1. TOP
  2. ”はやく食べなさい!”とつい言ってしまうあなたへ

”はやく食べなさい!”とつい言ってしまうあなたへ

こんにちは、ギール里映です。

 

 

子どもが生まれ変わる食事 vol.800

 

 

今年のクリスマスには、
こどもに自己肯定感をプレゼントしよう!

 

そんな想いで、
今月のテーマは「自己肯定感」です。

 

 

こどもの心をずたずたにする
呪いの言葉 笑

食べる筋トレ編 その1:

 

はやく食べなさい!!!

 

この言葉、私も、なんども、つい言ってしまう言葉です。

 

この言葉を言ってはいけないということは
ちょっと子育てや育児のことを考え、
本を読んだりブログを読んだりしたことがある人なら、
大体は、知っていることかもしれません。

 

 

だけども、”つい”言ってしまう、
というのが、ママたちの本音ではないですか。

 

これをなんとかして言わなくてもいいようになりたい。
その時に私が実践していることを
ご紹介します。

 

 

まず、
「全部たべさせなくちゃ」

とか
「バランス良く食べさせなくちゃ」
という思考を、手放しましょう。

 

私たち親は、とにかくうるさくいいですです。

アレもコレも食べろ、
美味しいから、
体にいいから、
食べないともったいないから、
せっかく作ったから、
せっかく頂いたから、

 

とにかく何らかの理由をつけて
「食べなくてはならない」
思い込んでいます。

 

 

これ、思い込みなんです。

 

 

そんなに、やっきになって食べなくてもいい。

 

 

大人は、頭で食べます。
なんらかの理由を作り出し、
食べなければならない、と思い、
そして無理矢理にも食べることができる。

 

しかし子どもたちは本能で生きているので、
そんな、理由なんて知ったこっちゃありません。

 

食べたい時に食べ、
おなかいっぱいになったらやめる。

 

その、動物としての大前提を無視して、

 

「食べなければいけないから、食べて」では
通用しないんです。

 

もし現実に、朝時間がないとき、
早く食べて欲しい、と思うのであれば、
きちんと、いつまでに食べて欲しいか
具体的に伝えましょう。

 

「時計の針が、ここまで来たら、
食べるのをやめていこうね。」

 

「(タイマーをセットして)あと5分、
このタイマーがなったら食べ終わろうね」

 

そんな風に、具体的に伝えてあげよう!

 

もちろん、ママたちにも余裕がない、それも、わかります。

 

だけど、ママの使う一言で、
家の空気が変わります。

 

だから無理矢理、全部、食べなくたっていいんです。
全部食べられなくて、後でお腹がすいたら、

 

”たくさん食べないと、あとでお腹がすくんだ”

 

ということを、こどもは学ぶことができます

 

ただ、それだけなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーー

 

子どもたちに、最高の未来を手渡そう!

 

 

こどもの未来は、
食事で変えられる!

 

私はそう信じています。

 

   
今日もお読みいただき
ありがとうございます。

  

食べトレプロデューサ
ギール里映

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べる筋トレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べる筋トレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 自分だけがよければいいと思っているワナ

  • ”食育をやっている”方が陥る落とし穴

  • 1年の命運は今決まる!大人と子どもの食べ方の違い

  • やっても意味のない3つのインフルエンザ対策大公開

  • うちの子のぐずりは正常?異常?

  • 好奇心を創りだす食事とは?〜取り扱い注意!!