1. TOP
  2. 起業塾ザトレ
  3. 人のココロは、どうやったら動くのか

人のココロは、どうやったら動くのか

愉しむ起業塾
The Training(ザトレ)主宰 

 

ギール里映です。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

感動するって、なぜ?

ーーーーーーーーーーーーーー

「最近、めっちゃ感動したことがありました!」

って、すぐになにか、思い当たりますか?

 

 

私は、コレです、この本。

「恋文賛歌」(鬼塚忠さん著)

IMG_1554.JPG

こちら、第二次世界大戦時の恋愛を描いた物語なんですが、もう、とにかく、一気に読んでしまわないと気がすまない本で、

一晩でよみきってしまいました。

 

ストーリーはネタバレなので詳しくは書きませんが、戦争のなかで、ある男性と女性の恋のものがたりを、戦争という状況を交えながらも伝えてくれる、とても美しい本なのです。

 

もしまだ読まれてない方は、ぜひ!

 

 

ともあれ、今日は本の紹介をしたいのではなく、「感動する」ってどういうことかを、考えたいな、と思います。

 

感動、つまり、感覚が動く、です。

ココロが動いたことをいいます。

 

本でも、話し言葉でも
人が感動するには、
2つのポイントがあると思っています。

 

 

まず、1つが

言葉のチカラ。

 

同じ意味を伝えるのでも、
それを表現する言葉が違うと
受け止め方も感動の度合いも、がらっと変わります。

 

語彙、といいますか、
豊かな言葉遣い、ともいいますか、

 

ちょっとした言葉の使い方で
相手がうける印象が、がらりと変わってしまいます。

 

例えば、誰かにアドバイスするときに、

 

なんでこんなこともできないの?

こうすればいいじゃん。

 

というのと、

 

 

そうすることも悪くなかったけど

こっちにしたらもっとできると思うよ。

 

 

というのでは、
伝わる意味やニュアンスが、全く変わります。

 

これをよく考えてあるのが
PEPトーク7日もしれません。

 

 

 

 

そして、もう一つが

ストーリーのチカラ。

 

 

ストーリーとは、物語のこと。

これ、なんというか、
人によって千差万別で、

 

同じ内容を語っていても、
人が違うと、意味や伝わり方がかわってくるものです。

 

例えば、「食事が大事だ」ということを伝えたい、と思ったときに、

Aさんは、「うちの子がアレルギーがひどかったけど、食事を変えることで改善できた、だからこの方法を、多くの方に知ってもらいたいんです」

 

というのと、

 

Bさんのように、「ひっこみ事案だったうちの子が、毎日ぱくぱく食べてくれるようになったことで、もっと学校を楽しめるようになったから、この方法を多くの人に知ってみらいたい!」

 

 

というのでは、

「この方向を多くの人にしってもらいたい」

は同じ、

 

 

その背景に乗っかっているストーリーが、全く違います。

 

人はそのストーリーに共感したり、
共鳴したり、
憧れたりするわけですね。

 

 

 

この、言葉のチカラ、ストーリーのチカラは、私が生徒さんをサポートする際に、一番気をつけていることでもあります。

 

 

そして昨日は、

私が主宰する起業塾ザトレに
スペシャルゲストをお招きして、

 

 

この、両方を底上げするための
特別講義を開催しました。

 

 

講師は、

トークスキルラボ主宰

梅村みずほさん

IMG_1609.JPG

 

(前列左から2番めの美女です)

 

 

みずほさんは元アナウンサーで、
話し方のプロ!

 

しかし、ただただうまく話すことができるのがアナウンサーではなくて、

 

いかに人のココロに伝わるように伝えることができるか、が、プロのチカラなんだと思います。

 

その、厳しいアナウンサーの世界で培ったノウハウや、マインドや、

またそこに加わるみずほさんの鋭い洞察や考え方など、

 

 

とにかく盛りだくさんで、3時間では足りない足りない!ぐらいな、濃厚な学びの時間となりました。

 

 

みずほさんいわく、

「人には、その人にしかないフィルターがあります。
それを通してものを伝えるから、
人はココロを動かすのです」

と。

 

 

まったく、そのとおりだと思います!

 

 

そしてこのフィルター、自分でどんどん作ったり、バージョンアップしたり、
発見したり、することができる。

 

 

そこに関わるのは
自分との「対話」なのだそうです。

 

 

トークスキル、ときくと、ついつい、
うまく話せるようになるためのトーク術、と感じてしまいますが

 

本当は、自分との会話、対話を通して
自分をみつめて掘り下げるためのチカラ、でもあります。

 

みずほさんのトーク論は、

ほんとうに面白い。

すんごく、納得。

 

 

「どうやったらもっと、
うまく伝えられるようになるんだろう?」

と思っているのであれば、

 

 

一度みずほ節を、体験してみてくださいね(^_-)-☆

 

こちらでみずほ節が炸裂しています。

http://talkskill.jp/talkmaga

 

 

 

今日もお読みいただき
ありがとうございます。

ザトレ主宰
ギール里映

 

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 言葉で表現できること、できないこと

  • どんなダンドリで、4ヶ月で成果がでるの?

  • スピードライティング〜やる気の出る文章とやる気を奪う文章を生み出す書き手のチカラとは

  • 成果出すために必要な時間

  • 集中力を瞬時に高める方法〜場所のアタリマエの基準を高めよう!

  • わー、ごめん、瞬殺でした