1. TOP
  2. 子どものタイプ別
  3. ぐずりやすい
  4. ぐずりがち、5歳児
  5. まさか食べ物でココロが変わるなんて!ギールさんの子ども時代大公開

まさか食べ物でココロが変わるなんて!ギールさんの子ども時代大公開

こんにちは、ギール里映です。

 

子どもが生まれ変わる食事 vol.372

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
個別相談会1周年記念
\食べるだけで
子どものココロが強くなる!/

食べる筋トレ個別相談会
90分であなたのお子さんに、
折れないココロを創り出す!

今すぐ申し込む↓↓↓
%%%_LINK_5218_%%%

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

食べ物でココロが変わる
というと、
「うそでしょー」
とおっしゃる方が、
少なからずいらっしゃいます。

 

 

私もそれを知り、
自分が体験するまで、
まさか食べるものでココロが変わる
なんていうことは、
考えたこともなかったですし、
思いつきもしなかった。

 

 

しかし今なら、
それは絶対にそうだよね
言い切ることができます。

 

 

私は子どものころ、
すごーく冷めた子どもで、
運動会も体育祭もイベントは大嫌い。
子どものくせに子どもがうるさいのが嫌い
というような子どもでした。

 

 

なぜそんなに、ひねくれていたのか?

 

 

ちなみに我が家の家庭環境は、
どちらかというと
恵まれていたと思います。

 

 

実家は自営業だったので
安定はなかったかもしれませんが、
父も母も一生懸命働き、
しかも料理屋なので
食うに困ることはなかったわけです。

 

 

両親が仲が悪かったわけでもなく、
いわゆる”毒母”などでもなく
凶悪犯罪者でもありません。

 

 

どちらかというと親からは、
愛情をいっぱい注いでもらっていた
と感じています。

 

学校の成績は良かったほうなので、
勉強でとっても苦労をした
という記憶もなく

 

 

側から見たら、
私がネガティブになる理由
何一つなかったと思います。

 

 

(若干、ちょっとぽっちゃり体型だった
自分に、コンプレックスがなかった
といえば嘘かもしれませんが)

 

 

しかし私は、
いつもどこかに怒りをかかえ
気分のムラが激しく

 

 

ささいなことでイラっとし、
つまらないことで落ち込んで
3時間ぐらい1点を見つめて
ぼーっとしていたこともあります。

 

 

そんな子ども時代だった私が、
父ががんになったことがきっかけで、
食べ物の力を知りました。

 

 

その時は単純に
食事療法といわれるものや、
病気治しの食事としてしか
考えていなかったのですが、

 

 

いざ自分の食事が変わると、
思いもかけず、ココロに大きな変化が
現れました。

 

 

それまで怒りにあふれていたココロは落ち着き、
些細なことでは怒らなくなりました。

 

 

それまで常にネガティブ思考だったのが、
なぜか物事を前向きに考えることが
できるようになりました。

 

 

ちょうど食事を変え始めたのは
32歳のころ。
実は、バツイチなんですが、
前夫と別れて2年後ぐらいのときです。

 

 

そのころ私は前夫と別れ、
叔母が40代でがんになり、
診断の1週間後には急逝、

 

そのあと叔父はすぐにリストラにあい、
相次いで父のがんが発覚するという、

 

 

おそらく私の人生のなかで
最悪のスパイラルの中にいて、

 

 

30代前半で、人生まだまだこれから!
という時期に、
気分的にも環境的にも
どん底を味わっていました。

 

 

そんななか、父のがんがきっかけで知った
食事を変える、ということを
実践してみたわけです。

 

 

食事を変える、ということは、
単純に食べるものが変わる、
ということなのではありません。

 

 

食事の選び方を変える、
そして食べ方を変える、
ということは、

 

 

自分の意識や考え方を
根本から変える、
ということにつながります。

 

 

どういうことかというと、
「自分を良くするために、
こういうものを選ぼう!」

という視点で食べ物を選ぶので、

 

結果それで自分の状態がよくなり、

 

そこからまた自分のココロの持ち方も
改善していく、という
いいスパイラルが生まれます。

 

 

いいスパイラルが生まれると、
不思議なもので、
どんなつらい状況でも
乗り越えるのが容易になっていきます。

 

 

私の場合、
料理屋の家に生まれているので、
食事の内容については
「そんなに悪いもんじゃない、
むしろ平均的食事よりは
いいものを食べている!」

という自負があったものの、

 

 

結果としてそれが
食べすぎにつながったり、
またかなりの砂糖中毒
陥ってしまったために、
そこからくる過食
かなりの時間・お金・労力を
無駄にしてしまいました。

 

 

私や、私の家族が「これが普通だよね」
と思って食べさせて来て、
また自分が「普通」と思って
食べて来たものが、

 

 

結果として私のココロとカラダを
むしばむことになってしまいました。

 

 

ものや情報が溢れ、交錯する
今の時代のなかで、

 

 

自分を、もしくは自分の家族を
良くするための
食べ物、食べ方を選ぶことが、
難しい時代です。

 

 

だから私は、
自分が知って実践し、
効果があった方法や、

 

 

自分が学び、検証した方法を、
みなさんにお伝えしたいと思っています。

 

 

世の中に、食事をしない人は
一人もいません。

 

 

しかも、食事は毎日死ぬまで食べ続けるもの。

 

 

そこにほんのすこしでも、
「良くなりたい」という思いがあり、
それが正しく反映されているなら、

 

 

その毎日の積み重ね
その人の人生に及ぼす影響の大きさ
計り知れません。

 

 

私たち日本人は、
食べ物を選ぶことができる、
という世界の中でも
贅沢なポジションにいます。

 

 

だからこそ、
何をどう選ぶかは、
どんな自分になりたいか、

どんな家族を作りたいか、
につながっていきます。

 

 

あなたの毎日の食事は、
なりたい自分や望む未来への
スパイラルを、
起こすものになっていますか?

 

 

続々とお申し込みをいただいています!
日程調整をし、順次予約確定のメールを
お送りしていきますね。

 

 

満席になり次第、
締め切らせていただきますので、
気になった方はお早めに!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
個別相談会1周年記念

\食べるだけで
子どものココロが強くなる!/

食べる筋トレ個別相談会
90分であなたのお子さんに、
折れないココロを創り出す!

今すぐ申し込む↓↓↓
%%%_LINK_5218_%%%
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

本日も、お読みいただき
ありがとうございます。

 

 

食べる筋トレレシピの専門家
ギール里映

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 「脳」という臓器をあなどってはいけない!!

  • 大阪から台風の東京に向かう

  • 野菜は食べなくていい?

  • まずは好奇心がなかったら、なにも始まらない!〜好奇心の作り方

  • イギリス人は頑張らないし、階級差別だし、高額だ…?

  • 大切なものはなんですか?