1. TOP
  2. 子どもの集中力をアップさせるには?

子どもの集中力をアップさせるには?

あなたのお子さんは、100%チカラを出し切ってますか?
 

 

 

%LAST_NAME%さん、こんにちは!
ギール里映です。

 

子どもが生まれ変わる食事vol.264

 

 

今日は、息子の授業参観に行ってきました。

 

毎回いろんな学校行事を
忘れてしまって、
あとから息子に悲しい顔をされている
ダメな母親なのですが、

 

今回は事前準備ばっちり
しっかり行って来ましたよ(^_−)−☆

 

「息子の成長ぶりに、
母うるうるしました!!!」

 

なんて、書きたいんですが、
実はそんなことはなく。

 

というのも、
ちゃんと成長してくれるように、
私もちゃんとがんばっているので、
ある意味、当然だな、という
余裕すらありました。

 

子どもは本来、
やる気に満ち溢れていて、
元気いっぱいな生き物。

 

 

それをどれだけ親が
邪魔しないかが、
子どもの成長にとって
最優先だと私は思います。

 

子どもの成長を邪魔するもの。

 

例えば、
大声で怒鳴ったり、
必要のないところで叱ったり
意地悪な言葉がけをしたり。

 

これらが子どもの成長や
発育にとって、
よくないものであるということは、
少しでも熱心なお母さんなら
誰でも考えつくことでしょう。

 

しかし、子どもの成長を
邪魔するものは、
親の言葉や態度だけでは
ありません。

 

このメルマガの読者さんであれば、
私がなにを言いたいのかは
もう推測されているのでは?
と思います。

 

子どもの成長の邪魔をする
最たるもの、

 

それが、毎日食べさせている
食事やおやつです。

 

もちろんお母さんは
子どものために、
栄養バランスのよい食事を!
健康的な食事を!
安全な食べ物を!
と思い、食べさせていることでしょう。

 

 

またそれだけでなく、
楽しく食べること
お友達との交流
一緒に食べる喜び。
それらも大事だと、思ってますよね。

 

 

しかし、あなたが当たり前だと思っている
栄養バランス、

 

あなたが普通だと思っている
健康的な食べ物、

 

あなたが安全だと
思っている食べ物は、

 

往往にして
子どもの成長を助けるものに
なっていないことが多いのが現状です。

 

 

日本の農作物の質の悪さ
世界的にみても有数で、

 

農薬のレベルが高すぎて
海外の基準値を大きく上回り、
その結果輸出しようとしても
受け入れてもらえない、という事実。

 

外国では貧困層の食べ物として有名な
某マクドナルドなどは、

 

日本ではハッピーセットがあるから
子連れのママにとっての救世主。

 

 

コンビニ、ファーストフード、
ファミレスに溢れる
人工的な食べ物の数々は、

 

その残飯を食べさせた豚たち
奇形の子どもが相次いで
生まれた、という事実があるにもかかわらず、

 

 

手軽だし、
安いし、
このぐらいなら
大丈夫だよね」
といって、

 

なんとなく食べ続けている。

 

このいまの日本の食状況、
これを「当たり前」だとしていたら、
私たちは健康になるばかりか、
まともなアタマも、
まともなココロも
一向に育っていきません。

 

「みんなが食べているから、いいよね」

 

「このぐらいなら、大丈夫だよね」

 

「だって、あれもこれも気にしてたら
食べるもの、ないじゃん」

 

私たち人間って、
変わることが嫌い
変化は怖い、と思っているので、

 

なんとしても、
いまの状況を変えないように、
いろんな言い訳を作り出し、
いろんな逃げ道を作り出すのです。

 

そしてまた、
子どもに食べさせている
お母さんご自身が、

 

ろくでもないものを
食べているケースが
とっても多い。

 

そのせいでお母さんたちも、
イライラしやすかったり、
気分の浮き沈みが激しかったり、

 

ココロにゆとりがなく、
悩まなくていいことで
悩んだり、

 

怒らなくていいことで
怒ったり。

 

ものすごく良くない
食べ物スパイラルが
延々と続けられていくのです。

 

このスパイラルは、
誰かが、何処かで
ひっくり返さないと、

 

状況は悪い方へと
向かっていくばかりなんです。

 

だからお母さんたちに
お伝えしたい。

 

本当にカラダが元気になる
食べ方が何かを。

 

子どもが持って生まれてきた
力を存分に伸ばすことが
できるような食べ方とは
何かを。

 

子どもが本当にその能力を伸ばせる
プラットフォームを整えてあげたら、

 

あなたのお子さんは自分から、
誰よりもその持って生まれた能力を
伸ばしていきます。

 

お母さんの今の当たり前が
子どもの可能性を
狭めているかもしれません。

 

食べることは
毎日の積み重ねです。

 

その1回1回は小さいかもしれない。
けれどそれが、
1日3回、
1年365日、
休むことなく続けられていくのです。

 

毎日コツコツ、の積み重ねが、
数年後、数十年後への
決定的な違いを生みます。

 

だからどうか、
お子さんが小さいうちから、
少しずつ、しかし着実に、
子どもの成長を促す食事
積み重ねていっていただきたい、
と思います。

 

ママたちの当たり前を、壊していこう

 

そんな風に考えていた授業参観でした。

 

また次学期の授業参観が
今から楽しみで仕方ありません。

 

さてさて

 

6月食育月間スペシャル
食べる筋トレ個別相談会
本日でお申し込みを締め切ります。

 

 

あまりにも多数のお申し込みのため、
こちらからお断りさせていただく方も
かなりでてしまいました。
申し訳ないです。

 

食べる筋トレ個別相談会は、
「変わりたい!」
「変えたい!」
と強く願い、

きちんと努力できる方を優先的に
ご案内させていただいています。

 

私も、貴重な時間を使って
全力で問題解決に取り組んでいますので、

 

ただお話を聞きにきて、
「いい話が聞けてよかったー」
で終わってしまう方では、
正直、少しつらいです。

 

一生懸命やってくださる方、
本気で変わりたい方、

 

そういうアツいお母さんたちに
ぜひともお会いしたい、
と思っています。

 

いよいよこのメルマガにて
申し込みを締め切ります。

 

 

ピン!ときたら、今です(^_−)−☆

 

 

たった3日でママがイライラしなくなる!
食べる筋トレ個別相談会


歳から歳児のママ限定
あなたのイライラは食べ物が作っている

詳細をチェックする方はこちら!

%%%_LINK_4672_%%%

 

 

 

食べる筋トレレシピの専門家
ギール里映

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べる筋トレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べる筋トレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 5月病より怖い?!9月病とは?

  • そもそも、なぜ5歳なの?

  • 食育や栄養に気をとられて一人で子育てしていませんか?

  • 瞬間湯沸かし器なみにすぐブチ切れていた私が変わった

  • いつもブチきれていたギールさんが些細なことではキレなくなった方法

  • イライラの原因は○○○○にあります