まってきます。

 

 

「お菓子がやめられなくて」
と、
いつまでも言い続けますか?

 

 

それとも
正しい食べ方を選べるお子さん
育ってほしいですか?

 

 

決めるのは、あなたです(^_-)

 

 

 

 

え、決め方がわからない?
「そんなことを、言われても!」
と思った?

 

 

そんな悩みを解決するために、
食べる筋トレはあります。

 

 

2月は私にとって
1年のなかでもっとも特別な月。

 

 

 

父の命日、
母の誕生日、
そして私の誕生日と
トリプルの記念日が重なる
節目の月です。

 

 

その月を記念して、
2月のスペシャルプレゼント
「食べる筋トレ個別相談会」
無料にて行う企画を
ご用意しています。

 

 

この個別相談会では、

 

 

あなたが、なぜ悩んでいるのか、
その悩みの根元にあるものはなんなのか、
そしてそれを
どのように解決していったらいいのかを、

 

 

たっぷり90分、
ディスカッションするものです。

 

 

2月は特別なので、
多くの方にお届けしたいのですが、

 

 

実はわたくし、
1週間ほど日本を離れます

 

 

そのため、

 

 

2月8日〜2月18日までの
10日間限定、

 

 

誕生日23日にちなんで、
2+2+3=7枠限定で

 

 

 

明日夜21時のメルマガより
募集を開始いたします。

 

 

 

今日もお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

食べる筋トレレシピの専門家
ギール里映