1. TOP
  2. 夢を叶える起業
  3. ライティングの難しさ

ライティングの難しさ

 

ギール里映です。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

なぜライティングは難しいのか

ーーーーーーーーーーーーーー

伝わる文章のコツ、3つ。


読み手は誰なのか


何を伝えたいのか


100%読み手のメリットがあるかどうか

 

という内容を、この3日間でお伝えしてみようと思い、メルマガを書いてきました。

 

で、ですね。

特に昨日のメルマガなんですが、読み返してみたんですけども、

 

「わかりづらい!!!!」爆笑

 

 

です。

 

 

一生懸命丁寧に、わかりやすくお伝えしようとしていたつもりですが、いざメルマガとなって配信しているものを読んでみたら、そりゃ、とっても、わかりづらいっす。

 

 

コレが、実は、ライティングの難しさ、

なのですね。

 

 

どういうことかというと、

 

 

丁寧に伝えようとすればするほど、
言葉の量が増えたり、話題が本人のなかではつながっていても、実際に書き出してみたらそのつながりがわかりづらかったり、

 

とにかく、混乱、混線していくわけです。

 

 

わかりやすくしようとすればするほど

わかりずらくなってしまう

というこのジレンマ。

 

 

こんな、経験ないですか。

 

 

家族に、なにかお願い事があって、
自宅にメモを書いて出かけるとします。

 

自分のなかでは、
「これとこれとこれーーー」と
思ってることをスラスラ書いてしまうんですが、

 

いざ夜になって家族がそれを見ても、
なんて書いてあるのかよくわからない。

 

だから、メモでお願いしていることを
きちんとやっておくことができず、

 

 

自分が帰宅したら、何もできてなくて怒り爆発!みたいなこと。

 

 

会って話せば、すぐ伝わることも、
書いて伝えようと思うと、ものすごく大変である、ということと、

 

人の中にある「これぐらいわかるでしょ」は、ライティングでは一切通用しない、ということです。

 

 

このことは、ココロの片隅に置いておいていただきたい。

 

 

ライティングで伝わるのは、
言葉よりも、
実はその人が持っている、エネルギーだったりします。

 

文章のおくから伝わる、書き手のエネルギー。

 

それが優しいのか、強いのか、ほんわかしてるのか、ギラギラしてるのか、ヒリヒリしてるのか、

 

そんなものを、感じ取ることができることが大事。

 

 

だからですね、言葉や語彙の技巧に走るんじゃなくて、自分の感情や、葛藤や、感動を、しっかりと感じられる人になっておいてください!!!

 

 

感動を感じない人は

感動を伝えることができません。

 

 

そうだな、今度、
なにか感動を感じられるような、
企画をやろうかな♫

 

 

楽しみにしていてくださいね!

 

 

今日もお読みいただき
ありがとうございます。

 

ギール里映

 

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 家の中に閉じこもっていてはチャンスはつかめない

  • スピードライティング〜書くための環境「パソコン編」

  • そこに情熱はあるのか

  • 毎日SNSするのがツライ・・・はカンタンに解決する

  • 持って生まれた性質、10タイプ

  • 悔しい、と思えるほどの努力