1. TOP
  2. 【感想】思春期の子どもが少し落ち着いてきた

【感想】思春期の子どもが少し落ち着いてきた

こんにちは、ギール里映です。

 

 

 

子どもが生まれ変わる食事 vol.410

 

 

今朝は東京、
久しぶりの大雨に襲われました。

 

 

雨が降る寒い日は、
肌感覚で昔住んでいた
ロンドンを思い出します。

 

 

私がイギリスに暮らしていたのは
学生時代、22、3歳のころなので、

 

 

実はかなり昔の
話になってしまうのですが、

 

 

今思い出しても、
当時はカゼばかりひいていて、
そしていつも疲れていました。

 

 

(22歳なのに!!!)

 

 

今から思えばそれは当たり前。
なぜなら当時は学生だったので、
なるべく食費を安くするために、

 

ファーストフードばかり食べていました。

 

 

朝ごはんはトーストとコーヒー。

 

 

ランチはサンドイッチと
チョコレートバー。

 

 

学校が終わったらお茶して、

 

 

晩御飯は手軽に
パスタやピザ、

 

ケバブやハンバーガーも
よく食べました。

 

 

そして、何事に対しても
よく怒っていました。

 

 

バスがなかなか来ないことに怒り、
レストランで注文を間違えられて怒り、
電話屋さんにクレームの電話をかけて怒り、

 

とにかく何かに対して
常に怒っていた記憶があります。

 

 

留学自体は楽しく、
勉強も熱心にやってたのですが、

 

 

なんせこの自分のひねくれた面は、
自分で気づいていながらも
どうにもすることができず、
もんもんとしていたのを覚えています。

 

 

若いから、悩むこともありますよね。

 

 

それでも、「変なものを食べている」
という意識はなかった
し、

 

 

もっといえば、
そんな「変なもの」が
あちこちに売られているはずがない、
と思い込んでいました。

 

 

今から思えば、
なんて無知だったんだろうと、
当時を振り返って感じます。

 

 

そんなことを今日は、
雨模様の空を見ながら
思い出していました。

 

今日は当時の私より少し若い、
高校生のお子さんがいらっしゃる
お母様をご紹介します。

 

 

食べる筋トレの受講生は、
だいたい0歳から12歳ぐらいまでの
お子さんを持ったお母様が
多いのですが、

 

 

M.I.さんは、中学生、
高校生のお子さんをお持ちです。

 

 

食べる筋トレの食事を始めて、
1ヶ月ほど経ちました。

 

 

ご本人はフィットネス系の
インストラクターをされており、

 

 

人のカラダや健康に関わるお仕事がら、
やはり食事も必要だと感じて
講座に参加されています。

 

 

Iさんより、

 

 

「1時間のレッスンをしたあとも、
疲れなくなりました。

 

 

持久力がついて、
パフィーマンスがあがったと
感じています」

 

 

という、嬉しい感想をいただきました。

 

 

そして、気になるお子さんの変化は、

 

 

「高校生の息子、
反抗期なので普段は
口も聞いてくれず、

 

口をひらけば悪い口を
きくような子なのですが、

 

 

最近少し落ち着いてきて、
普通の会話ができるように
なってきました!」

 

 

というご報告を
いただきました。

 

 

お子さんの反抗期は、
あって当たり前だし、
むしろないと心配なぐらいです。

 

 

しかし、私がそうだったこともあるのですが、
なんだかいつも不安定で、
なんだかいつも不満を抱えている
なんだかいつもイライラする
状態が続くことは、
決していいことではありません。

 

 

人は、毎日食べるものが安定することで、
ココロが安定していきます。

 

 

そして毎日食べるもののなかでも、
一番たくさん食べる主食
つまりお米の食べ方が安定すると、
確実にココロとカラダに1本の
芯が通ります。

 

 

食べる筋トレでは、
主食の食べ方
とても大切に考えています。

 

 

なぜなら、農耕民族である私たちは、
米を作り、食べることで
歴史を育んできました。

 

 

昨今、糖質制限や
グルテンフリーなど、
あれもこれも食べない、というような
食事法がありますが、

 

 

それらを取り入れる前に
一度ちょっと考えてみてほしいのは、
毎日の「主食」の食べ方なんです。

 

「あれ食べない」
「これ食べない」
を決めることも大事ですが、

 

 

「何を食べる?」
「それをどう食べる?」
ということも
意識していただければな、と思います。

 

 

例えば、
糖質制限やってます、
しかしあとは、
糖質さえはいっていなければ
なんでも適当に食べます

 

 

というのでは、
短期的になんらかの
変化はあるかもしれませんが、
それって一生続けられる
食事方法
でしょうか?

 

 

食事は毎日食べるもの。
そこのベースが安定することで、
ココロが落ち着き、
カラダに芯が通ります。

 

 

みなさんのお子さんや、
ご自身がもし、

 

 

「なんだか、最近
ココロが不安定だなぁ」
と感じているのなら、

 

 

「主食」の食べ方を、
一度見直してみてください(^_−)−☆

 

 

今日もお読みいただき
ありがとうございます。

 

kobetu.001.jpeg
http://taberu-kintore.com/?page_id=1280&1111
詳細はこちら

 

 

食べる筋トレレシピの専門家
ギール里映

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べる筋トレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べる筋トレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 『子どものアタマは食べて育てる!食べる筋トレセミナー』開催のお知らせ

  • アタマがいい子って、どんな子?

  • 「有機」だから安心、ではありません

  • こどもはしょっちゅう風邪をひくもの、ではありません!背中を見せるママであろう!

  • あなたのソウルフードはなんですか?

  • 妊娠さえすれば、もう食事は考えなくていい?わけはない