google-site-verification=DsiVCz8ISCszMJSVbIxwZiNY5A3qNp_NMtRwZrH1bS4
  1. TOP
  2. 夢を叶える起業
  3. 「高い」と感じる?値段は誰が決めるのか

「高い」と感じる?値段は誰が決めるのか

愉しむ起業塾
The Training(ザトレ)主宰 

 

ギール里映です。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

あなたの商品は高いのか、安いのか

ーーーーーーーーーーーーーー

「高いと思うんですよね…」

 

そんなふうにおっしゃる方、
結構いらっしゃる。

 

自分が販売している商品が
どうも、高いと感じているらしいのです。

 

特に協会や組織に属していて
そこの商品を販売している方や、

 

またプロデューサーについてもらって商品をつくり、プロデューサーが値段設定をしてくれた場合、

 

往々にして、その値段を
自分が「高い!」と感じてしまって
売れない、というケースがあります。

 

金額にして、

30000円の講座かもしれない、

10万円の商品かもしれない、

はたまた、30万円の商品かもしれない、

 

 

いや、時には

フロントエンド商品の3000〜5000円ですら、「高い」と感じてしまって
売ることができない、という人たちがたくさんいます。

 

 

中には、

「地方と都心だと経済格差があって、
都心では売れるものも、地方では高すぎるんです」

みたいに、おっしゃる方もいます。

 

 

これ、もっとも、にも聞こえますが
本当はどうなんでしょう?

 

 

例えば、携帯電話の料金をみてみましょう。
これ、日本全国、エリアにかかわらず、
同じ金額ですよね?

 

パケット、できないと困りますから、
みな必要なだけ、払って使っています。

 

また、こういう生活に必需品のような料金でなくても、全国チェーン店のメニューは、同じ金額で展開してますよね。

 

なのにどうして、自分たちが販売するものだけ、「高い」んでしょ?

 

 

これはつまり、

自分が自分の商品を「高い」と思っている、ということで、

 

こう思っている限り、

アナタの商品は

 

 

売れまへんがな

 

 

まちがいなく。

 

 

だって、自分で自分の商品を
「高い」=「値段に見合っていない」

と思っているのですから、

 

 

そんな商品、そんなあなたから、
買いたいと思うはずがない。

 

 

コレ、全く同じ商品でも、

「精一杯お伝えします!」

「絶対にお役にたてる内容なんです!」

「後悔はさせません!」

と、熱意を感じさせてくれるものだったら、
お客さんはお金を支払ってくれるでしょう。

 

 

自分の商品の価値を、

自分で下げるな!!!

 

 

「高い!」と思うなら、

そうは思わせない自分に、なるしかない。

 

 

え?なれる気がしない?

なれると思わない?

それ、ほんと?

 

 

だって、他にやってる人、いっぱいいるよ。

 

 

他の人にできるんだったら、

あなたにできない理由が
一つもない。

 

 

「そんなことは、頭ではわかってるんです。だけど、お客さんから『高い』って言われてしまって・・・」

 

 

そうですよね、そうですよね

人から言われたら、そうなりますよね、
ごもっとも。

 

だけどね、

 

 

いいんです、あなたの商品の価値がわからない人から、高い!と言われても。

 

どうせその人は、あなたのお客さんじゃなかったんです。

 

世の中には、あなたの商品の価値をわかってくれて、「それ、ぜひ欲しいです!」という方が、かならずいらっしゃいます。

 

(いいもの、最高のものを提供し続けている、という前提ですが)

 

 

その価値が伝わるお客様に
出会ってください(^_-)-☆

 

 

いつまでも価値がわかってくれない人とだけつるんでいても

 

 

一生、売れませんよ ♡

 

 

 

 

今日もお読みいただき
ありがとうございます。

ザトレ主宰
ギール里映

 

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 自分にとって耳の痛いことを言う人

  • 不安です、と思う人は今を一生懸命生きていいない

  • 総理辞任について思うこと

  • 【予告】1年ぶりに開催します

  • あり方が大事といわれても、よーわからん、という方へ