google-site-verification=DsiVCz8ISCszMJSVbIxwZiNY5A3qNp_NMtRwZrH1bS4
  1. TOP
  2. 夢を叶える起業
  3. なかなか成果がでない人の3つの間違い

なかなか成果がでない人の3つの間違い

ーーーーーーーーーーーーーー

素直な人が成果だす、当たり前だけど

ーーーーーーーーーーーーーー

あなたは、
スポーツされますか。

 

サッカーだろうと、テニスだろうと
ソフトボールだろうと、水泳だろうと
何でもいいですが、

 

やるからには、上達したいですよね。
オリンピックに出られるレベルにならなくとも、自分が心地よく楽しめるレベルに、上達したいと思いませんか。

 

 

例えば、テニス。

 

ラケットを買って、靴を買って、
ウエアを揃えて、

テニスコートにいって。

 

それだけでは、うまくなりませんよね。
先生がいなければ。

 

独学でスポーツをやろう、って
まあまあムリだし
下手したら怪我したり、
却ってカラダを壊したり、

 

またへんなフォームが定着して
癖がついたり、
ろくなことがないばかりか、

 

 

テニスって、一人ではできません。
必ず相手がいるものです。
しかし、大体の人は先生について学ぶので、
独学でテニスやってる人が勝てるチャンスは、少ないですよね^^;

というか、太刀打ちできないです。

 

 

だから、やっぱり、
ちゃんとその道の先輩に習う、学ぶって大事なことだと思うのです。

 

 

 

さらに、です。

 

 

先生が、

「あなたは、◯◯をやれば、上達しますよ」

とか

「素振りは毎日100回はやってくださいね」

 

と、アドバイスを下さったとします。

 

 

 

このアドバイスに対して、

「◯◯って言われても、それ私はリーチが短いから無理だな」

 

とか

 

「素振り100回、私にはムリなんで、10回でいいかな。それも毎日はムリなんで、週に2日で」

 

とか、

 

 

先生の言うことを聞かずに、
自己流、自己判断でやっていたら
この人は、上達すると思いますか。

 

もし、本気で上達したいなら、

 

「◯◯をやってみたらいいんですね!ではそれをやった上で、XXと□□もやってみます」

 

とか

 

「素振り100回、了解です!
まずやってみます。
だけど早く上達したいので、私は200回やってみます」

 

 

というように、
言われたことを素直にやる、に加えて、
それを誰よりもやろうとすることって、大事ですよね。

 

 

 

また、さらに。ここからがまあまあ、重要です。

 

 

あなたは
やったことを、ちゃんと先生に報告しますか?

 

やったこと、やってみたことを記録して、
それを先生につたえ、
そこからさらにフィードバックをもらい
改善改良していく。

 

だから、上達する。

 

 

こういう流れが、物事が上達する基本です。

 

 

これを、ビジネス、起業に置き換えてみましょう。

 

 

1つめの間違い:「自分でやってみます」

起業初心者は、個人的に絶対に起業塾に入るか、ビジネスコンサルをお願いするほうがいいと思います。

 

周りの人達で売れている人たちは
全員先生から学んでいるのに、
自分だけが丸腰では、勝てるはずがありません。

 

 

独学は、少し自分ができるようになってから、でいい。
まずはしっかり基礎をやること、型を覚えて、できるようになること、コレ鉄則です。

 

 

 

そして。

 

 

2つめの間違い:言われたことをやらない

 

せっかくアドバイスをもらっているのに、それをいろんな理由でやらない。

 

「家族が反対しているから」

「子どもが家にいて、わちゃわちゃしているから」

「他の仕事が忙しいから」

「やり方がわからないから」

「私にはムリだと思うから」

 

 

理由はいろいろありますね。できない理由を作り出すのは、私達って上手なんですよ^^;

 

私だって、今朝ヨガチャレンジ中ですが、
毎晩1時近くまでミーティングして、それから残った仕事片付けて、

朝は5時に起きてヨガ、というルーティンですが、

朝はいろんな理由を考えて、寝ていたい欲求と戦いますもん。

(1日ぐらい休んでもな・・・今日筋肉イタイから、休んだほうがいいかも・・・うんぬんかんぬん)

 

いやいや、だけど、
まずは素直にやろうよ。提案してもらったことを。

 

もしやらないんだったら、その提案してくれた人の時間や労力、頭脳は、無駄だったということになります。

 

 

そして、最後。

3つめの間違い:報告をしない

 

やったのか、やらなかったのか

できたのか、できなかったのか、

どう感じたのか

どんな結果があったのか、

それを踏まえてどうしたいか

 

 

そんな報連相を、アドバイスをくれた方に送っていますか。

送っていなかったら、そりゃ、わかりませんって。監視カメラで行動をいちいちチェックしていませんから^^;

 

 

だけど、提案したことに対する行動の結果という報告がないと、

 

「それ、やってません、なぜならあなたからの提案は、大事な提案と受け取らなかったからです」

 

という、無言のメッセージを発していることになります。ぎょー

 

 

そりゃ、これじゃ、人間関係の構築ってむずかしいですよね。

だけど、これ、とっても当たり前のことだと、思いませんか。人として。

 

 

私達は、人のご縁で生かされております。
大切な人からの大切なアドバイスを頂いたら、

 

それは自分の頭で考えず、
素直にまずやってみること。

その上で、結果や感じたことを
アドバイスをくださった方にしっかりと報告すること。

 

それが、何においても
成果を出せる人と出せない人の
大きな違いとなります。

 

 

今日もお読み頂き
ありがとうございます。

 

 

ギール里映

 

 

 

=====ライン公式アカウント

linecp.png

LINE公式アカウントはじめました!
%%%_LINK_21605_%%%

 

 

 

===<バックナンバー

https://taberu-kintore.com/?cat=976

こちらから過去のメルマガ読めます

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • そこに情熱はあるのか

  • GW目前!お疲れのパパ&ママへ、疲れが吹っ飛ぶ3つのヒミツ

  • メルマガがなくても、月商7桁は達成できる

  • こどもとのお出かけや旅行に絶対必要なマインドセットとは?

  • その時間の使い方、もったいない?!

  • メルマガ発行4周年!食べトレファンの皆様へプレゼント