google-site-verification=DsiVCz8ISCszMJSVbIxwZiNY5A3qNp_NMtRwZrH1bS4
  1. TOP
  2. 学力アップ
  3. 内村航平選手も到達した、PHPとは?

内村航平選手も到達した、PHPとは?

こんにちは、ギール里映です。

 

オリンピックも中盤がすぎ、
いよいよ白熱してまいりました!
先日逆転優勝を果たした
男子体操の内村選手には、

本当に敬意を表しますし、

 

 

あの身体能力の高さに加えて、
そこまで粘り強く粘り、

「やりきった」と言い切れる
プロイズムには、

 

日本中、いや、世界中が
感動で震えました。
彼のように逆転優勝を果たすのって、
体操業界からしてみると
まさに

「奇跡」

なんだそうです。

 

そしてその奇跡はおこり、
記録を塗り替えていきました。

 

内村選手のように、
人間の出し得る最高の能力
出し切ることができる人たちは、

 

ほんの数パーセントしかいない、
といわれています。

 

その最高の能力は
ピーク・ヒューマン・パフォーマンス
と呼ばれます。

 

残念ながら今回のオリンピックでは
まさかの初戦敗退でしたが、

 

テニス界絶対王者
ノバク・ジョコビッチも、
ピーク・ヒューマン・パフォーマンスを
勝ち得た一人。

 

 

プロテニス登録している
プレーヤーの数は約2000名

 

そのうちの10%、つまり
200人ぐらいが、
ビッグタイトルをかけて争う
大きな舞台に出ることができ、

 

さらにこの中から
40~50人程度が、
トップ争いをしていると言われる
テニス業界。

 

ジョコビッチはこの200人の中には
入っていたけれど、
どうしても、どうしても勝つことができなかった。

 

しかし彼は、
たった一つのことを変えるだけで、
たった2週間で
世界の頂点に君臨したのです。

 

そのたった一つのこと、
それは食事を変えること。

 

グルテンと乳製品に
不耐症があったジョコビッチは、

 

それらのものを完全にやめることで、
このピーク・ヒューマン・パフォーマンスを
達成することができたのです。

 

私は、これから大きくなっていく
子どもたちにこそ、
この素晴らしいパフォーマンスを繰り出せる
ココロとカラダを創ってあげたい。

 

 

もし自分の息子が、
将来オリンピックのような晴れ舞台にたち、
「出し切れるだけ、やりきった」と
清々しく言い切り

 

人に感動を手渡し
人間のさらなる可能性
みせてくれたら、

 

それほど、親冥利につきることは
ないと思います。

 

そんな子どもに育てるには
何が必要なのか???

 

まずは絶対に、
毎日のご飯なのです。

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 日本がオリンピックでなかなかメダルを獲得できない理由は、メンタルにあった?!

  • 1歳児が塩化ナトリウム中毒で死亡!〜塩の何が悪いのか

  • 食にはなんの興味もなかったのに、やってみたらすごかった食べトレ効果

  • 考えるチカラ、どうやって育てるの??

  • ムキムキ計画スタートしました〜やっぱりカラダは100%食事から

  • 日本の中枢で食育を語る〜農林水産省にて