1. TOP
  2. うちの子、よくぐずるんです、は性格ではありません

うちの子、よくぐずるんです、は性格ではありません

こんにちは、ギール里映です。

  

 

こどもが生まれ変わる食事 vol.722

 

こどもがぐずるのは、ある理由があるのです〜ぐずりやすい性格なのではありません
 

  

 

今月は「ココロを強くする方法」
お伝えしています。

 

さて、今日は、
ココロが強いってどういうことかを考え、それが食事でどうやって
サポートできるのかを
紐解いていきます。

 

ココロがツヨイ、ヨワいって、
曖昧な、表現です。

だけどなんとなく、
意味が通じます。

 

ココロが弱い、の究極
自殺してしまうことです。

 

いや、冷静に考えたら、
自分の命を絶つ行為ができることって
ムッチャツヨイなー、と思ったりもします。

 

(私、怖くて
ごきぶりとかも殺せません。
蚊ぐらいならやっつけられますが、
ねずみとか出たら、アウトです)

 

と、冗談はさておき、
やはりのしかかるココロへの重圧に
耐えられなくて、
その苦悩を断ち切るために
自らの命を絶つ、
ということですよね。

 

つまり、ココロが苦しいと
感じているってことです。

 

 

みなさんが、物悲しくなる
季節っていつですか?

 

 

なんとなーく、
悲しみが沸き起こりやすい
季節っていうのがあります。

 

 

それは、実は

 

 

春うららで桜が咲いている時に
ココロはあまり沈みません。
download-1.jpg

 

 

夏の暑いとき、
バケーションだ、海だ、山だ
と言っている時に、
やはりココロはあまりしずみません。
download-2.jpg

 

また真冬も、クリスマスや
新年があり、
日本の場合はお天気もいいので
気分はあまり、沈みません。
images.jpg

 

 

人が、物悲しく感じやすい季節は
「秋」なのです。

 

楽しかった夏休みも終わり、
なんとなく、空気が冷たくなり始めて、
草花も茶色く紅葉しはじめます。

 

もう、今年も終わりかー、
という、年末のプレッシャーが近づき、

 

受験されるお子さんだったら
まさに受験シーズンに突入する時期。

 

 

悲しい恋愛映画では、
秋が舞台になっていることが
多かったりします。
anYI1fzx90PgjO9PY3JStJZJmQT.jpg

メグ・ライアン主演の恋愛映画

download.jpg

ウィノナ・ライダー主演の恋愛映画

 

つまり、秋になると、人は
悲しいという感情を
引き起こしやすくなるのです。

 

 

東洋医学では秋のエレメントのことを
金(ごん)といいます。

 

 

この時期は人間の臓器で、
肺と大腸に負担がかかりやすい時期
と言われており、

 

これらの臓器に負担がかかると、
「悲」という感情を引き起こしやすくなる、
と言われています。

 

 

これは、こどもたちにも当てはまります。

 

 

朝、保育園でなかなかママに
バイバイできなかったり、

 

 

いわゆる登園渋り、のような
「いやだー、いきたくないー」
と泣いてしまったり、

 

 

お菓子を買ってあげなかっただけで、
大騒ぎしてぐずりまくったり。

 

 

これは、みなさんのお子さんが
ぐずりやすい性格、なのではなく、

 

 

今の、この時期だから
または
肺や大腸に負担がかかっているから
ぐずりやすくなっているのかも
しれません。

 

 

なんだか最近ぐずるよねー、
と思ったら、
それは肺・大腸がお疲れのサインです。

 

 

ではそのサインがあったら、
どうしたらいいのでしょう?

 

続きは、明日!

 

 

 

============

こどもの未来は、
食事で変えられる!

 

私はそう信じています。

 

  

 
今日もお読みいただき
ありがとうございます。

  

 

食べる筋トレプロデューサー
ギール里映

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べる筋トレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べる筋トレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • たった一つの、ある工夫とは?〜息子とのお弁当バトル2年間

  • 砂糖はだめだけど、果物ならいいですか?グレープフルーツよりみかんのほうがいい理由とは?

  • ゴールが違えば、食べ方が違う〜食べる筋トレが考える”賢い”の定義

  • 祝・弁当完食!〜2年間、子どもが食べないとわかっているお弁当を作る続けることができたたった一つの理由とは?

  • すぼらな私でも変わった!わかりやすい食育で感動を

  • 折れないココロを創る最強メニュー、お味噌汁