google-site-verification=DsiVCz8ISCszMJSVbIxwZiNY5A3qNp_NMtRwZrH1bS4
  1. TOP
  2. 食べトレとは?
  3. 「砂糖はいらない」と5歳児が言えるのはなぜ?

「砂糖はいらない」と5歳児が言えるのはなぜ?

 

こんにちは、ギール里映です。

 

 

どもが生まれ変わる食事 vol.584

 

 

 

 

昨日、今日と2日間、
京都の実家に帰省しておりました。

 

通常はGWなどという、
殺人的混雑ぶりを見せる時期には
近づかないのですが、

 

先月手術をした母の
様子を確認したくて
弾丸帰省をいたしました。

 

母は順調に回復しており、
少し不便はあるものの
元気に暮らしております^^

 

さて昨日、
あるイタリアンレストラン
家族で食事をしたときのこと。

 

ちょうど2年前、息子が3歳の時
同じレストランに行ったのですが、

 

その時はパンと
ピザの耳しか食べなかった息子。

 

 

とにかく用心深い性格なので、
初めての食べ物
食べるようになるには
とても時間がかかるのです。

 

 

そして2年後の今日、
やっと人並みに、
ピザを食べたり、
パスタを食べたりできるように
なりました。

 

 

「子どもが偏食で
食べないんです」というと、

 

 

多くの人は
「そのうち食べるようになるから
心配いらないよ〜」
なんていいますが、

 

 

実はこの「そのうち」が
最近おかしなことになっています。

 

 

は、食べ物の選択肢が
今よりも少なかったので、
嫌いなものでも毎日でれば
そのうち食べるようにも
なるのですが、

 

 


「これを食べないなら、あれ」
という風に、
とにかく選択肢が多すぎる

 

 

その結果、

 

「こどもが食べるものだけを
与えてしまっています」

 

 

「お菓子ばっかりを
食べるようになっちゃって
困っています」

 

 

とおっしゃるお母さんが
あまりにも多い。

 

 

こどもが、そのうち食べるようになるのは、
お母さんがまともなものを
出し続けた結果に限ることを
忘れないでくださいね。

 

 

かといって、
あまりにも何も食べないと
心配になりますよね。

 

 

しかし、こどもがすぐに
なんでも食べるのは
むしろ当たり前ではありません

 

 

生まれたばかりの赤ちゃんは
母乳(もしくはミルク)しか
飲まないものですが、

 

 

それから生後6ヶ月ぐらいで
離乳食を始めます。

 

そこで毎日、
いろんな食材を
試すわけですが、

 

 

そんな急に、
いろいろ食べるようには
なりません、って。

 

 

フランスのある調査では、
こどもが新しい食材を
食べるようになるまでに、

 

平均15回、
その食材を「目にする」
ことが必要だと
しています。

 

 

だから1回、2回出してみて
食べなかったからといって、
そんなの、どうってことない。

 

 

とにかく15回
根気よく見せるだけで
大丈夫。

 

 

この時心折れて、
こどもが食べるお菓子やレトルト、
ファーストフードに走ってしまうと、

 

 

その15回ルールは
適用されなくなるので
ご注意ください。

 

 

そんなわけで
我が家の5歳児、
根気よく15回ルールを
つらぬいたところ、

 

 

人並みにピザやパスタを
食べるようになりました。

 

 

またそれだけでなく、
デザートを食べるかどうか
聞いてみたら、

 

 

「砂糖が入っているから
いらない」と、

 

 

自分から選ぶことが
できました。

 

 

5歳児でもこうやって
「何を選ぶか」
学んでいるのです。

 

 

それを
「こどもは、甘いものが好き」
という勝手な思い込みで、
ついつい甘いものをあげてしまい、
砂糖中毒にさせている例が
あとを絶ちません。

 

 

飽食の時代、
情報過多の時代、
なんでも、
ものが溢れすぎる日本。

 

 

そのなかで、
何を、どう選ぶか、というスキルは
何よりも重要なことになると
私は確信しています。

 

 

自分にとって、
何がよいのか、

 

自分にとって、
何がよくないのか、

 

それらを選ぶとるチカラを、
ぜひぜひお子さんに
身につけさせてあげてください。

 

 

そのためにはまず、
親であるあなたが、
そのチカラを身につけないと
いけません。

 

 

なぜなら食べ物の選び方は、
学校でも、
家庭でも
学ぶ機会がないからです。

 

 

食べる筋トレ・インストラクターは、
こどもたちに「選ぶチカラ」
身につけてもらうために、

 

 

まずは自らで
食べ物の選び方を
学びます。

 

 

学んで、実践したうえで、
それを人に伝えていく
そのような実践型の
インストラクターです。

 

 

そのため、
1日、2日で
資格がとれてしまうような
手軽さはありません。

 

 

6ヶ月の時間をかけて、
学び、実践し、記録に残し、
それを人に伝える訓練を
していきます。

 

 

ちゃんとした
ビジネスの本質を知り、
納得したうえで
自分のビジネスを作っていきたい

 

 

そう願う方たちの
お役にたてるクラスとなっています。

 

 

お子さんに、
選択できる未来を手渡したい。

 

 

だったらその選択方法も
手渡してあげてくださいね。

 

 

 

===========  

 

こどもの未来は、
食事で変えられる!

 

私はそう信じています。

 

 

今日もお読みいただき
ありがとうございます。

  

 

食べる筋トレレシピの専門家
ギール里映

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • おつかれのカラダ、アタマ、そして腎を整えるには

  • ハードルがたかそう…どんな人が食べる筋トレを学んでいるのですか?

  • 最近全力で楽しんだことってなんですか

  • 子どもの自立のタイミング、結果は?

  • 9割のお母さんが子どもの食事に悩んでいること

  • 自己肯定感をあげるマジックワードは、こう使う〜ただ口に出すだけではとどかな