1. TOP
  2. 夢を叶える起業
  3. 応援したくもないし、大嫌いな人よりも

応援したくもないし、大嫌いな人よりも

 

ギール里映です。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

プロレスに見た!

応援したくなる人って?

ーーーーーーーーーーーーーー

昨日、プロレス見てきました。

スクリーンショット 2019-09-04 15.22.57.png

 

人生2回めのプロレス
1回目よりはわけがわかって、楽しめました。

 

みなさんは、お好きですか?
好きな方は大好きですよね。

 

昨日は合計7試合が行われました。
その試合を見ていて、気づいたことがありました。

 

 

プロレスって、見たことある人はわかると思うのですが、
あれって単純な格闘技というよりは
ショービジネスというか
エンターテイメントというか、

 

お客様を楽しませようという雰囲気と仕掛けがあります。

 

 

7試合を1試合ずつ見ているうちに
気づいちゃったんですよ。

 

「なぜ人は、応援したい、と思うのか」

です。

 

 

まったく前情報のないレスラーたち、
だけど見ているうちに、応援したいレスラーと、応援したくないレスラー、

なんなら蹴落としたいレスラー、なんてのが、いるわけです。

 

 

これ、

不思議だと思いませんか。

 

 

なんだか、応援したくなる

 

これ、大事な感情です。

 

 

私たちも起業家だったら
「なんか、応援したくなる」という存在でいたくないですか。

「あいつ嫌だから、蹴落としてやろう」とか思われるよりは。

 

 

なので、今日は

ギール式!
プロレスに学ぶ応援される起業家の条件

をお届けします。

 

 

1 まず、容姿。

しょっぱなから正直にいいます。

容姿、イケメンかどうか、もしくは美女(かわいい)かどうか、って、応援したくなるかどうかが決まります。

 

やっぱり、極悪同盟みたいな強面の顔よりも、ブラピ風イケメンのほうを、応援したくなりませんか。

 

となると、「やばい、私、見た目に自信ない」という方からクレームきそうですが、

顔の造形はこの際そこまで重要ではなくて、
重要なのは実は表情、です。

 

応援したくなる表情をしているかどうか。

 

 

いつもムスっと、口角を下げて
怖い顔をしている人と、

 

いつもにこにこ、目に光がともっている人と、どちらを応援したいですか?

 

 

私は、にこにこしてる人ですね^^

 

 

プロレスでは、
悪役っぽい人は、妙にでかかったり、強面だったり、表情がおそろしかったりしますが、

 

ヒーローっぽい人は、やっぱりイケメンか、表情に覇気や元気がある人が多かったです。

 

 

 

そして、2つめ。

フェアにプレーしているかどうか

 

 

いくら戦いだとしても、
セコイ手、ずるい手、やばい手を使う人は、いい感じがしないです。

 

プロレスでも、
ショーだとはわかっていても、
わざとリング外に相手を引っ張り出して、スチールの柵に叩きつけたり、

 

技をかけるのも、
なんかずるさがあったり、

そういうセコイ&ずるい&残酷な行為をする人は、応援されません^^;

 

 

ま、当たり前ですがな。

 

 

 

そして、3つめ!

 

お客様に対して
どれだけコミットしてサービスしているか

 

人気のあるレスラーは
ステージ上でのショーアップが素敵です。

 

うおー、と吠えてみたり、
ポーズ決めてみたり、

お客様をわかせてみたり、

 

 

とにかく、独りよがりじゃない。
目線がしっかりとお客様目線なんです。

 

 

そういう配慮がツボを心得ている人は、お客さんのココロ、鷲掴みです。

 

うちの8歳の息子も、最後の試合では
「けんと、けんと!!」と叫びながら
宮原健斗さんを応援するぐらいでした。

 

 

だけどこれ、わざとらしいとお客様は興ざめなんで、ちょうどいい塩梅が必要なんですよね。

 

 

 

 

最後、4つめ。

敵に対しての配慮ができているかどうか。

 

これ、2つめのフェアでいることにもつながるのですが、

 

素敵だな、と思うレスラーは
対戦相手に対しての礼儀をわすれません。

 

ちゃんと、相手を立てて試合します。

 

 

自分だけがぶいぶい言わせて
どーだ、おれ、すごいだろ!?

 

ではなく、対戦相手にもきちんと配慮をしめし、敬意をしめし、その上で一緒に空気空間を作る、みたいな姿勢があるんですよね。

 

 

きっとプロレスラーたちの修行って、
レスリングの修行だけでなく
こういう、レスリングのマナーとか、
あり方とか、

そういうものを徹底的に叩き込まれるんでしょうね。
ものすごく厳しいトレーニングを積んで
プロになられているのですから。

 

 

 

さて、みなさんは、いかがでしたか。

 

「応援される人」ですか?

それとも

「嫌われる人」ですか?

 

 

いや、もしかしたら

「存在すら、気づいてもらえない人」ですか?

 

 

今日もお読みいただき
ありがとうございます。

 

ギール里映

 

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • うまく文章がかけない&話せない、たった1つの理由

  • 圧倒され、こちらがうなりたくなるサービスに触れろ

  • ツカミが肝心?成長したいなら環境が大事

  • お願いしても断られる人と断られない人の違い

  • クレクレ星人は書くのが遅い?

  • 楽しむ起業塾ザトレが目指す起業のゴール