1. TOP
  2. 食事と子どもの関係
  3. さっそく燃え尽き症候群?!

さっそく燃え尽き症候群?!

こんにちは、ギール里映です。

 

子どもが生まれ変わる食事 vol.1298

 

ーーーーーーーーーーーーー

出版にも松竹梅プランがある?!

ーーーーーーーーーーーーー

「企画がかけない・・・」

 

一発目、渾身の企画でだめだったワタクシ。

 

「企画なんて、落とされてナンボ!
どんどん新しい企画を考えたらいいのよ」

 

と、出版合宿でも教えていただきました。

 

 

また、山口朋子さんは
過去に作成された企画書のファイルを見せてくださり、

 

「これが全部だめになった企画なんですよ」

と、それが結構な量ありました。

 

 

さすが、著者さんレベルでもこんなに企画を考えてはボツになっているのだから、
私ごときはもっともっとだよね

 

って、頭ではわかっております。

 

 

だけど、企画書を書き慣れていなわたくし、
一度思いっきり渾身の企画を書いてしまっていたらから、次の企画なんてまったく思いつかないんです。

 

切り口を変えようとしても

テーマを変えようとしても

なんか、しっくりきません。

 

 

そのおかげで、しばらく出版に向けての行動がストップしてしまいます。

 

しかし、気持ちばかりは焦りますし、
なにをしたらいいのかわからないし、

よし、わからないことは情報収集だ!

と思い、それから出版プロデューサーや
出版関係の人が出しているメルマガを読み漁りました。

 

また、出版したい人をサポートしている
セミナーなどにも参加しました。

 

編集者さんや著者さんが集まる、というところには、なるべく行くようにしました。

 

 

こうして、企画を考える方法を学んだり、
どうやって出版に至るのかのストーリーを
たくさんの方から教えていただくことができました。

 

 

出版に至るには、いろんな道筋があります。

 

 

まずは、王道。

企画書を書いて、出版社や編集さんに送り、アポをとる。

これが一番コストもかからないですが、
うまくいく可能性は、かなり低い・・・

というか、ものすごくがんばらないといけない。

とある出版セミナーでは、30社に企画書を送って、ようやく1社とアポが取れた、という方もいらっしゃいました。

 

 

次に、ちょっと人の助けを借りる方法。
出版プロデユーサーさん、なる方がいらっしゃいます。

こういう方にお願いして、
企画書の添削をしてもらったり、
懇意にしている出版社さんへの営業をしてもらったり、

エージェントさん、みたいな感じです。

 

もちろん、お安くはありません。
私が問い合わせた方は、40万円でした。
出版が決まったら印税の何割かを、という契約だったと思います。

 

 

また、こんな方法もあります。

自費出版ではなくて、商業出版なのですが、こちらを確約してくれる、というプロデューサーさんもいらっしゃいます。

自分らが経営している出版社さんだったり、
懇意にしている出版社さんだったりするみたいですが、

 

こちらはかるーく、200万円〜400万円かかります。

お金はかかるけど、自費出版ではなくて商業出版である、というところが魅力です。

 

 

なるほど。

お金さえ積めば、なんでも可能なんだ。

 

 

そんなことを、出版にからめて
知ることができました。

 

 

結局私は、この3つのうちの
どれでもない方法で
出版の夢がかなうことになったのです。

 

 

それは

 

 

ご縁!

 

 

知り合いの方が、
編集者さんに私を推薦してくれたり、

 

お仕事のつながりで
あちらからオファーを頂いたり、

 

また棚ぼたなんですが
たまたまお会いしに行った方が、
出版社さんとの打ち合わせの前にあってくださり、
そのとき同席させていただいたことがきっかけで出版がきまったり、

 

 

いろんな方のお力を借りて
生きていけているんだなぁ、と
感じざるを得ないのでした。

 

 

同じ時期に出版を志していたメンバーの出版が続々ときまり、

おめでとう!と思いながらも、

なぜ私はだめなんだろう?と自問自答の日々。

 

 

よく、私の人生は順風満帆みたいに見られるんですが、決してそうではなく

 

 

パタパタと出版を決めていく仲間たちの背中をみながら、複雑な思いも噛み締めていました。

 

 

しかしながら、日々の行動と人からのご縁がつながって、2017年に始めて出版を考え始めてからまる1年たった2018年に

ようやく出版が決まる!

という結果に結びついたのです。

 

 

すんごく、うれしかったです。

 

 

うれしかったのは、
「出版が決まった!」という事実もそうなのですが、

 

 

実はその奥底にあるとある理由
うれしさを100倍増しにしていたのです。

 

 

続く。

 

 

 

本日もお読みくださり
ありがとうございます。

 

ギール里映

 

 

===========
募集中の講座詳細
===========

*食べトレカード、販売スタートしてます!

スクリーンショット 2019-05-23 22.16.17.png

https://tbetore.shop-pro.jp/?pid=142787115

もうすぐ、インストラクターたちが
食べトレカード体験会を開催してくれます。

楽しく遊ぶ方法も、お伝えしていきますね。

 

 

 

*みんなで料理大作戦!

パパ&ママ&お子様みんなで調理するイベントです!

パパ料理_TOP.png

満員御礼!

こちらは満席のため、募集をストップしています。

 

 

 

*インストラクター養成講座

増枠しました!2枠のみ

%%%_LINK_15656_%%%

 

 

 

*食べトレ望診法講座「見えトレ」

次回、東京開催を予定しています。

こちらも詳細を今しばらくお待ちください。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

5歳児のぐずりなら食べトレ大辞典の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この投稿と一緒によく読まれる記事

  • 名古屋、盛り上がってます

  • 7月14日は世界が変わった日

  • 【予告】今年最後の食べる筋トレ個別相談会は明日21時より募集開始

  • 子供の集中力ややる気を作る最強兵器

  • 食べる筋トレセミナーはセミナーではありません

  • 半年ぶりの食べる筋トレセミナー開催秘話