google-site-verification=DsiVCz8ISCszMJSVbIxwZiNY5A3qNp_NMtRwZrH1bS4
  1. TOP
  2. オススメ情報
  3. 史上最強の不味いを体験!ロンドンで味わった敗北感

史上最強の不味いを体験!ロンドンで味わった敗北感

こんにちは、ギール里映です。

 

子どもが生まれ変わる食事 vol.1236
 

=================
やっと見つけた「自分」とは
=================

令和!

昨晩、うちの7歳時に、
「元号って、知ってる?」
と訊いてみたところ、

 

「うん、知ってる。新しいエンペラーでしょ。令和だよね」

と、言われてしまいました。

 

すごいな、7歳児。
完全に、なめてかかってました。
ごめんなさい。

 

そういえば、昭和から平成に変わったとき、
私は高校生だったと記憶しています。

 

うむ。なんの興味もなかったな 笑
友達の家でテレビをみながら、
ふーん、っていう感じだったのを覚えています。まあ、女子高生って、こういうこと興味ないでしょ、あまり、多分。

 

さてさて。

 

さてここ数日、私、代表ギールのプロフィールをご紹介させていただいております。

最初からお読みになりたい方は、
こちらをどうぞ^^

 

<1>

信念をもって食べトレを伝えている本当の理由~代表ギールってこんな人

https://www.agentmail.jp/archive/mail/661/2005/245814/

 

<2>

デブなのに貧血だった暗黒の小学生時代

https://www.agentmail.jp/archive/mail/661/2005/246062/

 

<3>

デブは病気である?!~ダイエット&リバウンドを繰り返す高校時代

https://www.agentmail.jp/archive/mail/661/2005/246304/

 

<4>

1週間で完売!福岡で食べトレ旋風
(大学、ラクロス部時代)

https://www.agentmail.jp/archive/mail/661/2005/246539/

 

<5>

人生最大の挫折の先にはバブル崩壊、そして過食

https://www.agentmail.jp/archive/mail/661/2005/246796/

 

<6>

負け犬人生

https://www.agentmail.jp/archive/mail/661/2005/247171/

 

 

ロンドンに留学して、最も衝撃をうけたものの一つに、食事がありました。

 

「イギリスの食事って、まずいよね」

これ、世界共通の認識になっているぐらい
有名な感じですよね。

 

こんな、表現があります。

 

Heaven is
an American salary,
a Chinese Cook,
a British Home,
and a Japanese Wife.

 

Hell is
a Chinese salary,
a British Cook,
a Japanese House,
and an American Wife.

 

天国は:
アメリカで給料をもらい
中国人のコックを雇い、
イギリスの家にすみ
日本人の妻を持つ。

 

地獄は:
中国で給料をもらい、
イギリス人のコックを雇い、
日本の家に住み、
アメリカ人の妻を持つ

 

つまり、イギリスの食事がまずいということは、もう、覆しようのない事実なのです。

 

そんなところに移り住んだ私。

ちなみに私、京都の、老舗料理屋の娘です。

美味しいもの食べて育ってきました。

美味しいもの食べるのが好きなタイプです。

 

 

そこで、イギリスのごはん。

 

とーにーかーくー!味がない。

フレイバー、と申しましょうか。
塩振ったらいいってものじゃなくて
とにかく何を食べても、味がない。

 

食べられないぐらいまずい、
ってこういうことか!

 

でした。

 

 

1時間ぐらい茹でたパスタとか
ぐにゃぐにゃになった野菜とか
とにかく、味がないんです。

 

どこで何を食べても、まずかった。

 

美味しいものを食べようとすると、外食だととても高くなるので、ほとんど自炊をしていました。

 

留学生だからキッチン用品もあまりもってなくて、炊飯器も、電子レンジも、なにもない。あるのはべこべこになったテフロン加工の鍋が2こと、グリル付オーブン。

 

しかも勉強に忙しくて料理をじっくりする暇もない。

かといってスーパーでお惣菜を買ってきても美味しくない。

デリバリーの中華やケバブは油っぽすぎてむり。

自炊、するしかないけど、時間ない。

 

 

えーい、もういいや!

となって、コーンフレークを朝晩食べるようになりました。

そしてランチには、学校のカフェでカンタンなサンドイッチを食べる。

 

こんな食生活が続きました。

 

「美味しいものを食べる」という楽しみを、イギリスにきて放棄しました。

そこに執着していたら、手に入らないからつらいんです。

 

案外、できるものです。
だって、美味しいものを手に入れるのが
本当に無理だったのです。

 

ただし、誤解なきように。

 

今のイギリスは、とても美味しくなっています。人々が食を楽しむようになり、美味しいお店もたくさん増えました。

相変わらず外食は日本と比べてとても高いですが、美味しいものは、食べられる。

 

だけど当時留学生の私は
そんな高いご飯は食べられるはずもありません。

 

「世の中には、食べられないぐらい不味いものがある」

 

というのは、人種差別、階級差別とともに、私に大きな衝撃を与えてくれました。

 

自分がこれまでにいた世界が、なんと小さい世界だったのか。

京都で、私立のお嬢さん学校で、
ぬくぬくと育った私は

 

言葉もわからない、

頼れる人もいない

食べ物も美味しくない

そんな異国の地で、自分探しの旅を続けていきました。

 

 

渡英して半年ほどたったある日、
あまりにも、周りの人が話す言葉が聞き取れず、いいかげん、うんざりしていたころ、

 

そのうんざりが、怒りに変わりました。

 

自分に対して、どうしようもない怒りがわいてきて、自分ギレ、してしまったんです。

 

その時の様子はあまりよく覚えてないのですが、さすがに怒りマックスでいかったあと、その怒りが収まったときに私が感じたことは、

 

「ま、いいか」

 

でした。

 

怒っても仕方ない。

理解できないものは、仕方ない。

もう、そういうものだと思って、受け入れよう。

 

そんなふうに思うことができるようになりました。

 

すると、ですよ。

不思議なんですが、ついに、いよいよ、周りが話している言葉が、わかるようになり始めたのです。

 

そして、もっといえば、相手の言っていることがわからなくても、動じなくなることができました。

 

「ま、いいか」って。

 

 

ある意味、諦めといいますか、
なんせ、負け犬でしたから、
もう悪あがきをやめて、
自分のことを認めることができたとたん、

 

いろんなことが、全て楽になって

 

差別も、食事も、言語も、
まったく気にならなくなりました。

 

 

不思議なものですよね^^

 

そしてついに私は、

探していた「自分」を見つけることができたのです。

 

私が何を見つけたのか?

続きは明日(^_-)-☆

 

 

本日も、お読みいただき
ありがとうございます。

 

ギール里映

 

 

 

=協会主催の講座は現在日程調整中です=

*インストラクター養成講座

協会主宰は、夏以降になります。

各インストラクターのページをご確認くださいね。

https://tabetoreshop.com/

 

*食べトレ望診法講座「見えトレ」

次回、東京開催を予定しています。

こちらも詳細を今しばらくお待ちください。

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 5月の食べトレディオは…落語家さんにお話うかがいます

  • あなたは子どもが風邪をひいたら薬を飲ませますか?

  • 【質問】どのぐらいの期間やってみたらいいですか?

  • 料理を美味しくする盲点〜まさか○○がそんなに味に影響するとは!

  • ひつまぶしを食べにちょっとそこまで〜美味しいもの食べてる?

  • 【キャンセル発生】秋突入!子どもの最強のやる気を創り出す個別相談会