1. TOP
  2. 子どものタイプ別
  3. 無関心、感動が薄い
  4. こどもの好奇心はこうやって創り出す!

こどもの好奇心はこうやって創り出す!

こんにちは、ギール里映です。

 

 

子どもが生まれ変わる食事vol.468

 

 

 

 

連休はみなさん
どのようにお過ごしですか?

 

 

我が家では息子と
ボウリングに行って来ました。

 

 

5歳の息子にとって
本格的なボウリングは初めて。

 

 

ボールが重いので
(一番軽いボールでも
5ポンド=2.5キロ弱)
楽しめないかな?と心配でしたが、

15894405_10154940887855742_5615505481037772689_n.jpg

 

ガーターフリーのレーンがあるので
単純に私も、楽しむことができました。

 

 

今年の私の目標は、
息子の「はじめて体験」をたくさん作ること。

 

 

とにかく、何に対しても
用心深い息子なので、

 

 

ありとあらゆる方法で
息子と、
そして私の感動スイッチ
押してくれる体験を
していきたいと思っています。

 

 

感動に関わるチカラ、
つまりこどもの好奇心も、
食べ物によって作ることができる
知っていますか?

 

 

何かを見たり聞いたり体験して、
「あ、面白い!」と素直に
感じ、感動するためには、

 

アツいココロが必要です。

 

 

何をみてもつまんない!
面白くない!と感じてしまうのは、
簡単に言ったら
”テンションが低い”となるわけですが、

 

 

このテンションの高低を決めるのは、
血の熱さです。

 

 

”熱血”ともいうように、
血がアツくないと、
ワクワクするココロは生まれにくい。

 

 

そしてこの血を作っているのは、
ほかでもない
毎日の食事です。

 

 

血、だから鉄分
と思われがちですが、
鉄分だけが血を作る
成分なわけではありません。

 

 

私たちが食べている食べ物すべてが、
腸で吸収され、
それが血液になっていきます。

 

 

あなたがお子さんに食べさせている
食事は、
お子さんの血を
熱くしてあげているものでしょうか?

 

 

一度、考えてみてください。

 

 

もしいまお子さんが、
何をやってもつまんない、
と感じていたり、

 

 

とにかく周りに好奇心をいだかない、
と悩んでいるのであれば、

 

 

毎日食べているご飯を
しっかりと生命力のある、
力強い全粒穀物

変えてみてください。

 

 

まずは2週間、
白米を玄米
に変えてみる。

 

 

それだけで、血液が変わるのを
体感していただけると思います。

 

 

こどものアツいココロも、
食べ物で支えていきましょう^^

 

 

 

今日もお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

 

食べる筋トレレシピの専門家
ギール里映

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 「最強の食事14日間プログラム」の正しい使い方 Part 2 〜ゴールを設定する

  • 横綱白鵬を優勝に導いた専門家がもっともおすすめする、こどもの能力を開花させる方法とは?

  • ラジオ出演します!〜全国で聴けますよ^^

  • 子供の車酔いにはこれ!薬を飲まなくても大丈夫

  • 「最強の食事14日間プログラム」の正しい使い方 Part 3 〜戦う前に勝つ!ダンドリ戦略

  • 子どもに食べさせる前に、まず絶対知っておかなければならない砂糖のこと