google-site-verification=DsiVCz8ISCszMJSVbIxwZiNY5A3qNp_NMtRwZrH1bS4
  1. TOP
  2. 子どものタイプ別
  3. ぐずりやすい
  4. もうすぐハロウィン!お菓子食べ過ぎに備えておきたい?!

もうすぐハロウィン!お菓子食べ過ぎに備えておきたい?!

こんにちは! ギール里映です。

 

子どもが生まれ変わる食事 vol.395

 

 

ハロウィンの準備は、おすみですか?

 

 

10月ももうすぐおわり!
明日はうちの息子、
学校でハロウィンパーティです。

 

 

仮装が必須のパーティなので、
毎年衣装をどうするか
悩むのが親の仕事…

 

 

当の本人は、とっても待ち遠しいらしく、
毎日「明日だよね?明日だよね?」
ときいてきて、
ウキウキを隠せない様子です。

 

 

すっかり定着したハロウィンなのですが、
このイベントの意味って
どこまで浸透しているのでしょう?

 

 

ただの仮装のお祭り
と化しているハロウィンですが、

 

 

発祥はケルト人
つまりアイルランドやスコットランド。

 

 

10月31日には
秋の収穫を祝う収穫祭が
行われているのですが、

 

 

その1年の終わりの日の夜には
先祖の霊や悪い霊がやってくると
信じられ、

 

 

 

秋の収穫を祝うとともに
悪い霊を追い払う宗教的な
意味合いのお祭りも
行われていました。

 

 

 

現在では、カトリック教会で
11月1日に行われる
「諸聖人の日」の前夜に
行われるお祭りとして
認知されています。

 

 

つまり簡単にいうなれば、
日本でいう「お盆」のようなもの。

 

 

死者の魂がこの世に
戻ってくると考えられているため、
その期間に御墓参りをしたり、
なくなった人に祈りを
捧げたりします。

 

 

(今日のトレンドニュース
http://trend-news-today.com/2237.html より)

 

 

ハロウィンの伝統として、
子どもたちは仮装をして、

 

 

「Trick or Treat」
(お菓子をくれないと
いたずらをするぞ!)

といいながら家のドアをノックし、

 

 

お菓子を集めてまわるというのが
子どもたちの楽しみになっています。

 

 

もしお菓子をあげないと、
玄関に卵を投げつけられたり、
いたずらをされてしまうので、
お菓子を用意しておく、
というのが伝統的だそうです。

 

 

さすがに日本でそこまでやってる
子どもたちは少ないと思いますが、

 

 

おやつを食べる習慣だけは
伝わってくるんですよね。

 

 

こんな風に楽しむおやつ、
ぜんぜん、食べていいんですよ。

 

 

せっかくのイベントや
文化を楽しむためのおやつ、
少々甘いものを食べたり
クッキーを食べたりしても
それはそれで、いいじゃないですか

 

 

そのあと、すがすがしく
リカバリしてあげることができれば!

 

 

このメルマガをお読みの方は、
「砂糖はよくない」
ということを
すでに知っている方が
多いかな?と思いますが、

 

 

だからといって、
砂糖を食べても「悪」!!!
ではないのです。

 

 

即死するわけではありません。

 

 

大切なことは、
毎日食べることを習慣にしないことと、

 

 

食べるんだったら、
ちゃんと毒消ししてあげてほしい
ということ。

 

 

こういうイベントで
ついついお菓子を食べちゃった、
という場合には、

 

 

食べた後に、梅干しをあげてください。

 

 

梅干しを子どもが食べない、
というときには、

 

 

梅酢を味付けにつかうとか、
場合によってはゆかりでもいいです。

 

 

梅のきゅーっとした塩味と酸味が、
お砂糖で緩んでしまった細胞膜を
引き締めてくれます。

 

 

万能薬である梅干し
活用してみてくださいね!

 

 

Trick or Treat!

 

 

 

本日もお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

食べる筋トレレシピの専門家
ギール里映

\ SNSでシェアしよう! /

経営軍師ギール里映の夢を叶える帝王学大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

経営軍師ギール里映の夢を叶える帝王学大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 気づいたら痩せてました

  • 万難を排しても駆けつけたいモノ

  • 他人事、自分事?〜ほんのちょっと当事者ブックレビュー

  • オンライン化で選ばれる講師になるためには笑顔150%増しで

  • 今年の抱負〜全国をまわる一年に

  • 情報を鵜呑みにするのはキケン?!〜ホリデイシーズンに向けての気をつけの方法